無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ
Funeral For A Friend 「Casugally Dressed & Deep In Conversation」
2008/11/15


フューネラル・フォー・ア・フレンドの個人的なイメージは、”メタル臭の強いサウンドに、純朴なボーカル”という感じ。

一度ライブを見たことがあるけど、ボーカルのマット・デイヴィスは、声のイメージをそのまま具現化したような、見事な純朴さで、驚いた。
なんかね”カラテカ”の矢部をちょと思い出す。

そしてギターはやっぱりスクール・オブ・ロックのジャック・ブラック!!

このバンドは、ギターの単音フレーズが印象的。
リフというよりはメロディーを弾いているようだったり、ボーカルを支えているようだったり。

昔メガデスキ○ガイだったころに大好きだった「This Was My Life」って曲が、まさにずっと旋律を弾いてるような感じで、ちょっと思い出す。

とまあ、ちょっと聴いただけでいろんなことを思い出すバンドだな。
今までのロックのオイシイところをしっかりおさえてる”からいろいろ思い出すのでしょう。
古くからのロックファンは、このあたりにやられて、そこに純朴さをもった美メロがのっかって、若い子達のハートをガッチリ!!って感じでしょう。

UKではファーストアルバムを出す前から、ものすごい話題になってたらしい。

スクリームがどこからともなく聞こえてくるなーと思ったら、ドラムがたたきながら、マイクに向かって叫んでいてこれもびっくり。
ドラムたたきながら歌うといえば、フィル・コリンズか稲垣潤一ですが、こんなに叫ぶ人はちょっと珍しいよねー。

コメント ( 0 )

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

トラックバック( 0 )

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/528

更新履歴
11/02/26
11/02/19
11/02/12
11/02/05
11/01/29
11/01/22
11/01/15
11/01/08
11/01/01
10/12/25

更新履歴
11/02/26
11/02/19
11/02/12
11/02/05
11/01/29
11/01/22
11/01/15
11/01/08
11/01/01
10/12/25

更新履歴
rsst.tv TOPrsst.tvとは動画を見るには活動履歴アーティスト一覧ライブスケジュールライブを楽しむ方法ブログ
オーディションリンクお問合せプライバシーポリシーサイトマップ
無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)