無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ

« 2005年06月 | メイン | 2005年08月 »

『都会の凶器(狂気)』

2005年07月30日

先日渋谷をぷらぷら歩いていたときの話。

ある交差点で横断歩道を渡っていたら、バスがタイミング悪く通過しようとして前がつまってしまったらしく、横断歩道の上にまたがるようにして止まっていた。
「邪魔だなー」
と思いつつも、まあ都会によくある風景だなと思いながら通り過ぎようとした。
そのとき

バゴン!!

と鈍い音がした。

何かと思ってみると、バスの横っ腹に思いっきり”ケリ”を入れているやつがいた。
それも3発ほど。

さらにバスの後ろに回りこんで、バンパーにストンピングを、これまた3発!!
そいつのルックスは、髪型がわかめのような天然パーマ(ワカメちゃんじゃないよ)、
メガネに黒いブーツといういでたち。
一見オタク風。

俺の見たところ、あのブーツは安全靴だと思われる。
間違いなくつま先に鉄板が入っているはずだ!
バスは結構凹んだに違いない。

そいつはそれで満足したらしく、足早にその場を去っていった。
後に残された人たち(俺も含む)は狐につままれたような状態。
何が起こったのかよくわからない。

ひとつだけ確かなことは、バスに乗っていた人たちが一番びっくりしていたということだ。

俺の感想はというと「そんなに怒んなくたっていいじゃない」だな。
そんなに怒ってばっかりだと、持ちませんよと。
(なんだこのシメは)

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/98

『昨日今日のイベント』

2005年07月23日

REFUSE AND RESIST Vol.01終了!
来てくれた皆さん、出演してくれたバンドの皆さん、クレッシェンドの皆さん、本当にありがとうございました!

何かとバタバタしたけど、感想は「オモろかったな」です!!
Vol.02もやってしまおうかと企んでおります。
rsst.tv上で直接意見の交換をしていけば、もっともっと面白いイベントになると思ってるので、「こんなことをやってほしい」みたいな意見があれば、メールなりBBSなりでどんどん言ってちょうだい!!

リニューアルの感想も教えてください。
今後の参考にするので。

そして、自分たちで主催したイベントの次は、人が主催したイベントへ・・。
ということで、花火大会に行ってきました。

いやー、一人の客であることの気楽さ。
主催者の心配などなんのその。

道路は車と人が共存する、混沌とした地帯と化していましたよ、ええ。
車の人はまったく進まなくてイライラしていただろうが。

いいですね、花火は。
見上げているときは頭の中が完全に「真っ白」です。
口から出てくる言葉は「スゲェ」だけだしね。

「花火を見ているとき」ってのは、”日本に生まれてよかったと思う瞬間”の結構上位にランクインですよ。

この間、あるバンドマンが「俺、音楽やめたら、花火打ち上げる人になりたいんスよね~」と言っていた。
そのときは、(コイツかなり飛躍した発想の持ち主だな・・・)なんて思ってたけど、エンタテインメントという部分ではどちらも根本は一緒だななんて、改めて思ったりした。

あとはスイカを食えば今年の夏の満喫度は70%ぐらいまで上がるので、明日食べる予定。
ではまた来週。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/97

『気になる訴訟』

2005年07月16日

先日読んだ新聞の中に、すごく気になる記事があった。
それは、

映画「魁(さきがけ)!!クロマティ高校THE☆MOVIE」に無断で名前を使われたとして、プロ野球の元巨人選手ウォーレン・クロマティ氏(51)が、配給元のメディア・スーツ(東京)に公開差し止めを求めた

なはははは!
そりゃそうだ。
確かに自分の知らないところで自分の名前を映画のタイトル、(それもギャグ)に使われてたらびっくりするよな。

しかし「クロマティ」という名前は、アメリカでも珍しいんでしょうか。
仮に「魁!!TATSUYA高校」とかいきなりCMやってたとしても、「TATSUYA」なんて名前の人はわりといるから、多分俺は自分のことだと思わないでしょう。

しかしウォーレン氏は「クロマティ高校」の"クロマティ"が間違いなく自分のことであると判断しているわけで、それってちょっと自意識過剰?とか思ってしまう。

でも確かに日本でクロマティって言ったら、ウォーレンさんに間違いないんだけどね。
なんといっても名前の響きにパンチがありすぎます。
「クロ」と「マティ」だからね。
みたままですよね。
「名は体を現す」とはまさにこのことだ。

俺が小学生ぐらいのときはそれはもうスーパースターで、打つときの構え方が特徴的だったからよくマネをしたものだ。

最近はそういうエンターテインメント性を兼ね備えたスターみたいなのがあんまりいないから、ちょっと寂しいですね。
そういう人が出てくるとプロ野球ももっと盛り上がると思うんだけどね・・。

おっとなんだか話がでかくなってきたな。
まあ、この「魁(さきがけ)!!クロマティ高校」の作者も、この漫画をかき始めたときに、まさか訴えられるなんて想像してなかっただろうね。

案外、「俺も訴訟を起こされるぐらいBIGになったか~」とか言って、微妙に喜んでたりして・・・(不謹慎)

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/96

『オリジナルのマウスピース』

2005年07月09日

1ヶ月ほど前に、親知らずを2本同時に抜いたことを書いた。(6/11のコラム参照)その治療もひと段落したので、今度は顎関節症(がくかんせつしょう)の治療をすることにした。

「顎関節症」っていうのは、簡単に言うとあごの間接に何らかの異常がある病気で、日本でも最近結構増えてきているらしい。

俺の場合は、あくびとかで口を大きく開けると、”がくっ”っていう感じであごがずれるのです。
以前から気になっていたので、この際ついでだと思い歯医者さんに相談してみた。

「あの~、あごががくがくするのを何とかしたいんですけど」
「そうですね~では、寝ている間にはめるマウスピースみたいなものを作りましょう。」

マウスピース!?
ボクサーとかがはめるアレか?
もしやそれをはめると、いつもより3割り増しぐらいのパワーとスピードが出るのでは!?(グラッ○ラー刃牙参照)

と、いうわけでマウスピースを作るための歯形を取ってもらった。
何でもこのマウスピースみたいなものは「スプリント」というらしく、噛みあわせを少し浮かせて、あごの筋肉をリラックスさせ、変形してしまったあごの軟骨を元の状態に戻すというもの。

3日後、出来上がったものを受け取りにいった。
おお!カッコいい!!
透明なプラスチックでできた、自分の歯型そのものである。

自分の歯並びを客観的に見る機会なんてあまりないので、しばらく観察。
歯並びをじっと見ていると、自分の歴史を見ているようでなんだか感慨深い。

「この歯はアイツのシュートを顔面ブロックしたときに折れちゃったんだよなー」とか(嘘)

早速装着してみると結構しゃべりづらい。
微妙に出っ歯顔になってしまい、明石家さんまのモノマネをするときの原口あきまさのようになってしまう。

昼間もつけてもいいようなことも言われたが、電話でモノマネをしていると勘違いされるのはいやなので、とりあえず寝るときだけつけることにする。
さて効果のほどはいかがなものか・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/95

『クーラー壊れる』

2005年07月02日

クーラーが壊れたー!!!

まだ夏も序盤だというのに、もう力尽きちまった。
最初は冷たい風が出るんだけど、ちょっとすると人肌程度の温度のぬる~い風に変わるというなんとも不親切な感じ。

もともとクーラーはあまり得意なほうではない俺。
「夏バテを防ぐには、体を冷やさないこと。だからクーラーは使わない」というようなことが、昔読んだ「王貞治物語」に書いてあって、”なるほど”と思ってなるべくクーラーを使わないようにしていた。

だがしかし、最近はただでさえ暑いし、俺の部屋は西向きだから、午後になると西日が”これでもか”と差し込んできて、それこそ地獄のようになるのである。

王さんには悪いと思ったが、今のうちに直しておかないと、これから来るであろう夏本番を乗り切れるはずがないと判断し、電気屋さんを呼んで見てもらった。

「室外機がですねー、最初は調子いいんですけどねー、途中で止まっちゃうんですよねー。」
とのこと。
室外機に調子のいい悪いもないだろうと思って説明を聞いていたが、何でも俺の部屋のクーラーは結構古いものらしく、室外機自体が35℃以上になると止まってしまうらしい。

35℃をこえたら使えないクーラーって・・・。
パーティーの時にコルクが抜けなくて、どうにもならないワインみてーだな(?)
まあとにかく使えねー!ってことですよ。

こりゃついに冷風扇(6/18のコラム参照)の購入を検討せねばならないか?
と思ったが、電気屋曰く
「大家さんと相談してきます」
むむ・・頼むぞ!

数分後・・

「とりあえず、来週エアコン自体を交換することになりました」

おお!ビバ大家!

最新のものになるようです。
ぴちょんくんか?
来週が楽しみだ・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/94

『毎年恒例・野外の宴(フェスじゃないよ)』

2005年07月30日

毎年恒例のね、『川でバーベキュー』に行ったの。

去年は、ド~ンとお酒の買出しに行ったり、色々と頑張ったりもしたのですが(コラム 2004/7/17参照)、今年はもう駄目ね。

一年を経て、思ったより無精者になってしまったらしく、お酒の買い出しも行かなきゃ当日のバーベキュー作りにもヤンワリとしか手をつけない始末・・・。あげくに、帰りの車内では爆睡の宴。

いやぁ~快適快適(笑)。

そして何と、去年にはいなかったちびっ子が今年から参戦!!まだまだ歩く事も出来ないし、喋る事も出来ないので、ベビーカーに揺られながら、美味しそうなジュースをゴクリゴクリ。

まぁ~可愛いじゃない(笑)。

俺の友人が、やたらとその子(女の子です)の目がキレイだとか、クチビルが可愛らしい、とか艶かしい事を言っていて、満一歳にも満たない赤ちゃんに何を『女』を感じてんだよ!!みたいな(笑)。

いや、あの目は正直危なかったよ。
近づけちゃいけないオーラがプンプンしてた(笑)。

そして今年も毎年参戦のちびっ子1号・2号と楽しく遊んで参りました。聞けば小学校1年生と幼稚園のさくら組らしい・・・。俺はもも組だったぜ!!

何か、当たるとやたら痛い水鉄砲で打ち合いの末、俺の私服はビチョビチョ・・・。それを見てはしゃぐちびっ子どもに俺がやる気を出そうとすると、ちびっ子どもは飽きて「川にダムを作ろうよ~」などと言い出す始末・・・。

はいはい・・・ダムね、ダムダム。

岩を並べて穴を深く掘って、ちゃんと水の通り道も作って、さぁここに何を入れようか、などと考えていたら、ちびっ子どもは「ねぇねぇ、釣りをしようよ~」・・・。

世界は子供を中心に回っているのね・・・(笑)。

ま、何はともあれ今年も地元恒例のバーベキュー大会は事故もなく楽しく終了。

来年は、ちびっ子どもに目にものを見せてやるぜ(主に大人のダンディズムを・・・)。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/273

『昨日今日・静と動と俺の触れ合い』

2005年07月23日

rsst.tv主催の初イベント、『Refuse and Resist Vol.01』が晴れて終了!!

いやはや、なんだかんだ言って、5月位から企画自体はスタートしていて、クレッシェンドさんとバンドさんとユルユルと連絡を取り合って、ようやくこぎ付けた感じですな。

あまり長くおしゃべりもくどいので、二言三言で締めます(笑)。

いやぁ、お客さんの皆様、ギュウギュウ詰めで大変だったね。これからもっともっと皆様が伸び伸びと楽しめて、スタイリッシュかつグルーヴィー(?)にテンションを上げられるイベントにしていきますので、よろしくお願いします!!

色んな課題も浮き彫りになってきて、俺は次に向けての期待感でいっぱいですぜ!!もっと良くしてやろうってね!!

出演バンド様各位!!
またやりませう。いや全く、またやりませう(笑)。
もしよろしければ懲りずにまた出演お願いします!!

・・・って事で、イベントの次の日、俺は癒しを求めて再び品川へ行って来ました。目的は、CANON S TOWER内のフォトギャラリー『未来の地球へ!』展を見に・・・。

素晴らしい自然の数々。
動物や植物、人工物や各地の子供たちの姿や現状が、大きなフォトパネルにリアルに映し出されていました。それはもう、どんなCGよりも精密で緻密な造詣物だと感じました。作品を撮影したフォトジャーナリストの桃井和馬さんもギャラリーにいたので、恐縮ながら軽くお話を・・・。

世界に目を向けて、広い視野で深く深く・・・。
そんな事を考えているのかと思ったら、理由は至ってシンプル『きれいだったから』『伝えなきゃいけないと思ったから』。

行動に移す為に必要な要素は、『好奇心』と『探求心』だと思いました。それであんなに素晴らしい写真が撮れるんだから、ねぇ。

昨日今日で、静と動の空間を体験できました。
静はフォトギャラリー
動はイベント

俺は、二つとも好きだなぁ(笑)。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/272

『深夜パサパサブロック牛肉』

2005年07月16日

こりゃあ、まいった・・・。

深夜3時、俺はハイクオリティかつバイオレンスな激務に次ぐ激務の為(大嘘)、食事も丸一日採っていなくてクタクタのヘロへロであった。

水分の摂取量もままならず、空腹と枯渇した身体を満たす為、都会のオアシスである某チェーン経営レストランに命からがら駆け込んだのである(大げさ)。

目指すは『肉』。
肉、そして肉、さらに肉である。

レストランではハイグレードなビフテキ(今時言わない)や大ぶりのフライシュリンプ(エビフライね)が高品質な画質でジューシーに表示されている。

もう、迷わず『ビーフステーキ丼』でしょう。
そしてドリンクバイキング(基本、水っ子)。

枯渇した喉を潤わせて、ナイフとフォークをトントンとテーブルに突きながらお行儀悪く食事の催促。

待つ事20分程・・・。
焦らし焦らされ恋焦がれ。

ようやっと来た『ビーフステーキ丼』!!
遅い!!でも来たから食らい付く!!

ま、まずい!!!!!!!!!!!!!!

なんじゃあ、このまずさは??!!

何か、口に合わないとかそういうレベルではない失敗作が登場したのである。

1.味が基本的にない(わさびが強すぎる・・・)
2.肉が硬い(ゴムというより、パサパサブロック)
3.米がべチョべチョ(最初、リゾットかと思った)
4.無駄に熱すぎる(舌が痛い・・・)

滅茶苦茶である・・・。
涙をかみしめ、栄養(?)と割り切って咀嚼。
切れる気力も起こらん程の疲弊により、虚ろな瞳でムシャリムシャリ・・・。

某レストラン、お気づきのそこのアナタ!!
一度食べてみて感想聞かせて。
これが調理マニュアル通りなのか、それとも失敗作なのか・・・ねぇ・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/271

『びしょびしょ紀行』

2005年07月09日

広島に行ってきました!!
先週の木・金・土の三日間で行って来たのですが、思ったとおり『広島は雨』でした・・・。

いや何ね、とある学校のホームページやら何やらを制作するのに、生徒さんの写真を撮りに行っていたのだよ。カメラマンさんもご一緒に。

木・金は仕事のお話しか出来なそうなので、ポイ!!

特筆すべきは最終日、土曜日の『早朝魚釣り大会』なのです!!そりゃあもう、朝の6時から宿泊先のすぐ向かいにある海へ直行。

途中、釣具屋のじいちゃんにて針や錘、餌などを購入するのだが、じいちゃん、目の前に電卓があるのにもかかわらず、ペラッペラの紙に一生懸命足し算の計算式。しかも、店においてあるアイテムの価格が分からないらしく、料金表と見比べながらの計算である。

曰く、ここのじいちゃんは十年以上このスタイルらしい・・・。どうやら価格を覚える気は全くないらしいね・・・。

しかも、同じプロ野球選手の色紙が何故か4枚ある。全部、微妙にタッチが違うの・・・。

恐るべき、広島釣具屋!!

さて、そこから五分もかからない防波堤にて釣り開始。『岩イソメ』という奇妙生物を使って釣りをするのだが(ミミズを百倍グロくして、キバ付けたヤツ)、これは慣れていないと中々、触るのを躊躇させられる生き物なのである。

これを指でプッチンプッチン切って、釣り開始!!むむ・・・雨が・・・降ってきたなぁ・・・。

まぁ、五月雨くらいならいくらでも!!
・・・いや・・・雨粒が次第に大きく・・・おおっとぉ?!手に魚の震える感触が!!引け!!引けぇ~~~!!!

三匹チョコンと一網打尽(針が3つついてるの)。

喜びもつかの間、雨が~~!!
撤収!!!後片付けもせずにとりあえず車に避難。勢いは増し、前方が見えなくなる位・・・。

・・・という感じの
びしょびしょ広島紀行でした。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/270

『陸で海中バーチャル』

2005年07月02日

品川の『EPSON AQUA STADIUM』という水族館に行って来た。

たまには俺も青が青々とした空間に浸っていたくなるのである。普段「ギャオ~」とか「グギャ~」って音楽を良く聴いているから、こういう空間にいるととても落ち着く。

とりあえず、ペンギンを見たい気持ちを抑えて小魚から。生きているシラスを見て、踊り食いたいと思う。
次に、ペンギンを見たい気持ちを抑えて回遊魚を見る。光モノはあまり美味しそうじゃないな、と思う。
さらにペンギンを見たい気持ちを抑えて、伊勢海老を
見る。プリプリの身が詰まっているんだな、と思う。

ヨダレが・・・。

いやいやいや!!
そんな食い意地を発揮する為にここに来た訳ではないのです!!目的は「癒し」です。「いやしい」ではありません!!

・・・というわけで、はやる気持ちを満たすべく、いざ、ペンギンのいるフロアに駆け足!!

むむ?!そ、そこにいるのはマンボウさんじゃありませんか?!しかも水槽の中に一匹だけ入れられて・・・。顔色一つ変えずに、腑抜けた顔をキープ!!

ペンギンへの通り道にこんな危険なトラップが仕掛けられているとは・・・。おかげで十分ほど、ここで足止めをされるはめに。・・・三回位目が合った。あいつ、俺に気があるな。

ゆっくりもしていられない。
早くペンギンのフロアに行かないと。なぜなら、早く行かないとペンギンがベンジャミンに変わってしまうから(意味不明)。ベンジャミンはわがままだから嫌いだ(さらに意味不明)。

・・・そしてペンギンのフロアに到着!!
うおおおおおおお!!!!かわいい!!!!
か、かわいいいいいいいいいいいい!!!!

あいつら、完全に「可愛さ」のツボを心得た究極の生物である。もはや水族館や動物園の枠を超えた、マルチメディア・ファンシーアニマライズである(もう意味不明)。

ってな感じで、すっかり癒されておかしなテンションで帰途に着きましたとさ。あぁ、ペンギンをペットで飼いたい・・・。なつくんだろうかぁ・・・。気になるなぁ・・・(くどいしキモイ)。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/269

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)