無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

『話しかけるな!カード』

2007年04月28日

ちょっと気になるニュースを発見。

-----
高島屋が静かにショッピングを楽しみたいという客に声かけを控えるサービスを始めた。
希望する客には、店内に用意したカードを首にかけてもらい、店員からは話しかけないようにする。
-----

なれなれしく声をかけることがナイスな接客だと勘違いしているような輩には、大人気なく「気安く声かけんじゃねーよオーラ」を放出することが多々ある俺には、とても賛成できるアイデア。

「試着とかできるんで、サイズも出しますよー」

ぐらいであれば、「へいへい」ってな感じで簡単に受け流せるんだけど、

「このデザインは今年の新作で、シルエットが○△×・・・」

などと言い出すヤツには、「Shut up your Fxxkin' mouth!!」と修正入りで言ってやりたくなる。

まあ、こっちが買う気満々の時に店員が何にも話しかけてこないと、それはそれで「こんなにチャンスが転がってるのに、もったいないねぇ」とか思うんだけど。

ただし、例外もあるわけで、前にあるお店でシャツを見ているときに話しかけてきた店員は、女の子なのに「そうっすね!」とか「まじっすか」などという若手芸人みたいな言葉を連発。
つい「山川恵里佳みたいですね」と思ったことをそのまま口に出してしまったところ、そこから会話が弾んでしまい結局シャツを買ってしまった。

振り返って冷静に文章にするとちょっと恥ずかしいな。
まるで俺が山川恵里佳が好きみたいだが、そんなことは全然ない!(強く否定するとかえって怪しい)

話がそれてしまったが、このカード、首から提げるというのはちょっと恥ずかしくないか?
まるで「ぼくのことはそっとしておいてください」と公言しているみたいで、周りも腫れ物を触るように扱ってしまいそう・・・。

首から何か提げてると、社員証のように見えて、店員と間違えられそうな気もしなくはないが。

”店員に話しかけられたくないからカードを下げてるのに、お客さんから話しかけられる”

という、愉快な矛盾が生まれそうな気がしますぞ!
一度実験してみようかな?

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/368

『オークションに見るこの世の不思議』

2007年04月21日

最近ちょこちょことネットオークションをやっています。

買い物に行く時間がなかなか取れないから、通販をしたりしてたんだけど、オークションのほうが意外と安いのでは?と思って、久しぶりに挑戦。

昔やったときには、終了間際に競り合いになってついついヒートアップしてしまい、中古のMDウォークマンを新品が買えるぐらいの値段で落札しちゃったことがある。
あの、冷静になった時の自分への失望と憎しみの念は、なかなか他の事では味わえない感覚だね。

そんなことがあってからというもの、自分の中でルールを決めるようにしている。
それは

”自分がその商品に出せる最高金額を設定して、それで負けたらスッパリとあきらめる”

というもの。
何を当たり前のことを言ってるんだと思われるかもしれないけど、コレがなかなか難しい。

終了間際に「もうすぐコレが俺のものになるんだ!」と思ってワクワクしているときに、誰かが横からいきなり入札してきたりすると、ものすごく腹立たしい気持ちになる。

”目の前に食べ物を差し出されて、食べようと思ったら、そいつが食べちゃう”
という、幼年期にありがちなイタズラをされたときの気持ちにちょっと似ている。

あとオークションで気になるのは、「不動産」というカテゴリ。
いまもちょっと見てみたらこんなのが

----------
「☆北軽井沢☆おしゃれなレストラン兼居宅」
現在の入札額: 5,351,000 円
入札: 198
----------

ネットオークションで家(兼レストラン)買うか?
しかも入札数「198」って!
欲しがってる人すげーいっぱいいるじゃん!

オークションで、世の中まだまだ信じられないことがたくさんあるということを、痛感させられるとは・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/183

『とっても!アンラッキー』

2007年04月14日

先日、本当についてない日があった。
もうね、ついてなさがラッキーマンの追手内洋一くんクラスだったので、ちょっと書いてみます。
※上記は同世代の少年ジャンプ読者にしか分からないかも

その日は天気もあまりよくなくて、時々ちょっと雨が降るようなかんじ。
夜スタジオの予定が入ってたから、楽器とか機材をもってて、傘を持つのはめんどくさいなと思いながらも、一応持っていった。

その後の俺の一日は以下のとおり。

乗った電車が踏み切りの誤作動でいきなり止まる

予約したリハーサルスタジオに向かったら、名前が無い

スタジオを間違えていたと気づき、移動

移動先のスタジオも予約が取れてなくて、他のスタジオを一生懸命探す

何とか見つけたスタジオは一個目のスタジオの近くだったため、今歩いてきた道を戻る羽目に

買ったばかりの雑誌「number」の表紙が、変なところにはさまって大きく破れる

スタジオ後、傘を一個目のスタジオに忘れていたことに気づき取りに向かう

スタジオのドア、がっちり施錠

帰りの電車でふと携帯の星座占いを見てみたら・・・12位。

書いてて笑えてくるぐらいついてないね。
この一日のことをたどるだけで一曲かけそうだ、ははは(乾いた笑い)。

こういう、自分は別に悪いことをして無いのに、良くないことが立て続けに起こる日って、何年かに一度あるような気がする。
経験上こういうときの対応策としては、”ふて寝”が一番効果的なので、ビールかっくらって寝てやったぜ。

念のためカレンダーを見てみたら、その日は「大安」。
あれ?????

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/182

『ろくブル』

2007年04月07日

最近あるマンガを読み返している。

それは「ろくでなしBLUES」という作品。
小学生の頃、週間少年ジャンプに連載されていた作品で、かなり人気があったから、おそらく同世代の男子諸君で知らない人はいないんじゃないだろうか。

当時は小学生だったこともあり、たまに出てくるちょっとムフフな部分(死後)もあり、結構一生懸命読んでいた。
今読み返してみても、ストーリーの緻密さとか、キャラクター設定の妙とか、さすがにクオリティは高いね~。

そして、当時は地元浜松で読んでたから、ぜんぜんピンと来なかったけど、よく見ると吉祥寺とか渋谷とかの町並みがそのまま登場してることに気がついた。
主人公の高校が吉祥寺にあるということもあって、吉祥寺の町並みとかしょっちゅう出てくるんだけど、

・LONLON(駅ビル)
・PARCO
・井の頭公園

とかは、ものすごく頻繁に出てくる。
(井の頭公園では、一般人が入れないようにして、大乱闘)

その辺を一生懸命探しながら読むと、また面白かったりする。
でも、渋谷駅がまだ自動改札じゃなかったり、「携帯電話を持ってるオンナにろくなやつはいない」とか言ってたり、時代を感じさせる部分も結構ある。

しかし、ツッパリ漫画って大体そうなんだけど、この人たち、ケンカしすぎじゃない?
ツッパリって、ほんとにそんなに毎日のようにケンカしてんでしょうか。
正直、プロレスラーより過酷ですよこんな生活。

高校の時に、アメリカから留学して来たヤツが、日本に来る前にアメリカで「ろくでなしBLUES」を読んでて、日本の高校は危険だと思い込んで、”伸縮式警棒”を持ってたことがあったな、はは。

まあ、イタリアのシチリア島にいったら、ゴッドファーザーみたいなのがうようよしてるんだろうな、とか思ってるから、あんまり人のことは言えないけど。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/181

『憑いているものが判明したらしいよ・・・』

2007年04月28日

以前のコラムで、「俺には生霊が憑いているらしい」という事を書いたと思う。(※2006/4/1コラム参照)

20歳位の女性という事は言っていたが、それがどういう生霊だかはその時は自称プチ霊能力者の人も、分からなかったんだけど、ふと、最近になって突然分かったそうな。

ちなみに、その自称プチ霊能力者さんとはそれ以来お会いしていない。
よって、生霊の正体が突然見えた・・・という連絡は共通の友人を介して伝えられたわけです。

えぇ・・・本当にもう、突然、仕事中に「※年前に話したJUNPEIに憑いている生霊だけど・・・昔、別れた女の人の生霊らしいよ。」

・・・・。

ちょっと待てや!?おい!!
こちとら、生霊に憑かれる理由・道理なんて全くないわい!!
むしろ、俺が生霊になって相手に憑いてやる程の出来事ばっかりじゃい!

上記の文章だけ見ると、「あぁ~、悪いことしてきたのね~。」的な目線で俺を見てしまうかもしれんが、事実無根。実に草食動物的な穏やかな生活を求める俺にとっては、まさに「寝耳に水」のお話である。

あ~あ・・・守護霊かな、なんて思っていた俺がバカみたいだ。

というのも、最近自宅のトイレの鍵が、誰もいないのに使用中でロックがかかっている事がたまにある。

これはなかなか怖い・・・。

ノックをする勇気はなく、「ガチャッガチャッ。あれ?すいません、入っていましたね・・・・・・って部屋には俺一人じゃねぇか!!」なんてノリツッコミする勇気もない。

いそいそと部屋に戻って、閉まっている鍵を開けるための工具を手にして、ロックを外す。

当然、中には誰もいないし・・・。

これが生霊のしわざなの!?ねぇ!!一緒に住んじゃってるの!?
・・・という事で、生霊さんにお願いです。一緒に住んでいるのなら、せめて家賃は半分出せ。そして、夜中に帰宅する俺のために味噌汁作るくらいの優しさを持ちやがれ!!

・・・ってまぁ、実体ないですもんね♪無茶言いました♪

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/364

『ジャパンを担う人たちへ』

2007年04月21日

さて、世の中は「選挙活動」真っ最中ですな。

どこに行っても、選挙カーが街を駆け巡り、あの手この手で聴衆を引きつける演説合戦を行っております。

私、政治には疎くて、特に興味もありませんが今回の選挙活動で一際目を引く存在が。

それは、宅○郎氏の出馬。
おいおい、マジかよ。日本(まだ当選していないが)。

何やらテレビで「日本の渋谷という街を昔のように萌える街にしたい。」とか何とか抜かしておりましたが、そもそも、渋谷って昔は萌える街だったんですかね・・・。俺は今のまんまの渋谷が良いなぁ。だから、正直、彼には当選して欲しくナッシングです。

後、目を引いたのは選挙カーで選挙活動をやっていて、拡声器で「○○です!○○をよろしくお願い致します!!」などと大声張り上げているのだが、よく見ると少し様子がおかしい。選挙カーの後ろを、スーツ姿のおっさんが必死こいてチャリでくっついて走っている。

チャリの背中には「本人です」の旗。

・・・選挙カー・・・必要ないじゃん・・・。
しかもけっこうなスピードだし、公道をチャリで激走って、それだけで違反じゃねぇのか?!・・・いや、何か特例か大丈夫な法律でもあるのだろう。

とにかく、目は引くがこれでこのチャリおっさんに政治を任せようという気にはならん。是非、コメディアンとして成就して頂ければと願うばかりである。

選挙の時に貼られるポスターも良く見ると面白いね。
やたら、カタカナの名前が多かったりする。視覚的に一瞬で名前を覚えられるから、良いのかもね。でも、見方を変えればステージネーム的な・・・。自分の本名(漢字)も明かさん奴に日本の政治は任せられん(偉そう)。

見方を変えると、今回の選挙もなかなか面白いのかも(かなり違うところを見てはいますが・・・)。今回は、投票にでもプラリと行ってみようかな~。オススメの人がいたら教えて。

※やたらと俺に電話かけてくる公明党の人。お願いだからやめてちょうだい。ちょっとした迷惑電話。これ、逆効果ですから(笑)。みんなも出馬の時にはマナーを守ってね(誰だ、俺)!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/363

『日常で良く使う単語 出来なくなっちゃった・・・』

2007年04月14日

あの・・・すいません。
過去3回のコラムで、携帯電話の文字変換で日常よく使う単語を紹介してきたのだけれども・・・。
このタイミングで携帯を機種変更してしまいました・・・。

新しい機種にしちゃったから、もう頭の文字を打っても何も変換語が出てこないのでナシ!全部ナシです!(すげ~打ち切り方・・・)

だから今回のお題は『機種変更』です。
長々とダラダラと盲目的に「j-phone」を使ってきた俺だが、さすがにこの度、「SoftBank」に機種を変えてみました。

理由は、ただ一つ。

■電池が3時間持たないまで劣化していた・・・。

からです。
「j-phone」という機種自体がとても古い為、換えの電池もショップには置いておらず、仕事に出掛ける際には必ず充電器を一緒に持ち歩いていたわけだ。そしてその充電器を職場に忘れて帰ったりしたらもう大変。金曜日に忘れて帰った日には、土日を、ビクビクしながら過ごさなければならない。

もうね、携帯がないと不安な性格になっちゃったみたいで・・・。
基本、「レスポンスは早く」をモットーに生活をしているので、携帯電話は肌身離さず。寝る時も枕の横に置いて、いついかなる時に電話がかかってきてもすぐに出られるようにはしています。

だから、電池が3時間持たないなんて考えられません。

決して、「絵文字に憧れていた」や「着うたに憧れていた」わけではないのですよ。

そして、変更した機種はSAMSUNG製。
そう・・・めっちゃ韓国製です。すげ~かっこいいのです。
今主流の、折りたたみ式・・・なんてもんじゃないのです。板チョコ並に薄っぺらい、テレビのリモコンみたいな携帯なの。韓国語に翻訳できる機能が付いているの。(使わねぇ~・・・)

しかも俺の欲しい色だけが見事に売れ残っていたの。(他は全て売り切れ)
嬉しいような、センスを疑われているような微妙な気分に・・・。

ともあれ、世は春です!!
携帯も一新して、さあ、これからもよろしくお願いします!!
じゃんじゃん電話かけて来て!じゃんじゃんね!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/362

『日常で良く使う単語 しつこくやります・・・』

2007年04月07日

さてさて、最後までやりますよ。前回に引き続き、

■な・・・「ない」「なりそうだけど」「何か」
■に・・・「には」「日に」「入社」
■ぬ・・・「抜けて」
■ね・・・「寝る前」「眠い」「ネクタイ」
■の・・・「脳みそ」「飲みに」「飲みましょう」

【総評】
「入社」は、そういうシーズンですな。う~ん、使った記憶があまりないんだけど・・・。「眠い」。はい、これは愚痴みたいなもんですね。メールでこの文章を打つ余裕があるうちは、まだまだ起きていられるのでしょう。「飲みに」「飲みましょう」。この言葉の前に「脳みそ」がきているのは、かなり不可解です。普段の会話で使うか?!「脳みそ」って。

「飲みに」「飲みましょう」は、最も良く使う言葉のうちの一つですな。最近、感じを「呑みに」「呑みましょう」に変えて使おうかと考えております。
少~しだけ、ワビサビな感じがしない??

■は・・・「早いと」「晴れると」「はい」
■ひ・・・「ひたすら」「ひとふんばり」「人と」
■ふ・・・「太ったかも」「府」「服」
■へ・・・「へい」「ヘビーな」
■ほ・・・「本当に」「ホテル」

【総評】
「晴れると」。この後に続く言葉は、普通「いいよね」、とかなんだろうけど、重度の花粉症持ちの俺としては「機嫌が悪くなる」と続きます。春の間だけね、毎日、雨が嬉しいのですよ。

「太ったかも」・・・これは、自分に常に疑いの目を持っている言葉ですね。最近、米を茶碗3杯くらい食べます。そんな生活してて、周囲の人に「太ったかも」なんて弱気な発言。至極、当たり前の現象ですな。

「へい」「ヘビーな」「本当に」「ホテル」・・・さて、今回もこの文章を無理やりつなげて言葉を作ってみましょう。

〔「へい」、ブラザー。聞いてくれよ。昨日ね、恋愛について「ヘビーな」相談を受けて、「本当に」へこんだよ。彼女は「ホテル」オーナーの娘のパリス・ヒ●トンなんだけど・・・。HAHAHAHA!!〕

になるかと。
う~ん、嘘も甚だしい。英語、しゃべれませんから・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/361

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)