無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ

« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

『Refuse and Resist Vol.02開催!!』

2007年07月28日

はい、ご周知のとおり、ただいまRefuse and Resist Vol.02開催中!でございます。

まずは一日目つつがなく終了し、かるーくラーメンなんぞを食してみたりして。

いやいや今日は面白かったな。
こんなバンドも出るの!?というぐらい、かなりバラエティにとんだバンドがそろってたんだけど、逆にそれが不思議な混沌を作り出してたね。

自分としては音楽ってほんとにそれぞれ好きなものがあるんだなぁ、と再認識した1日でした。

と同時にrsst.tvの懐の深さも見せられたんじゃないでしょーか!

あと2日間あるけど、ここからはさらに粒ぞろいのバンドたちがガツンとかましてくれるはずだ!

今回の模様はまた近いうちにUPしていくので、乞うご期待!
撮影時に若干普段と違うテンションになってったバンドもおりましたが、それはここだけの話ということで・・・。

どこかで大きなフェスティバルや花火大会も催されているようですが、今年の夏は高円寺でドッカンドッカン花火うちあがるってことです!!
ということで、今すぐ中央線(総武線)に走れ!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/393

『動画は覗かれる』

2007年07月21日

えー、最近ipodを買い替えました。
正確に言うと”買い替えさせてもらった”ですが、そこらへんの細かい話は聞かないでください。

そこで気がついたんだけど、最近のipodは動画が見れる!!
ついこの間まで、モノクロ画面のipod miniを愛用していたから、この進歩ぶりにはだいぶテンションがあがるわけです。

ただし、ipodで動画を見るには、それ用の形式に動画を変換する必要があるんで、結構めんどくさい。
だけどすでにテンションがあがっている俺には、そんなものは余裕でクリアーするぐらいのパワーがあり、手始めに以前から見ようと思ってたけど延ばし延ばしになっていた「ガ○ダム0080」を見ることにした。

これは30分の6話だから、合計で3時間なんだけど、普段映画を見るのに3時間の時間を作るのって結構大変だから、電車に乗っている時間などを利用して見てやろうという魂胆だ。

がんばって変換が終わって、電車のなかで至福の時間をすごしていたのだが、ひとつ気がついたことが。
それは・・・

”電車の中で動画を見ていると、画面を覗き込まれる”

ということだ。
さすがにずっと覗いてる人はいないけど、みんな「お、何見てんだコイツ?」みたいな感じでチラ見していく。

誰かがipodで動画を見てたら、なんとなーく覗いてみたくなる気持ちは自分でもよーくわかる。
だけど、覗かれるというのはやっぱりあんまり気分のいいもんじゃねー!

そのときに画面にガ○ダムが映ってれば問題ないけど、たまたま女の登場人物が出ているシーンだったりすると、”コイツ萌え系のアニメ見てる!ぷぷっ”とか思われてそうでやだ。

だからなるべく画面が他の人から見られないように、角度を細かく調整してたりするんだけど、なんかそれも結構バカバカしくなってきた。
逆に覗きこまれたら、”一緒に見ませんか?”的なオーラを出してみようかな。

そうしたら、見ず知らずの人と一気に仲良くなって、「じゃあ下北沢あたりで降りて、飲みに行きましょうか!」
みたいな展開になったりして・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/390

『90年代のヒット曲』

2007年07月14日

最近、1990年代初期のヒット曲を、有線放送でよく聞いている。

1990年代初期というと、ちょうど自分が、小学校高学年~中学校のあたりで、日本のポップスを中心に音楽を聴きだした頃だと思われる。

その頃って、とにかくポップスばっかり聴いてて、テレビでもランキングの番組をやってたから、ヒットチャートの上位に入ってた曲はほとんどが聴いたことある曲で、懐かしさにいちいち身悶えしている。

そして人間の記憶力ってのはなかなかのもんで、当時好きだった曲とかは、歌詞をかなり細かいところまで覚えてて、口ずさめたりしてしまう。
この頃好きだった曲は、今聞いても「結構いいな」と思ってしまうものが多く、俺の音楽の趣向はこの頃作られたんだなと実感せざるを得ない。

その中でもパンチがあったのは

『マモー・ミモー野望のテーマ』

という曲。
ご記憶の方も多いと思うが、「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば」という番組内に登場したキャラクターがブレイクした勢いでそのままCDを出してしまったというもので、当時クラスに1人はこのCDを買ったヤツがいたもんです。

そして今聞いてみると、なんともコメントのしようが・・・。
自分の子供時代の思い出と重なったり、これを一生懸命覚えて一緒に歌っていた自分を思い出したりで、なんとも恥ずかしいような不思議な気持ちになった。

ある意味、聞き手の精神状態にこれほど揺さぶりをかける音楽というのも、すごいと言えないこともないけどね。

このCD、まだ手もとにあるという人は、ぜひ恥ずかしがらずに報告してください。
もれなく指を指して失笑してさしあげます。

でも嘉門達夫の「替え歌メドレー」は、今聞いても結構笑えたりした・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/389

『イタリア語の数字の数え方』

2007年07月07日

先日宅配ピザを注文した時に、メニューに「クワトロ」という言葉がたくさんあるのに気がついた。

根がオタクなのでついつい「クワトロ・バジーナ」を連想してしまうが、イタリア語で「4」を意味するということは一応知っている。

そしたらイタリア語での数字の数え方が急に気になってきた。
実は数年前にイタリアにいったことがあり、そのときは数字の数え方を一生懸命覚えたはずだったのに、いざ思い出そうとすると、1が「ウーノ」だということ以外思い出せない!

そこで調査してみると

1.uno ウーノ  2.due ドゥーエ 3.tre トレ  4.quattro クアットロ
5.cinque チンクエ 6.sei セイ  7.sette セッテ  8.otto オット
9.nove ノーヴェ  10.dieci ディエチ

やっぱりどうしても気になるのは「チンクエ」だろう。
他の数字は英語の名残が多少あるけど、「チンクエ」だけは英語の「five」とは何の関連性も見出せない。

イタリアだと「MAROON 5」は「マルーン ファイブ」ではなく、「マルーン チンクエ」なのだろうか?
さらにいうと「ゴーグル5」(昔のヒーロー戦隊もの)は「ゴーグル チンクエ」なのだろうか?

「風の谷のナウシカ」に出てくる、腹黒いおっさんの名前が「クワトロ」ではなく「クロトワ」だというのは、よくやる間違いなので、気をつけるように。
ではまた。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/387

『Refuse and Resist Vol.02開催!!』

2007年07月28日

さ~てさてさて!
ただ今、rsst.tv企画『Refuse and Resist Vol.02』の真っ只中でございます!

今日はFirstDayを無事終えて、自宅に戻ってきて、シルクのガウンを着て黒猫を抱きながらワインをたしなみながらこのブログを書いています(嘘?本当?)。

いやいやいやいや、世の中には本当にかっこいいバンドがワンサカいるもんだ!!
改めて実感してみたり(笑)。

イベントってのは、フタを開けてみるまで成功か失敗かが分からないスリリングなところが好き。
映像編集は間違えれば修正できるし、俺らの紹介動画も撮り直しは効くけど、イベントは生ものだもんね。

人がたくさん入りすぎて酸欠状態になるようなイベントはパッと聞くと大盛況だろうけど、見ているお客さんに辛い思いをさせている・・・という点では失敗。じゃあ何が成功なのか・・・というと、答え自体があるかどうかも分からんが、全ての人がストレスを感じずに、純粋に音楽を楽しんで満足して、次もまた来たい!!と思ってもらえるようなイベントが出来たらそれが成功なのかな・・・と。

今回は、地方からご来場されるお客さんもたくさんいらっしゃいます。
その方にとっては、このイベント・出演してくれるバンドにそれだけの価値がある・・・ということ。こりゃあ、あと二日、頑張らなきゃいかんでしょうよ。

今日はrsst.tv企画『Refuse and Resist Vol.02』のSecondDay!!
みなさん、ライブ海上でお会い・・・間違えた。

ライブ会場でお会いしましょう!!
今日明日だけは、俺のブログなんて見ていないで、さぁ、レッツゴー!!


コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/392

『嘘!?!?!?!』

2007年07月21日

先週のコラムで、『ダンボール肉まん』について書かせてもらった・・・。

その後の報道・・・・やらせだったのかよ!!!!!
いやぁ、この俺とした事が、完全に社会のメディアという影に絡め取られちまった(大げさな上に意味が不明である)。情報を嘘・真実と見抜く力が生きていく上では必要である。この場合、俺ったらまんまと情報の嘘を鵜呑みにして阿呆なコラムで1日をつぶしてしまったわけだ。

・・・でもね、こんな嘘つく中国って・・・やっぱおっかない国だねぇ~~~。

これで政府まで動いちゃうわけだ。
このやらせ報道作った人、完全に国際クラスの犯罪者でしょうよ。

だって、中国全土の肉まんは不買運動が始まるわ、肉まんの輸出(そんなのあるのか?)だって、
ある程度断られたり、打ち切りになったはず(そうなのか?)!!

もう、重犯罪ですよ。
どこぞの国では、エイプリルフールに意図的に嘘の報道を行う慣習があるらしい。
その場合ですら、嘘の報道の内容によっては非難の嵐らしい(そこまで洒落は効かさんでよろしい)。

今回は、エイプリルフールですらなく・・・。
・・・日本もそうだけど、視聴率って、そんなに大事なのかなぁ。

旬な情報を流す → 視聴率取れなかった → あぁ、人気なかったんだね、このネタ

で終わらせられない器量の狭さが嫌です。
rsst.tvは嘘つきません。偽のムービーとか流しません。
ライブで演奏を失敗した映像だってたくさん流れています。

それが「リアル」で良いんじゃね~の???

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/391

『食に甘すぎる・・・』

2007年07月14日

さて、最近のニュースで話題になっている「ダンボール肉まん」。

中国よ、そこまでやるか!!という感じのニュースですな。

もとより、おいらは中華料理は大好きなのだが、このニュースを見てしまうとさすがにしばらくは中国製の肉まんは食えなくなるよ・・・。とりあえず、近々予定していた中華街ツアーはパス・・・だな・・・。

なんでも、ダンボール6に対して豚肉4を混ぜていたらしい。
この時点で、もはや「肉」まんではなく「紙」まんなのである。しかも味は気付かない・・・というから恐ろしいですな。中国のたくさんの人たちは知らずに食べていても(知らないほうが幸せ・・・だったかも)美味しいと感じていたわけだ。

最近公表されているニュースによると、この肉まん(もとい紙まん)の工場では、ハエのたかっている中、まんじゅうをつくる器具には「犬のふん」が付着しているものまであったそう・・・。作っている業者は、「こんなもの、食べれないよ。ハッ~ハッ八ッ!!」だと・・・。

今後は死ぬまで肉まん(もとい紙まん)食って詫びろ・・・。

ミートホープもまっ青です。雨水くらいでガタガタ抜かすな!!なんて思っているのでしょうな(いや、完全にアウトですぜ、ダンナ)。

こういうのって、俺らが気付いていないだけで調べればまだまだありそうだよね。

「屋台に出している綿飴の3割は、本物の綿を使用していた!!」
「焼きそばの麺の1割はゴム・・・!!」

みたいな(いや、それはさすがに気付くか・・・というか人として気付きたいよな・・・)。

中国の肉まん屋さんの全てがこんなひどい事をしているとは思わんが、それで迷惑する業者が出てきてしまうのはやりきれん。少なくとも、横浜の中華街は大ダメージじゃなかろうか。日本人はこういうのに敏感だからね。

ダンボール肉まんを最初に作った奴、ぶん殴ってやりたいね。
名乗り出ろぃ。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/388

『年金問題について』

2007年07月07日

色々と白熱しておりますな・・・。

何でも、国民年金の積み立てをずっとしていたのに、管理不足で履歴が残っていなくて、積み立てていません、などと言われてしまう、とかいうお話。こんなもん、一企業がやったら詐欺で倒産しますわ。

日本よ、大丈夫か??
ぶっちゃけ、国民年金の制度自体、失敗だったような気もせんでもないが・・・。

多分、頭の良い官僚様たちは必死でその穴埋めを行おうとしているとは思うが、いかんせん国の借金がたくさんあるこの日本で、何をどうしても国民の不満は避けられないでしょう。

こちとらも毎月毎月、国民年金とやらを払っているが(当然、払わなくて良いものなら払いたくはない)、満額いっても年間数十万円の支給。一ヶ月にすると、10万円もいかない訳だ。これで、どう年金暮らしをせいっちゅ~のよ。挙句に、お金納めているのに履歴がありません、とか言われちゃったら、そりゃナイフ持って立てこもっちゃう輩も出てくるでしょうよ(いや、それは絶対にやっちゃいかんことなのだが、気持ちは分からんでもない)。

・・・とはいえ、俺は政治については全くの無知。
これからも深く首を突っ込むつもりもございません。当然、選挙には行きません。
そのかわり、誰が当選して政治をやっても何も言いませぬから・・・。

・・・徴兵制の復活とかいう奴が立候補したら、死ぬ気で選挙に参加して、こいつを受からせんようにはすると思いますが(笑)。こういう時だけ一致団結。

選挙シーズンになると、至るところに立候補一覧のボードが貼られるよね。
ただの有名人で、政治に関心のなさそうな『宅○朗』や『黒川○○』などが出ていると、「??」って感じにはなりますが、やはり、そういう人は立候補しても当選はしないのね。

話は変わりますが、今「20世紀少年」を読んでいます。
友民党、おっかねぇ。こんな政治なら俺も蜂起を決意するでしょうな。
ぜんぜん、政治の漫画ではないのだが、面白いので皆さんも是非!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/386

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)