無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV) 無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)
rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ
『社長と呼ばれた男』
2004/10/16

TATSUYAです。

以前ある大学の学園祭の時に、小学生の集団を見かけた。
よくいる5〜6人のグループで、まあお菓子などを買ったりして楽しんでいる様子。
ほほえましいなあと思いしばし観察していると、ちょっと奇妙な言葉が耳に飛び込んできた。

・・・・社長・・・・・

会話の中に「社長」という言葉が出てくるのなら、特になんてこともないが、どうやらそのグループの中に「社長」と呼ばれる男の子がいるらしいのである。
しかもちょっといじめられているような・・・。

「おい社長!次はどこに行くんだよ!さっさと決めろよ!」
とか
「これも食えよ!」
とか。
あんまり陰湿にいじめられてるわけでもないけど、グループの中での立場は弱そうな感じ。

彼はなぜ社長と呼ばれているのか?
仮説:
1.親が社長である。
2.金離れがよく、社長のようによくおごったりしている。
3.実は「しゃちょう」というのは苗字だ(漢字は不明)。

1は小学生ぐらいだと結構ありそうな話だ。

2だったら、きっとそのグループではリーダー的な存在になるはずだから違うだろう。

3は「社長」以外の漢字を当てようとすると、暴走族の名前みたいになってしまうのでナシ。

まあ結局理由はよくわからなかったが、あだ名で「社長」と呼ばれるのはあまり気分のいいものではないだろうなと同情した。

将来「社長」という名の係長になったりして・・・。

『モノ.語り〜夢、既視感の井戸』
2004/10/16

八日目
ぐるぅり、ぐるぅり・・・回る天蓋の下に寝る私は夢を見る。

「影が見えた・・・ね。そうだね。この教会には目には見えない何かがいるね・・・。前任の教会守も同じ事を言っていたよ・・・。」

神父様は優しい笑みを崩さず、答える。

「幽霊・・・なの?」

「幽霊・・・ではないね。この世の摂理だよ。目に見えるものと見えないものがあって・・・見えないものを不可思議な現象・・・そう・・・お嬢さんが今言ったような、“幽霊”とか“超常現象”とか・・・無理な言葉で説明しようとしてはいけないんだね・・・。そこにあるものとして享受して、受け入れる事が本質なのだよ・・・。」

神父様の言っている事は、良く分からないなと感じる。後ろ手に握っている果物ナイフは、私の心を氷のように冷たくさせる。

「もう・・・お帰りなさい。お嬢さんはお家に帰って・・・、お母さんを心配させてはいけないよ。」

神父様は私の頭を撫でようと、しわくちゃな掌を私の頭に差し出そうとする。

瞬間、閃光が走る。

神父様の指が、ゆっくりと宙に舞うのが分かる。その刹那、時は止まり、私は、目に映るもの全てが少し歪曲したような錯覚を覚える。

神父様は何が起こったのか理解出来ない。優しい笑みを湛えたまま、中指と薬指と小指を凝視する。第一関節より上から、朱い液体が吹き上がっている。それはまるで、面白くもない水芸を見ているかのように。

果物ナイフにヌラヌラとまとわりつく、朱い液体は、私の興味をくすぐるのには十分でなようだ。自然と笑みがこぼれる。神父様と同じ、笑みがこぼれる。

私は、止まる事が不可能なほどの、快楽の瞬間に今出会ったのだ、と感じる。

もう、止まらない・・・。神父様の目が大きく開かれていく瞬間を食い入るように・・・見つめていた。


・・・暗転・・・
ぐるぅり、ぐるぅり・・・回る天蓋の下で私は目を覚ます。今日はここまでのようだ・・・。

                 〜つづく〜

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)