無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ

« 2007年08月 | メイン | 2007年10月 »

SEPULTURA 「Chaos A.D.」

2007年09月29日

さて、いままでこのブログでは、たわいもないことばっかり書いてきたけど、今週から毎週CDをピックアップして、それに関する意見を述べていこうと思います。
完全に独断と偏見をもって書いていくので、クレームは一切受け付けません!あしからず。

まず今回取り上げるのは、rsst.tv主催イベントのタイトルの元となった「Refuse/Resist」という曲が収録されているSEPULTURAの「Chaos A.D.」だ!

このCDをはじめて聞いたのは確か高校生のころだったな。
たしかカセットテープに録音して、一生懸命聞いていた。

当時スラッシュメタル大好きっ娘だった俺としては、スラッシュメタル四天王以外に、ブラジルからかなりヤバいのが出てきた!という情報を耳にして、聞いてみた。
なにせ当時ブラジルのメタルっつったらANGRAのキコ・ルーレイロがヤング・ギターの紙面をにぎわせていたころだから、「なんだブラジルにもいかついのがいるじゃねーか!」と感動したのを覚えている。

今はSOULFLYで活躍しているマックス・カヴァレラの咆哮が堪能できますな。
ていうかSOULFLYで聞ける、トライバルな要素を吸収したヘヴィロック、は、このころからもうかなり形作られている。

なんといっても、冒頭の「Refuse/Resist」がいきなりサンバのパーカッションの音から始まるからね。

後は「Biotech Is Godzilla」というなんともインパクトの強いタイトルの曲があって、

「バーイオーテーック!」

って何度も繰り返してるのが、耳について離れません。
一回聞くと3日ぐらいはずっと頭の中でなっている状態になること請け合いなので、一度聴いてみることをオススメします!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/408

『壁のぼり』

2007年09月22日

ボルダリングというスポーツをやった。

ボルダリングっていのは、本来自然にある巨大な岩(boulder)を登るスポーツなんだけど、岩を探して毎回旅に出るのも大変なので、室内で楽しめるように、壁にさまざまな形の出っ張りがついてて、それを登っていくというジムがあるらしい。
通るルートや、つかまる出っ張りによって難易度が設定されている。

そのジムは恵比寿の”おいおいこんなところにそんなジムがあるのか?”っていうような、普通の小さなビルの地下にあって、こじんまりとした空間。
入ってみると昔懐かしい「部室」のにおいがした。
要するにちょっと汗臭いかんじ。

とりあえずまったくの初心者なので、よくわからないけど、言われるままに簡単なものからはじめていったんだけど、あっという間に腕がパンパンになった。
しがみついたり、ぶら下がったりっていう動作麦価利で、「えーっと次は・・・」とかやってると、その間にもどんどん握力が奪われていく。

確かに普段はキーボードとマウスを操作するのに一日の大半を費やしている筋肉が、いきなり自分の体重を何度も支えたらそりゃパンパンになるわな。

これでも昔は体操で逆立ちしたり、鉄棒をやったりしてたから、割といけるんじゃないかと思ってたけど、やはり体力と筋力の低下はかなりキテるね。
っていうか体操やってたのは、何年前だって言う話だけど。

難易度が高くなってくると、もう笑えるぐらい小さなでっぱりに指先を引っ掛けて、全体重を支えなきゃいけなかったりする。
上級者の人を見てると、もうどうやってつかまってんのかわかんないぐらい。

動きが何かに似てるなーって思ってたら、スパイダーマンだった。
なんか重力に逆らってる感じ。

そして翌日は、すさまじい筋肉痛と張りぐあいで、ボールペンがうまく持てなくて、文字が泳ぐ泳ぐ。
ハシも微妙だったので昼飯はカレーにした。

握力をもう少し鍛えてまた行ってみようっと。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/406

『走っている』

2007年09月15日

最近走っている。
いや、生き方の話ではなく、物理的に走ってるんです。

今までも運動不足を解消するという目的の元に、数々のトレーニング器具を試してきたわけですが、
一例:ラテラルサイトレーナーチューブトレーニング

どれもダイエットできたりとそれなりの効果を出してはいたけど、それでもやっぱり肩は凝るし、カラダはこわばる。
やはりここは気合を入れて、ちゃんとした運動をするしかないと思い立って、「走る」という最も基本的な運動をはじめることにした。

何を一番オーソドックスなスポーツにいまさらたどり着いてるんだよ!と思われるかもしれないが、何を隠そう基本的には走ることは嫌いなのである!

走るスポーツというものを基本的にやったことがない。
だって、体操部→応援団、だよ!どう見ても走ってないでしょ!

体操で走る部分っていえば、長いところで跳馬の助走の20mぐらいか?
要するにスプリンターなわけです。
長い距離、長い時間を走るような体のつくりではない!
(スポーツテストの1500m走は死ぬ思いだった)

というわけで、個人的にはかなりの挑戦になったわけです。
とりあえず初日は「とにかく5分間走り続けてみよう」というものすごく低いハードルから入ったわけだが、これがツラい!!

気管とかヒューヒュー言ったりしてスゲー苦しいし、何とか走りきったはいいけど、尋常じゃない気持ち悪さ!!
道端でひっくり返ってそのまま土になってしまいたかった・・・。

しかし人間の体ってのはよくできたもので、何回か続けてると多少慣れてくる。
その日の体調によっては、やたらとしんどいときもあるけど、最初のころに比べると、苦しくないし、距離も走れるようになってきた。

お、これは意外と楽しい。
今まで「ジョギング」という物には一生縁がないだろうと思っていた自分としては、新しい自分を見つけた気分。

実はジョギングをはじめるのにあわせて、5kgのダンベル×2を購入。
走り終えて汗だくのまま、ダンベルで筋トレという、アスリート的な一連の運動を週2回こなしている。

うーん、今までで一番がんばってるな。
これはできる限り続けていきたいと思っている。

唯一の懸念は、「寒いのが苦手」ということだ。
これからの季節のことを思うと、ちょっと(かなり)心配だ・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/405

『解散の真意』

2007年09月08日

スレイヤーが、次回作を出したら解散するらしいという情報を小耳に挟んだ。

スラッシュメタル四天王の一角も、あれだけ長くやってるといろいろうまくいかなくなるものなのかなー、と感慨にふけっていると、ベースボーカルのトム・アラヤのコメントを発見。

「おっさんがヘッドバンギングすることに色々意見はあるだろ。オレも認めるけど、あれってヤバいぐらい激しいんだ。だから、ある時期を過ぎたら、もうその先は無いと考えている。」

要するに体があの超速のヘッドバンギングに耐えられなくなったということらしい。

いやいや、おっさんがヘッドバンギングするからかっこいいんじゃないスか!
しかも周りだって、おんなじぐらいのトシのメンバーのはずだが・・・

いやいや、確かに激しい運動なの分かるんだけど、夢を売る商売(?)なんだから、こういうことは言わないで欲しい!
ありきたりの「音楽性の違いが~」とか「新しいものに挑戦したい~」なんてことは言わなくてもいいから、せめて、「ケリーキングの酒グセと女グセの悪さにもうガマンならねえんだよ!!」ぐらいいってほしい!

きっとあのへんの人たちは、慢性的なムチウチ症じゃないかと思う。
昔ムチウチの時に首に巻くヤツをしながらドラムをたたく人がいたけど、トムさんにもそれをオススメするね。

まあ、俺はスラッシュ四天王ではメガデス派だから、メガデスさえ生き残っていればいいのだよ。
デイブさん、一人になってもがんばってくださいねー!!

ちなみに整体に行ったときに
「首の骨がまっすぐですねー、何か首のケガとかしたことあります?」
と聞かれて、特にケガをした記憶も無かったから、唯一思い当たるものとして
「中学から高校にかけて、ライブ見に行って頭振りまくってたのが良くなかったのかもなー。」
といったら、完璧なまでの苦笑と「ハハハ」という乾いた笑いを食らったことがある・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/402

『袋いっぱいのうなぎ』

2007年09月01日

先日とある駅の階段を上っていた。
足元を見ながら歩いてたんだけど、前の人の足元にポタポタとなにやらしずくがたれている。

どんだけ汗だくなんだよ!と思って見上げると、でっかいスーパーのビニール袋をかつぐように持っている。
どうやらしずくはその袋からたれているようだ。

その袋は水のようなもので満たされていて、たぷたぷと動いている。
そしてなんだか細長い管のようなものが水の中にいっぱい入っている。

よーく見てみるとそれは

”うなぎ”

だった!!
しかもかなり大量の。おそらく10匹ぐらいは入っている。

もし袋の取っ手の部分が切れたら、間違いなくうなぎが俺めがけてこぼれて来る位置だったから、とりあえずビビって、少したじろいだ。
ビニール袋の中に、無数のうなぎを入れてかついでいる人っていったい・・・。

これが板前さんのような格好をしていれば、特におかしいこともないんだけど、その人はヒゲヅラ、Tシャツ、Dickiesのワークパンツを腰ばき+ウォレットチェーン、というストリートスタイル。
しかも2人組で、もう1人も同様にうなぎをスーパーのビニール袋にいれて持っている。

浮かんでくる数々の疑問

なぜクーラーボックスを使わないのか?
どこへ向かっているのか?
そのうなぎをどうするつもりなのか?

尾行したい気持ちでいっぱいだったが、その2人組はずんずんと進んでいってしまい、見失ってしまった。

バーベキューに持っていって、その場で蒲焼きにするのか?
確かに目の前でうなぎをさばかれたら、小さな子どもだったら大喜びするかトラウマになるぐらいの見ごたえはあるだろうが・・・。

結局答えは分からずじまい。真実は闇の中・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/400

SEPULTURA 「Chaos A.D.」

2007年09月29日

お隣のTATSUYA氏の言うとおり、日々の日記を綴るだけでなく、より音楽サイトらしく!!を目指してCDレビューなんぞをやってみようと思います。もう、「釣り」だの「虫」だの「クリスマス」だの言いません・・・(あ、たまに言っちゃうかも)。

さて、記念すべき1発目は、当然ながらSEPULTURAの「Chaos A.D.」!!
rsst.tvイベント「Refuse and Resist」のタイトルにもSEPULTURAのメタル魂は体現されております。
SEPULTURAといえば、俺の中では「ROOTS」なのだが(変な顔の部族少年が写っているジャケ)、「Chaos A.D.」も負けじと・・・というかなんというか・・・。

まるでヤスリでガシガシ削られている時のような、ザラッとした質感。いや、鉄分豊富ですな。ブラジリアンスラッシュメタルなこのアルバムは、全体を通して、ひたすら刻んで刻んで押しまくるあたり、漢(男)気を感じます。つか、SEPULTURAはアルバム全部そうなんだけど(笑)。

もともと、民族楽器が大好きな俺。
基本編成の中に、変わった楽器(胡弓とか)があるだけでもう、しびれます。マックスがライブ中に使うあの民族楽器、なんていうの??弓をピョインピョイ~インってやってるやつ・・・おっかねえ。

ちなみにアルバム「ROOTS」の中には「Chaos B.C.」という曲が入っています。
「Chaos A.D.」のリミックス・・・のようなのだが、マックス節とトライバル節は全開で俺的には何気にこちらの方がお気に入りだったりする。なんかね、曲の途中でピーーーーッ!!って体育教師が吹くような笛を吹いているんだけど、それが絶妙で、思わず姿勢を正してしまう(笑)。

ただ、ワラの腰巻を巻いてライブをやるのは頂けません・・・。
どうみても、「志村ケンの股間に白鳥の頭がついたバレリーナ」を連想してしまう・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/409

『結婚とは』

2007年09月22日

さて、最近身の回りの友人やらがポンポンと結婚をしている。

年齢的にも、そろそろ結婚フィーバーなんだなぁ、なんてまるで人ごとのように「おめでとう~」、だなんてホイホイ喜んでいたのだが、ふと考えてみると・・・

・・・俺は、いつ??

って事に行き着いてしまった。
いやいや、結婚願望が花開いているわけではないが、俺が結婚して家庭を持って、子供まで出来てしまうのが全く想像が出来ない。友人など、家庭があるから飲みの時は必ず終電で帰るのだが、こちとら2時3時までは余裕でお店に居座る。

2時を過ぎたあたりで、そろそろ将来に不安を感じるチームのドロッとした飲みになる。

「愛」とは「心を受け取る」と書くのだそうだ、なんてお話・・・。

う、受け取った事ねぇ??!!
もしくは、渡されたことねぇ??!!

いやぁ、思えば結婚する、という事はお墓に入るまで一生一緒にいましょうね、という誓いの儀式。
一生一緒にいる・・・なんて・・・なかなか出来るもんじゃねぇですぜ、だんな。今のところ、生まれてからずっと一緒なのは、実家に保管している乳歯くらいのもんだ。

・・・人でもねぇし!!

結婚は大変らしいね。式場決めて、引き出物決めて、婚約指輪やら結婚指輪やら結納やら招待状・・・すげ~・・・これらを仕事の合間に粛々と進めていくわけだ。

・・・出来る気がしねぇ。

とはいえ、子供が出来るとしたら、出来るだけ若い親父でいてあげたい気もするわけだ。
ナイスガイ親父を目指すわけですな。40歳過ぎてからの結婚だと、子供の授業参観時にはおじいちゃんが見に来たと勘違いされちまう。

などなど、結婚について考えてみた一日でした。
いや、別に考えなんて何もまとまっちゃいねぇけどな!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/407

『ご退陣』

2007年09月15日

さて、阿倍首相が辞任表明をしましたね。
早いもので・・・どれくらいの期間、首相としてお仕事していたものでしょう・・・。

正直、以前から申しているように私、政治に全く興味がございません。
とはいえ、生きていれば連日耳に入ってくるニュースにより、なるほどなるほど・・・・なんて知った風な付け焼刃の知識が蓄積されるものでございます。

今回の辞任騒動、かなり批判が噴出していますな。

「阿倍内閣は何も功績を残していないじゃないか!!」
「身内の不祥事の後始末で手一杯だった・・・」
「器じゃないなら、最初から立候補なんてするな!!」

・・・う~ん、果たしてそうだろうか。
首相といえども一人の人間。点滴打って、サプリ飲んで、辞任する頃には心労で立てなくなるくらいには日本の事を考えて、動き回っていたんじゃねぇかな。結果として、残せるものがなかった・・・ってわけで。ポイントポイントのジャッジに失策もあったかもしれんし、確かに首相の重責を考えると、器不足だった感は否めないが、怠慢していたわけではないでしょう。

1億何千万人の期待を背負っているという責任感。
しかもその期待の内容が、針の糸を通すほどに繊細な事項のオンパレード。失策して当然。うまくいけば万々歳。うまくいっても反対派のお力により、なぜか下がる支持率・・・。
そこらのチャラチャラボーイがやってみたら3日で心神喪失・頭の毛もごっそり抜けるでしょうよ。

首相を選んでいるのは国民なわけだ。
一人の人間に期待を寄せっきりで、他人任せにしてるんだから駄目だった時は自分の節穴加減・何も出来ない無力さも痛感しな・・・と。(何度も言うが、俺は選挙は行った事がない・・・だから、文句も言わない・・・)

支持率、くそ食らえですな。
パーセントが下がっただけで、何もしらないチャラチャラボーイ(再び登場)は「あ、この人信用ないんだ~チャラチャラリ~ン」なんて裏付けもなしに感じちゃうでしょ?そんで、また支持率が下がる・・・。負の連鎖ですわ。そんなもん、公表しないでいいんじゃねぇかな。

学校とか会社で支持率なんて持ち出してみな。
すぐに「不謹慎」「いじめの温床」だなんて叩かれちまうぜ。政治の世界だけだよ。そんな制度。

期待持って選んだ首相なら、最後まで何も口出しせずに黙ってみていてやれば、変な責任感に倒れる事もないし、早々に辞任表明することもないだろう。在任中に死去した小渕首相を思い出すよ。

・・・とまぁ、今回の辞任騒動についての俺の感想(聞かれてもいないのに・・・)。
政策や阿倍さんが何をしたか・・・なんて表面上でしか分からないから、ニュース見て感じた事だわな。たぶん、こういう色んな事を背負って叩かれて、自己の無力さを痛感している人と酒でも飲んだら楽しいんじゃないかな~、って思います。電車で酔って大声出してるおっさんよりかは100倍かっこいいと思いますぜ。

いや、そんな飲む機会なんて絶対無いですけど(笑)。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/404

『賢人の遊び』

2007年09月08日

さて、長々と同じお題でブログを書いてしまって申し訳ないが、改めて言わせて頂く。

最近、釣りが趣味である。

いや、最近って事でもなく、中学生の頃くらいからはちょくちょく、暇を見つけては釣りに出かけていたのだが、それが今になって再燃。しかも、この年になって性質が悪いのは

■ネットで釣り情報が満載
■車を持っているため、どこにでも行ける
■多少の出費であれば、惜しみなく出してしまう(といっても、5千円程度・・・)

という『大人ぶった釣り』の楽しみを覚えることによって、際限なくはまってしまう事にある。
中学生の頃はね、車もないし、お金もないから「エサ・・・なくなったから帰ろうか・・・。」的な感じでお昼には帰っていたのだが(釣りは早朝が多い)、今はエサがなくなれば買いに行くし、針がなくなれば買いに行く。

際限なく出来るわけだ。
当然、夜も門限がないので疲れるまでひたすら糸を垂らす・・・垂らす・・・。

という事で、明日は本牧に釣りに行って来ようかと思う。
目的はサバとシャコを釣る、である。

釣りの面白さは、「魚が釣れる」事だけにあらず。2時間・3時間という全く釣れていない時間を用いて、色々と瞑想や物思いにふける事によって、脳みそのシワが増える・・・。シワが増えるという事は、賢くなる。賢くなるという事は、仕事や日々の行動に無駄がなくなる。もっと言うと、釣った魚にはDHAが豊富に含まれているので、頭脳明晰、官僚になるのも夢じゃない。

軍師・太公望など、大昔の賢人には、釣り好きが多い・・・というのも頷ける話なのだ。

今こそ声を大にして言おう。
「釣りは人を賢くする」と!!

・・・ついでに夏は日焼けもするから男としてのバロメーターもUPである?!
問題は、魚のエサとなるミミズに似た「イソメ」という虫ですな。見た目的に、かなりのパンチ力を持っているので大の男でもイーブンの確立で触れません。ちなみに、俺は陸の羽虫以外はオールOKな感じなので、両手が塞がっていれば「イソメ」を口にくわえる位の事は余裕で出来ます。

行く人募集。
興味のある人は俺のブログにコメントを・・・って、なかなかいね~話ですな(笑)。

では、また!!


コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/403

『熱海へ』

2007年09月01日

さて、先週、何年かぶりに熱海に行った。
至ってオーソドックスな旅行である。

いつもいつも旅先では、何かしらのトラブルに見舞われ(車の正面衝突・所持金不足により野宿・・・などなど)、お土産話のネタに困らぬものだったのだが、今回は驚くほどスムーズな旅行となった。

ホテルに行けば思ったより豪華だし(アメニティグッズが今流行のロクシタン・冷蔵庫の飲み物は飲み放題・吹き抜けにはプールがあるし・・・というサービス満点度)、海に行けばまぐれで小さなイカを捕まえるという幸運(食べようかと迷ったのですが、逃がしてあげました)。

現地で食べた猟師丼は、美味。
お昼に食べた海産物たっぷりのラーメンも、これまた美味。

シャボテン公園という、野鳥や動物を放し飼いにしている公園ではたくさんの動物と触れ合う機会があり(ホロホロ鳥の大群の行進ど真ん中を歩いてみたり・・・)、まぁ、とにかく凹みポイントが少なかったわけでございます。


帰りの道中、連日の運転でさすがに眠くなってしまい、危険を感じた矢先に正面衝突(おそらく、旅行客同士)の事故現場に出くわし、反面教師よろしく、目がスッキリ冴えてその後は東京まで実にスムーズなドライビング。

いやあ、第三者的に正面衝突事故を見ると、昔の自身の正面衝突事故を思い出してしまうね(苦笑)。
なんて立場のない感じなんだと・・・。おそらく、あの現場を走る他のドライバーたちはみんな「あ~あ、やっちまってるよ。かわいそ~~~。」的な目線くらいでしか見ていないのであろう。

2年前の俺の事故の時もそんな感じだったんだな~~~。

いやいや、冷静な目で判断できました。

・・・とまあ、ネタ的には色々なトラブルがあった方が面白い文章書けるのであろうが、ないものはしょうがない。正直、トラブルがないことについて少々物足りなさも感じているくらい。

ああ・・・トラブルを望む俺に果たして幸せは訪れるのでしょうか??
んじゃ、また!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/401

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)