無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ

« 2005年05月 | メイン | 2005年07月 »

『学ランでハッスル』

2005年06月25日

暑いなー!TATSUYAです。

俺は色が白いので、海というものは画的にまったく似合わないんだけど、「夏」というものはどちらかというと好きだ。

汗だらだらかいているときの「あー、俺汗かいてるなー」っていう感覚が結構好き。(きもい)
汗は中途半端にかくと気持ち悪いけど、それこそ水をかぶったようになるまでいくと気持ちがいい。

あと”暑い”のは人が思っているより平気だ。

なぜ暑いのが平気かというと、俺は高校の時”応援団”をやっていて(ちなみに団長)、真夏のクソ暑い時期に学ランを着こんでハッスルしていたからだ。

応援団の活躍の場は、主に野球場のスタンドだが、当然屋根なんてものはないので、日当たりはサイコー。
気温なんて結構40℃とか超えちゃったりするんだけど、その地獄のような状況の中でふと「あれ、思ったほど暑くねーな」と思ったのである。
そのとき俺の頭の中では、エンドルフィンが出まくっていたに違いないが・・・。

炎天下で学ランを着るのも、最初は”死んでしまう!”とか思うんだけど、ある一線を越えるとまったく気にならなくなるものなのです(断言)!
下手にタンクトップとか来て、肩をジリジリと焼かれるより、長袖を着たほうがかえって涼しいというウソのようなホントの話。

きっと年中皮ジャンを着てライブをやる某バンドも、同じような心境だと思われる。

俺は人一倍汗かきで、肌がつるつるだというのもよく言われるが(自分で思っているわけではない、あしからず)、その原因はこの応援団時代に汗腺が開ききったためだと推測される。

これは女性にオススメしたい。
名づけて「学ランでお肌つるつる健康法!」

今週のあるあ○大辞典あたりで特集されそうだな、うむ。
全国の学生服専門店で学ランが品薄になるであろうことは想像に難くない。

あー、なんか無性に学ランが着たくなってきたー!
ではまた来週。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/93

『夏のがんばり屋さん』

2005年06月18日

チワッス、TATSUYAでっす。
暑くなってきたので、扇風機を出しました。

俺は個人的にこの「扇風機」という奴が好きだ。
最近は「冷房があるから、扇風機は持ってない」などという輩が増えたが、俺なんかは「何ともったいない」と思ってしまう。

なぜ扇風機が好きかというと、「扇風機」自体ががんばっている感じがするからだ。
「強」にしたときは、それこそ羽根が吹っ飛びそうな感じでかなりがんばっている。
「首ふり」なんてやらせた日には、首を左右に振り振り、もう必死そのものである。

あとは、爽快感。
風呂上りとか運動した後とかに、扇風機のまん前に仁王立ちで風を正面から受けたときの気もちよさったら、ダーツで真ん中に命中させたときと同じぐらいの爽快感だな。
アイスを食べるのは、風邪ですぐ溶けちゃうからNGだが。

暑くて寝苦しい夜なんかは特に重宝する。
クーラーをつけっぱなしで寝たら、たいてい風邪引くし、朝起きたときにのどが痛くなってるのが世の常です。
そんなときは「リズム風」で、優しい風を浴びながら眠るのがよろしい!!

「扇風機の風を直接当たって寝ていると体に悪い。」
というようなことも聞いたことあるが、クソくらえである!!

なぜかはよくわからないが、我が家のくう(猫)が扇風機の足元が好きで、よく寝転がっている。
寝転んでいる体がボタンを押してしまって、強さを変えられたり、止められたりしてして困っている。
知人の飼っている猫も、扇風機の足元が好きだといっていたから、「扇風機」には猫をひきつける何かがあるのかもしれない!
それがわかったところで何の役にも立たないけどね。

最近は水とか氷で冷やした風が出てくる「冷風扇」なるものが出ているらしい。
う・・ちょっとほしいかも・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/92

『怒涛の2本抜き』

2005年06月11日

親知らずを抜いた!
2本も!

1年ほど前に、親知らずのことを書いたが(2004/6/19のコラム参照)、右の下の奴がこの1年の間にじわり、じわりと成長を続け、とうとう他の歯を傾けるまでに至ったので、歯医者に行って様子を見てもらうことにした。

医者:「とりあえずレントゲン撮って見ましょうか」
おとなしくレントゲンを撮る俺。

医者:「あ~、これは抜くしかないですね~」
予想はしていたが、少々動揺する俺

医者:「ちなみに上の歯も変な方向に生えてますから、一緒に抜いてしまいましょうか(朗らかに)」
げっ!!ヤブヘビ!!
動揺を隠せない俺

俺:「そ、そんなにすんなり抜けるものなんですかね・・・?」
医者:「一本も二本も、そんなに変わらないですよ」
なんという暴論!

殺人犯が警察に追い詰められて、
「1人殺すのも、2人殺すのも一緒じゃい!!」と開き直るのと同じ理論(?)

かくして2本いっぺんに抜かれてしまいました。
俺の感想は「麻酔ってすごいな!」です。

医者がこん身の力を込めて歯を抜いているのはなんとなく伝わってくるんだけど、感覚がないから
・がんばる医者
・意外と冷静にそれを見ている俺
みたいな不思議な構図が出来上がっていた。

一番痛かったのは、口をぐいぐいひっぱられたところかな。
麻酔が切れた後の地獄感はご想像にお任せします。

この1週間ぐらいは、左側の歯だけでものを噛んでいるので、食べるときに顔が微妙に傾いている。
ブリっ子(古い)みたいでちょっといやだ・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/91

『うっとおしい季節』

2005年06月04日

先週に引き続き、雨に関する話。

「梅雨」つゆ、ばいう。
と2通りの読み方があるが、何で「梅」なんだろう?という疑問が浮かんだ。
梅の季節って3月から4月の春先ぐらいじゃねーのか?

そこで調べてみると2通りの説が存在するらしい

・中国では、黴(かび)の生えやすい時期の雨という意味で、元々「黴雨(ばいう)」と呼ばれていたが、カビでは語感が悪いため、同じ「ばい」で季節に合った「梅」の字を使い「梅雨」になったとする説。

ぐえっ!!カビの雨で「黴雨」!
これはキツイ!そんな雨に降られた日には、体のいたるところが腐敗して死んでしまいそうだ。酸性雨なんて目じゃねーぜ。
ナウシカの「腐海」にも似た響きだと思うのは俺だけか?
「カビでは語感が悪いため」ってのはおっしゃるとおりだと思います。

・「梅の熟す時期の雨」という意味で、元々「梅雨」と呼ばれていたとする説がある。日本で「つゆ」と呼ばれるようになった由来は、「露(つゆ)」からと考えられるが、梅の実が熟し潰れる時期であることから、「潰ゆ(つゆ)」と関連付ける説もあり、梅雨の語源は未詳部分が多い。

梅の実が熟してつぶれるのは6月ぐらいだそうな。
俺が思っていた「梅の季節」っていうのは、梅の花が咲く季節だったから、ちょっとずれてるわけだ。
「潰れる」→「潰ゆ(つゆ)」ってのはちょっと無理があるような気がするが。

まあ、どちらにせよこの季節ってのはほんとにうっとおしい。
まず傘を持ち歩かなきゃいけない。
片手が傘に占領されてしまうと、荷物をいろいろ持っていたりすると、電車の改札の前でいろいろ持ち替えたりして、人の流れを乱してしまう俺がいる。

あとは電車の中のあの「むわっ」とした湿気の感じは、俺の嫌いな空気ランキングの上位に食い込む勢いです。

北海道には梅雨は存在しないというけど、なんともうらやましい限りです。
でも冬にあれだけ雪が降るのも大変だよなー(他人事)。

とにかくこのうっとおしい季節が早く過ぎ去るのを願っているTATSUYAでした。
ではまた来週。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/90

『漆黒の憂鬱』

2005年06月25日

先日、車をブ~ンッと運転していた所、道のど真ん中に真っ黒なカラスがいらっしゃいました。

車が近づいてきたらどこかへ飛んで逃げるだろう、とタカをくくって、若干スピードは緩めながらも止まる事はしませんでした。

結果・・・グシャ・・・。

嘘です・・・。轢いたりしてません(笑)。
カラスはなかなか道の真ん中から動こうとはしなかった為、車は直前でブレーキ。それにもかかわらず、カラスはこちらを見ようともしない。

まぁ都会のカラスが人間を怖がらなくなった、ってのは良く聞くけど、ここまで恐れを抱かないものなのか?!と思い、クラクションを鳴らす。

■起こった現象
  向かいの家のば~さんが出てきた。

パルプンテかい(ドラクエ参照)!!
カラスはクラクションにも動じず、ヒョコヒョコと道の真ん中を狭い範囲で移動するだけ・・・。車に対して、道はめちゃくちゃ細いから、そいつを避けて通る事は不可能・・・。

とりあえず車を出る。
パルプンテによって登場したば~さんと軽く打ち合わせ。名案を思いついたらしいば~さん、家から食パンを持って再度、登場。

俺、期待(わくわく)。

ば~さん、食パンをちぎって道の隅っこの方にカラスを誘導。しかし、カラスは食パンに焦点を合わせるものの、微動だにせず。かくして、ば~さんの名案は開始3分ほどで暗礁に乗り上げる事になる。

どうやら、そのカラスは目が見えないらしく、空を飛ぼうともしないのを見て、羽根も使いものにならなくなっているのかと・・・。

こ~なったらもう、若者の出番でしょう。

両手でカラスを『ヨイショッ』って掴んで、優しく道の脇にあるちょっとした畑に避難させる。あまり怖がっている素振りを見せないので、ちょっと可愛い・・・。意外とあっけなく問題は解決(笑)。

かくして、カラスとば~さんと俺の三人(二人と一羽)
は男塾に通じる深い友情を胸に刻んで、それぞれの帰途についたのでした。チャンチャン!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/268

『これ、楽器屋さんは関係ないよね』

2005年06月18日

楽器屋さんに行った。

渋谷の某ショップであるが、入り口で『抽選会』をやっている。聞けば、感謝祭、みたいなものらしい。
入り口に立った時点で、抽選のクジを渡されるのだが、そこで第一弾の違和感。うん?何も買わなくても抽選出来るんかい?だったら、楽器好きじゃなくても入り口に立つだけで、誰でも抽選会が出来る事になるよねぇ?

ま、そんな小さな疑問は置いといて店内を物色。
お目当ての『フカフカしたギターケース』を購入する。ソフトケースなんだけど、中がフカフカで入れても傷が付かないヤツね。

買い物を済ませて店を出ようとすると、入り口で渡された抽選会のクジを引いて、とキレイなお姉さんに引き止められる。

ほうほう。引いてみるよ。

・・・ジャジャン!!二等賞!!

抽選会のお姉さん:『わぁ、凄い!!皆さん、拍手~。ここの掲示板にお名前が書かれますよ!!本日、二人目ですよ!凄いですね!!
・・・そんなに・・・嬉しそうじゃないですねぇ?』

俺:『いや、そんな事ないですよ。で、何をもらえるんでしょう・・・?』

出てきたのは『家庭で聴ける有線チューナー』
う~ん、やはり・・・。

説明を聞くと、初期費用はかからんが毎月5,500円はかかるとの事。でも、みんな喜んで契約する、との事。これ、新手のセールスなんだってね。友達がね、引っかかって有線を家に入れちゃってお金毎月払わされてるの。

「家で有線聞きたいっすかねぇ・・・金払って。」
お姉さん・・・無言・・・。

その時の俺の目は、今までになく『ドロッと』してた事でしょう。当然、契約せずに帰宅。

あ~あ、あれ、ほとんど二等なんだろうな~!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/267

『あなたが悪いんじゃないのですよ・・・』

2005年06月11日

金曜日、仕事の帰り道である渋谷駅構内での出来事。

俺はいつも通り、生気が7割位抜けた表情でウツラウツラと構内を歩いておりました。たいていはまっすぐ歩かずに右に左にヨレヨレと歩いているのですが(こうやって歩くと人ごみにぶつからない(笑))、ふとした瞬間に足のつま先に激痛が!!

「ひゃあ、痛い!!」

瞳孔を開けるだけ開いて、思わず声に出して激痛を表現する。

どうやら、すぐ目の前にいた女性の方がガラガラと持っていたキャリーバッグに足を思いっきり引かれたらしい。女性の方はそんな俺に気付かず、スタスタと抜群のプロポーションをなびかせて足早に先を急ぐ。

さて、ここまでは良くある話(あるか?)。
ここからが問題である。

当然、俺は生気が7割位抜けた状態なので、たいした怒りも湧き起こらず、「あぁ、気付かなかったんだろうな~」位で、後はいつもの日常に戻るはずだったのです。

・・・しかし!!

ここだけで話は終わらない。
何故かその時にすぐ俺の右横に居た男性が、俺に寄ってきて

「大丈夫ですか?!すいません!!あぁ、すいません!!不注意ですいません~!!」

・・・何故・・・あんたが謝るのだ?
ってか、あんた誰だ?

その男性のあまりの見事な謝りっぷりに、俺は「あなたの勘違いですよ。あなたじゃないですよ。」とも言えず

「あ・・・、う~・・・あ~・・・。」

キャリーバッグの女性はすでに見えなくなっているのに、ここで繰り広げられている二人のこのやり取りは何?

とりあえず、よく分からんが
「ありがとうございます。」って言ってその場を早々に離れました。

何だよ?!「ありがとうございます」ってよ(笑)!!
・・・帰宅途中のウォームハートな(どこが?)小劇場でした・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/266

『初めて車にお金をかけてみた』

2005年06月04日

さて、世の中は「サッカ~」のバ~レ~ン戦に夢中の皆様。私、全く興味がございませんので、その件については全く触れずに今週のコラムを書かせて頂きまする。
そう、カーナビを取り付けました!!
どこに?・・・阿呆か!!車に決まってるやろ!!

誰も好き好んでチャリにカーナビは取り付けんのです(てか不可能だな)。

このカーナビ、友人から11万円で売ってもらったのだが(生々しい数字!!)、取り付けはやはり業者さんに頼まなければ不安だ、という事で、今週の土曜日を利用して行ってきましたよ。

その前段階、色々な板金屋さん、車専門のストア、果ては中古車屋さんにまで色々電話をして、カーナビ取り付けの相場を聞きまくる。

それによると、どうもカーナビの取り付け工賃に相場はないらしい、「おいおい、それって適当じゃね~のかよ?!」みたいな価格を提示してくるお店もいくつか。

■取り付けには1日車を預けてもらって、価格は5万円 ですねぇ(カーコン○ニ倶楽部.A)。

■取り付けは即日で、価格は2万5千円ですねぇ
  (カーコン○ニ倶楽部.B)

待て待て。
同じ会社なのになんで値段と納期が違うんだよ?!チェーン店じゃねぇのかい?!

■持ち込みのカーナビは土日は取り付けの受付をしてお りません。ちなみに、平日は即納で4万円です。(オート○ックス)

なかなか、安上がりに仕上げてくれる所はないのねぇ・・・。そんな時、ふと頭に「俺が車を買った時にアホみたいにニコニコしていたお店の人の顔」が浮かぶ(長ぇ!!)。

即効で電話。
何と、

■取り付けは2時間もかかりません。価格もその機種なら4千5百円で大丈夫ですよ(ニコニコ)。

神様・・・。俺の見る目は間違っていなかった。
あのニコニコした人は、いつか車業界の生き仏様と呼ばれる事でしょう・・・。

って事で、方向音痴の俺とはもうおさらばなのです!!
誰か一緒にドライブ行こう(笑)!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/265

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)