無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV) 無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)
rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ
『ネットdeウルトラマン』
2004/10/30

TATSUYAで〜す。

最近インターネットで「ウルトラマン」を見た。
子供の頃俺は結構なウルトラマンシリーズファンで、今でも結構オープニングテーマとかを歌えたりする。

今回見ることができたのは「ウルトラマン」と「ウルトラセブン」と「ウルトラQ」が5話づつ。。
ひととおりざっと見てみたのだが、見た記憶のあるような話もあればまったくはじめてみるようなものもあった。
ウルトラセブンの第一話なんてはじめてみたが、かなり破壊力がある感じ。

まずフルハシ隊員というのがいるんだけど、これがウルトラマンの食いしん坊キャラ”アラシ隊員”と同一人物。
「あれ?名前変わったの?」って思ってしまった。
そして今回も食いしん坊キャラ。

第一話の怪獣は「クール星人」。
冷酷だから「クール星人」(ヒネリ無し)

そしてウルトラ警備隊の前に現れて「ここから先に言ってはいけない」という青年。
「お前は何者だ?」
「見てのとおりの風来坊です!」(そんなに自信満々に「風来坊です!」って言い切られても・・・。)
「名前は何だ?」
「モロボシダンとでもしておきましょうか!!」(って、仮決めかよ!!)
とまあ一人で突っ込みながら見ていたのだが、やはりあの時代にこれだけのクオリティのものを作っていたのかと感心させられる部分がかなりあった。

怪獣とウルトラマン達の戦闘シーンなんかは、記憶の中だと毎回 「なにやらもみ合って、最後に光線でドーン!」
のワンパターンだったような気がしていたが、実は毎回いろんなアイデアが盛り込まれていたようで、コミカルなやり取りもあったし、光線を使わずに怪獣を倒すこともあったのだ!(発見)

これでちょっと”ウルトラマン熱”があがってきたので、しばらくいろいろ見てみようと思った。
個人的にはウルトラマンA(エース)が見たいのだが・・・。

あ、ウルトラQの”ケムール人”は今見ても結構気持ち悪かったです。

『モノ.語り〜夢、既視感の井戸』
2004/10/30

十日目

ぐるぅり、ぐるぅり・・・回る天蓋の下に寝る私は夢を見る。

「頭部」はフロフロと顔を揺らしながら笑っている。
クスリ、クスリと控えめに、しかし嬉しさを隠し切れない、といった様子で。

「約束通りの身体を持ってきたわよ。さぁ・・・教えてちょうだい。鍵の事とか、この世界の事を。」

頭部はクスリ、クスリと笑っている。

「あの丘の教会には・・・この神父様の他にもう一人・・・小さな子供がいたと思うけど・・・会いはしなかったかい?」

私は思案する。・・・確か・・・何か影を見たような気がする・・・。しかし、あれが小さな子供かどうかは分からなかったし、それ以前に影さえ確かに見た、とは言い切れない。

「いいえ。誰もいなかったわ。さぁ、もう良いでしょう?私は“知る”為に身体を持ってきたのよ・・・。約束どおり、教えてちょうだい。」

頭部はクスリ、クスリと笑っている。
私にはそれが少し不愉快に思えてくる。

「そうだね・・・約束だから教えるよ。鍵の事も、この世界の事も・・・。だけど、それを教えてあげるには、まずこの話からしなくちゃいけないね・・・。」

そう言って「頭部」は林檎の木の上へ、上へと駆け上る。どこかに腕が生えているのかと思う位、「頭部」の動きは素早く、瞬く間に木の天辺にまで登っていき私の視界から消える。
私はふと、「騙されたのでは」と不安がよぎるが、ほどなくして「頭部」は再び、私の視界の範疇にまで林檎の木を駆け下りてきた。

口にはボロボロの人形がくわえられている。
不思議な人形・・・。私は薄暗い森の中で思う。
腕のない少年の人形で、足が四本ある。ボロボロの布
切れを纏った少年の人形は片方の耳がもげ、髪の毛には焦げたように繊維の塊が付着している。

「この人形が全ての始まりさ・・・」
「頭部」は喋り始める。


・・・暗転・・・
ぐるぅり、ぐるぅり・・・回る天蓋の下で私は目を覚ます。今日はここまでのようだ・・・。

                 〜つづく〜

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)