無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ

« 2005年04月 | メイン | 2005年06月 »

『雨の男』

2005年05月28日

突然だが、俺は「雨男」である。
何か屋外でのイベントがあると、結構な確立で雨になるのである。
自分では雨が嫌いなのだが、なぜかそうなってしまう。

昔やっていたバンドの初ライブの日に、東京に記録的な大雪が降り、せっかく呼んだ友人たちから「電車が止まったので行けない」という、対処のしようがない連絡をたくさんもらったものだ。
一面真っ白になった下北沢の光景は今でも忘れられない。

そんなだから、友達とどこかへ遊びに行くときなんかに雨が降ると、ひそかに心の中で
「みんな、スマン・・・」
とか思っていたりする。

ドラえもんの道具に「雨男晴れ男メーター」というのがあって、人の「雨男、晴れ男度」がわかるんだけど、それによると、
・のび太・・・-2(軽い雨男)
・ドラえもん・・・+1.5(晴れ男)
ということで、ドラえもん曰く、「ぼくら二人がでかければ、マイナス0.5。ほとんど、お天気に影響ないってこと。」とのことです。

すごいですね、足し算引き算で計算できるというなんともシンプルな発想。
俺も測ってみたいものだが、実際に数値で表されるとヘコみそうだよな。

ドラえもんの中では、
・のび太のパパ(のび助)・・・-8.5(強力な雨男)
ということで、ダントツのNO.1なわけだが、俺も意外と負けず劣らずなのではないかと思う。

この理屈で行くと、俺の「雨男」度を帳消しにするような「晴れ男」を探して、常に行動をともにすれば問題ないわけだ。
そういえばJUNPEIと行動するときは割と”晴れ”ているような気が・・・。
おそらく奴はジャイアン並(+10という強力な晴れ男)の晴れ男に違いない!
うらやましい限りである。

何とか晴れ男になりたいものだが、何をどう努力すればよいのか見当もつきませんね。困った。
頭の中を晴れやかに(脳天気)しておけばいいのでしょうか・・・。

とりあえずは、これから梅雨の時期だから、俺の「雨男」パワーもいくらかまぎれてごまかされるから気が楽だ。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/89

『切れないチューブ』

2005年05月21日

ハロー、TATSUYAです。
常々ダイエットを心がけ、やせたのはいいんだけど、鏡で自分の姿を見たときに
「ガリガリくん!?」
と思ってしまった(大げさ)

そこまでガリガリなわけではないけど、俺は昔器械体操をやっていたから、そのころの胸と背中は、なかなかどうして立派なものだった(はず)。
その胸や背中に生息していた「きんにくん」たちがどこかへ引っ越してしまったようで、あまり男らしいとはいえない体つきなわけである。

そこで、「きんにくん」たちを呼び戻すべく、購入したのが

「セラチューブ」

なるトレーニング器具。
こいつはすごいぜ!!持ち運びも簡単!場所を選ばずどこでもエクササイズ!
負荷の調節も思いのまま!

どんなハイテクな機器かというと、早い話がゴムのひもです。
足で踏んづけて引っ張ったり、どこかに引っ掛けて引っ張ったり、使い方次第で、体のどこの場所でも鍛えられるという優れもので、リハビリとかにも広く使われているというもの。

ゴムのひもといってもただのゴムではなく、耐久性はかなりある。
最初は
「引っ張ったらゴムが途中で切れて、お笑い芸人がよくやるような面白いことになってしまうのではないか」
とビビリながら引っ張っていたが、これがかなり伸ばしても、ぜんぜん切れそうな気配がない。
さすがである。

欠点はトレーニングしているときにゴムの端っこがヒラヒラして、猫がじゃれついてしまうことと、
使用した後、手がゴム臭くなってしまうことかな・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/88

『経済を読む少女』

2005年05月14日

先日電車に乗っていたときの出来事。

隣に家族連れが座っていた。
両親と男の子、女の子。

どうやらサッカーの試合を見てきた帰りのようで、男の子のほうはひいきのチームのユニフォームを着ている。
女の子のほうはユニフォームは着ていないが、小脇に「キティちゃん」のピンク色のかばんを抱えていた。
年齢は小学3年生ぐらいだろうか。

女の子がその「キティちゃん」のかばんから何かを取り出そうとモゾモゾ動き始めた。
「手帳」とか「鏡」とか、そういうファンシー的なものが出てくるのだろうなと思って何気なく見ていたのだが、その少女がおもむろに取り出したのは

「日本経済新聞」

目が点である。
コンパクトに折りたたまれた「日本経済新聞」が「キティちゃん」の中から現れたのである。
4コマ漫画でも読むんだろうなと自分を納得させた瞬間、その子は「社説・春秋」のコーナーを熱心に読み始めたのである!
なぜか敗北感が俺の胸に去来したのは言うまでもない。

自慢じゃないが俺は一人暮らしを始めてからというもの、新聞を購読したためしはない。
「先週青森から上京してきて、今日契約が取れないとクビになっちゃうんです」
という勧誘員の泣き落としにも
「ああそうですか。」
といってドアを閉めるという徹底ぶりで、新聞の購読は拒絶してきたのである。

たまに読むのはスポーツ新聞で、チェックするのはサッカーとプロレスのページのみ。
小学生のころの俺にとって、新聞紙は「お茶碗を買ったときに包むもの」以外の何物でもなかった。
いかん・・・惨敗だ・・・。

そんなことを考えていたら、その少女は「日本経済新聞」を「キティちゃん」の中にしまい、電車を降りていった。
未来の大物って、こんな感じなんでしょうかねぇ・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/87

『下世話な観光名所』

2005年05月07日

皆さんゴールデンウィークはいかがでしたか?
俺は熱海に行って来たぜ!

静岡出身の人間が、静岡県内でなにやってんだ?
と思ったあなた、甘いです。

静岡県は東西に長く、俺の出身の「浜松市」はその中でも西の端っこに位置している。
したがって、「伊豆」とかになると、もうぜんぜん未知の領域なのです。
(家族旅行で伊豆に行ってしまうぐらい)

で、今回はペンションに泊まって、
・テニス・・・足がまったくついていかない→筋肉痛
・舟盛り・・・マジでうまかった
・温泉 ・・・貸切風呂が基本的に早いもの順なので、さまざまな汚い手を使って順番をゲット!

などなど「これでもか!」というほど堪能した。
・コンビニが異様に遠い&道のりが恐ろしく急な坂道
というのも今となっては楽しい思い出。

翌日行ったのが、噂に名高い

「熱海秘宝館」

である。
行ったことある人や、TV、雑誌で紹介されているのを見たことある人もいると思うが、ここはスゴイよ。

終始、下世話、下世話のオンパレードです。
どのくらい下世話かというと、知らないうちに口調が
「ゲヘヘ、あっしはね、・・・でゲス」
に変わってしまうほど下世話です。

詳細についてはあまり述べませんが、こういうものが観光名所として成立しているうちは、日本はまだまだ平和だなー、などと考えてしまった。

特筆すべきは、売店のおばちゃんが干物とかの試食をすすめるときに、「これも食べなさい!」という命令口調だったことだ。
ではまた来週!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/86

『失い劇場』

2005年05月28日

今週の木曜日、二つのモノを失いました。

まず一つ、『ピアス』です。
結構気に入っていたものなのだが、トイレでふとした瞬間に、排水溝に吸い込まれていきました。手を伸ばせば届く距離だったのに・・・守ってやれなかった・・・(笑)。

・・・あっさりと心を入れ替えて、今は新しいピアスを付けています。でも、前の方が良かったなぁ(泣)。何かね、デザイナーものだからもう売ってないのさ。この機会に新作を買おう!!【かすう工房】のシルバーは和の雰囲気で癒し効果も倍増!!(何だこれ)

さて二つめ、『ピアス』を排水溝に流してしまった後、職場から家に帰ろうと最寄りの駅に降りた所で悲劇が!!

チャリがない・・・。

そうです。自転車泥棒に遭いました。
これも結構お気に入りの『折りたたみ自転車』でコンパクトかつキュートな愛用車だったのだが、朝置いていた所がポッカリと空白に・・・。

今の所、まだ身代金の要求は来ていません。
額にもよりますが、3,000円までだったら払うから、早く返して!!泥棒さん!!

ちなみに、愛用の『折りたたみ自転車』、チェーンのカバー部分に大きく【HIPHOP】って太字で書いてあります・・・。こいつが恥ずかしかったんだが、なくなってから始めて気付くその大切さ・・・。

・・・とまあ、一日で毎日使用していた物を二つ失った訳ですが、『二度ある事は三度ある』、あと一度に最善の警戒をはらって生きていこうと思っている所存です。

とか考えているうちに、昨日はお気に入りのHDDプレーヤー『ギガビート』君を食べ物屋さんのカウンターに置き忘れて帰りそうになりました・・・。

ああ、恐ろしい。ジンクスって・・・。

今週の土日、何が起こるか分からないので、家の中で引きこもっています・・・。電話は受け付けます!!

では、また!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/264

『rsstスタッフの悲劇』

2005年05月21日

さて、今回はrsst.tvスタッフのSHINTAROという人物についての雑多なコメントを書かせて頂こうかと思う。

普段から、rsst.tvの撮影~編集、または様々な部分での企画段階から関わっている男なのだが、今週の火曜日あたりから入院をしているのです。

命に別状はないのだが、色々と切ったり留めたり(?)するので、本人はとてもビクついている。医者の弁だと、「手術後は痛みのあまり気絶する患者もいる」という事らしい。

いや、まったく心配な限りである。

何が心配って、手術もそうなのだがそれ以外にも理由があって心配なのである。

SHINTARO、今年は恐ろしく厄年らしいのだ。

実は入院自体は、今年の三月には始めていて四月には退院しているはずなのだが、三月に一度予定通り入院をした所、二日後に何と39.5度の高熱を出してしまったらしい。

普段、熱とは無縁の男がこのタイミングで、しかも貧血まで起こして立てなかった位。輸血用の血を毎回抜き取っては、手術用に備えていたのだが、この高熱のせいで輸血の血が使えなくなってしまった(期限が1ヶ月しか持たないらしいの、血って)。

そして、あえなく強制退院。
採血から始まって、要は振り出しに戻る、である。

さて、気を取り直して何日か後、今度は採血の時、看護婦が針を刺すのだがどうもその針がいつもよりやたら痛いと言う。そして、なんと内出血・・・。

そう、看護婦は、静脈に針を刺したらしいのだが、通り抜けて動脈まで刺してしまったらしいのだ。SHINTAROがそれを追求するも、病院側は「何かのウィルスが入ったのかも」とシカトを決め込む構え・・・。どっさりと抗生物質をもらってきたって・・・。

何だか泣けてきたぜ、SHINTARO君よ。
早く今年が終わると良いねぇ・・・。

・・・というわけで、ずれにずれ込んだ入院が今週の火曜日から始まったわけである。3週間位かな・・・。ま、今度お見舞いに行こ~、っと!!

みんなも、是非お見舞いに行ってやって下さい。
というか、俺と一緒に行こう(笑)。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/263

『あぁ・・・今年もこの季節が・・・』

2005年05月14日

そろそろ花粉が収まってきました!!

何ヶ月かぶりに、食べ物の美味しい匂いが鼻に伝わってきます
(笑)。

さて、そんな悪夢の春も終わりを告げ、暖かい初夏の季節がやって参りました。この季節、実は私嫌いなのです。夏といえば老若男女、老いも若きも開放的にアクティブに・・・。海行って、山行って、夏の日差しを浴びて・・・。

なぜか?
あれですよ・・・。以前にも書いた、あれ・・・。

虫。

こいつらさえ幅を利かせなければ、俺も夏は大好きなのです。山にハイキング行って、擦れ違う年配と挨拶を交わしたいのです。

それがもう・・・家の中にいても外にいても、蚊には刺されるし、下手するとゴキブリさんが俺の脇を我が物顔で通り過ぎるし。夜になったら蛾が何をとち狂ったのか網戸をバシバシやって、黄色い燐粉を撒き散らして行きます。

FUCK・・・SUMMER・・・。

去年の夏なんかね、朝起きたら枕の真横に、ひとさし指位ある大きなクモが微動だにせず俺を見守っていたのですよ。

もう、失禁するしかないでしょう。
朝から気分最悪です。

最近、会社の窓を夜になっても開けっ放しにしているので、蛾が光につられて迷い込んできます。こんな時には目の前に誰がいようが、客人が来ている最中であろうが押しのけてでも虫達とは距離をとる様にしています。

向こうがどんなに友好的でも、俺は握手はしないでしょう。彼らは敵です。虫達と俺との関係を例えるならば、虫は『ジェイソン』、俺は『真っ先に標的にされる太ったお調子者』あたりでしょうか。

たいていは、バナナ食っている時にグサリとやられるのです。だから逃げます。そう、その時の俺には『男らしさ』は皆無です・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/262

『四国奇行』

2005年05月07日

父方の祖母の十七回忌に出席する為、四国は香川の綾上町に行って参りました。

17年ぶりの四国入り、当然の如く覚えている親戚などおらず、多少ビクビク・・・。

いや、何せ四国の祖母の家はその昔、小学生の記憶では「犬神家の一族」並みに古臭い旧屋敷のイメージがあったのだが・・・。

なるほど・・・「犬神家の一族」だ・・・。
子供の頃の記憶は間違っていなかったらしい・・・。

廊下は電気もないから夜は恐ろしく暗くて、トイレはボットン便所。畳の部屋がやたら広いくせに、物がないから寒々しい・・・。そこに就寝用の布団が俺と父の二つだけ。山奥だから携帯も通じない。

スケキヨ(仮面の人ね)はいつ出てくるか・・・。

次の日の法事に向けて、本家の旧屋敷(?)に続々と親戚が集まってくる。その数、何と約30人!!本当にみんな俺と血が繋がっているのだろうか・・・。めちゃめちゃ綺麗な人も何人かいるぞ・・・。

ふむ、ここから遺産相続の殺人事件が起こるわけだな・・・。そして綺麗な女の人は「夏子」さんに違いない(火サスにありがちな名前)。

・・・って事もなく、親戚の皆様は見事に俺が誰だかを言い当て、小学4年生に最後にこの地を訪れた時の昔話に花を咲かせる。

よく覚えてるな、おい?!

「あの時はよくおっちゃんとクワガタ捕りに行ったよな~。」や「JUNPEI君は昔から顔が変わらんね~すぐに分かったよ~。」だの。

良く見ろ・・・。ヒゲが生えてんだろうが・・・。

そしてさらに、「クワガタを一緒に捕りに行ったおっちゃん」が衝撃発言。

「JUNPEI、今からイノシシ捕りに行くぞ!!」

・・・ええ、行きましたよ。夜中の森の中を、クワ持って・・・。今回は捕れませんでしたがね、けっこう歩き回ったぜ・・・(なかなか楽しい・・・)。

1泊2日じゃ楽しみきれん位、山奥の旧屋敷を堪能。
都会じゃ味わえない自然と人の温かさ。ばあちゃん、あの世でおいらを見守っていてけろ!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/261

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)