無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV) 無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)
rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ
『怒涛の2本抜き』
2005/6/11

親知らずを抜いた!
2本も!

1年ほど前に、親知らずのことを書いたが(2004/6/19のコラム参照)、右の下の奴がこの1年の間にじわり、じわりと成長を続け、とうとう他の歯を傾けるまでに至ったので、歯医者に行って様子を見てもらうことにした。

医者:「とりあえずレントゲン撮って見ましょうか」
おとなしくレントゲンを撮る俺。

医者:「あ〜、これは抜くしかないですね〜」
予想はしていたが、少々動揺する俺

医者:「ちなみに上の歯も変な方向に生えてますから、一緒に抜いてしまいましょうか(朗らかに)」
げっ!!ヤブヘビ!!
動揺を隠せない俺

俺:「そ、そんなにすんなり抜けるものなんですかね・・・?」
医者:「一本も二本も、そんなに変わらないですよ」
なんという暴論!

殺人犯が警察に追い詰められて、
「1人殺すのも、2人殺すのも一緒じゃい!!」と開き直るのと同じ理論(?)

かくして2本いっぺんに抜かれてしまいました。
俺の感想は「麻酔ってすごいな!」です。

医者がこん身の力を込めて歯を抜いているのはなんとなく伝わってくるんだけど、感覚がないから
・がんばる医者
・意外と冷静にそれを見ている俺
みたいな不思議な構図が出来上がっていた。

一番痛かったのは、口をぐいぐいひっぱられたところかな。
麻酔が切れた後の地獄感はご想像にお任せします。

この1週間ぐらいは、左側の歯だけでものを噛んでいるので、食べるときに顔が微妙に傾いている。
ブリっ子(古い)みたいでちょっといやだ・・・。

『あなたが悪いんじゃないのですよ・・・』
2005/6/11

金曜日、仕事の帰り道である渋谷駅構内での出来事。

俺はいつも通り、生気が7割位抜けた表情でウツラウツラと構内を歩いておりました。たいていはまっすぐ歩かずに右に左にヨレヨレと歩いているのですが(こうやって歩くと人ごみにぶつからない(笑))、ふとした瞬間に足のつま先に激痛が!!

「ひゃあ、痛い!!」

瞳孔を開けるだけ開いて、思わず声に出して激痛を表現する。

どうやら、すぐ目の前にいた女性の方がガラガラと持っていたキャリーバッグに足を思いっきり引かれたらしい。女性の方はそんな俺に気付かず、スタスタと抜群のプロポーションをなびかせて足早に先を急ぐ。

さて、ここまでは良くある話(あるか?)。
ここからが問題である。

当然、俺は生気が7割位抜けた状態なので、たいした怒りも湧き起こらず、「あぁ、気付かなかったんだろうな〜」位で、後はいつもの日常に戻るはずだったのです。

・・・しかし!!

ここだけで話は終わらない。
何故かその時にすぐ俺の右横に居た男性が、俺に寄ってきて

「大丈夫ですか?!すいません!!あぁ、すいません!!不注意ですいません〜!!」

・・・何故・・・あんたが謝るのだ?
ってか、あんた誰だ?

その男性のあまりの見事な謝りっぷりに、俺は「あなたの勘違いですよ。あなたじゃないですよ。」とも言えず

「あ・・・、う〜・・・あ〜・・・。」

キャリーバッグの女性はすでに見えなくなっているのに、ここで繰り広げられている二人のこのやり取りは何?

とりあえず、よく分からんが
「ありがとうございます。」って言ってその場を早々に離れました。

何だよ?!「ありがとうございます」ってよ(笑)!!
・・・帰宅途中のウォームハートな(どこが?)小劇場でした・・・。

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)