無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV) 無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)
rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ
『ジムに格下げ』
2005/4/23

あったかくなって来ましたね。
寒いぐらいなら暑いほうがいい!!と常々思っている俺にはうれしい限りだ。
「寒い」ってなんかマイナスのイメージなんだよね。
こんなこと言ったら、寒い地方に暮らしている人に怒られるな・・・。

さて本題に入るが、最近我が家のビデオデッキのチューナーがイカれてしまい、テレビの電波を受信できなくなった。
ただの再生専用機に格下げである。
録画のできる機種と再生専用機では、ガンダムとジムほどの差があると思うのです!
どうでもいいけど。

そのビデオデッキはかれこれ8年ぐらい使っているから、まあ長く持ったほうじゃないかと思う。
で、買い換えようかと思ったけど、再生はできるから今までためてきたビデオは見れるわけです。
何か番組を録画するのだって、普段そんなに頻繁にはしないしなあ・・・。
ただ、スポーツの試合(PRIDEとかサッカーとか)などを生でで見れないときは、

「ビデオに録って、結果の情報(知人の会話、テレビ、ネットのニュースetc.)を完全にシャットアウトしたまま家に帰り、生放送を見てるような感覚で見る」

というのが、数少ない俺の趣味のひとつだから、やはり買わなければいけないだろう。
というわけでビデオデッキがいくらぐらいするのか調べてみたんだけど、最近は「ハードディスクレコーダー」が主流だということに気づいた。

そこで、ハードディスクレコーダーをすでに使用している人の感想を聞いてみると

「簡単に録画できるから、たいして見たくないような番組もどんどん録っちゃって、結果100時間分ぐらい録りだめしてしまう」

というようなことを聞いた。
そんなにたまっちゃったら逆にもう見る気しないよね。
見るだけで100時間ぐらいかかるし(当然)

ビデオテープって、ラベルにタイトルを書いてずらっと並べると、「ライブラリー」って感じがして結構気持ちいいもんね。
ハードディスクレコーダーだとデータとしてハードディスクの中に蓄積されるわけだから「ずらっと並ぶ」という感覚はあまり感じられないだろうな。
それもちょっと寂しい気がする。

ああ、やっぱり俺はアナログ人間なのだろうか・・・。

『涙腺に優しさを』
2005/4/23

「四日間の奇蹟」という本を読んだ。

普段、サスペンスやホラー系の小説ばかりに傾倒している俺にしては、珍しいとも言える「ハートフルファンタジー」小説である。

「ファンタジー」といっても、やれ妖精だ、やれ魔法の杖だ、というのとはまた別である。至って現実的なテーマの下、淡々と、しかし丁寧に登場人物の心情が綴られた、ある意味(?)ファンタジーな小説である。

ここら辺、文章に書いただけではさっぱり・・・だな・・・。詳しくは、映画化もされるようなので、それを観て頂ければ納得して頂けるかと・・・。本当は本で読むのが一番なんだけどね。

不覚にも、私、号泣である。

深夜になるにつれて涙腺の緩む俺。
そして、終盤に差し掛かるラスト50ページ程で、すでに深夜3時。

もう、泣くしかないでしょう。

借り物の本に俺の涙が散ったかもしれん。持ち主よ喜べ、俺の涙つき返却本だ(キモイ・・・)。

・・・何が泣けるかってね、登場人物たちの体験する、色々な「愛」の形に対する心情の動きや心の声が、大げさでない分、すごく心に響く。

「世界の中心で愛を〜」とかは駄目なんすよ。
大げさなラブストーリーで泣かせようという意図が見えるし、現実味がなくて。

「四日間の奇蹟」は俺が「ファンタジー」とか言っている割に、驚くほど話に盛り上がりはありません!!終始、淡々と物語は進み、直面する現実に淡々と流されていく人たちの物語です。その中での葛藤や思いやりが、俺のハートにズッキュ〜ンときたわけです。

是非、おすすめ。
常日頃から、お金の勘定といかに上手に世渡りをするか、と狡猾に考えているそこのアナタ(俺もだ)!!

これ呼んで、優しい人間になりましょう!!
俺はすんごい優しくなった。もう、アリも踏めません!!

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)