無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ

« 2005年03月 | メイン | 2005年05月 »

『安田ではなく木下』

2005年04月30日

「木下大サーカス」を見に行ってきた!

お正月のコラム(2005/1/1のコラムを参照)でも、今年はさまざまなエンターテインメントに触れる!というようなことを書いたし、そもそもサーカスというものはあちこちを巡業しているから、「あ、サーカス見たいな~」とふと思っても、なかなか見れるものではないのである。

それが今回は、比較的近所の「味の素スタジアム」での開催。
これはまたとないチャンス!
ということで、チケットを即ゲットとなりました。

実は「木下大サーカス」は、子供のころに一度見たことがあるんだけど、それもかなり小さいころだったから、記憶もおぼろげで
・ピエロの顔が微妙に怖かった
・バイクの音がうるさかった
という、感動とはあまりにもかけ離れた記憶しかなかった。

そこで今回は、ちゃんと細部まで堪能しようと意気込んでの行ったのだが、いざ始まってみると、俺もただのいち観客に成り下がり、

「すげー」

という言葉を、口を開けたまま100回近くつぶやいていたことでしょう。
だってほんとにすごいんだもん。
詳しくは言いませんが、見に行ってみることをオススメします。
ほんとに非日常の空間がそこにあります。

サーカスを見終わった俺の感想は
「人間やればできる」
です。

本当にありえない技の連続で、できの悪い合成映像を見ているような感覚を覚えることもあった。
それが血のにじむような訓練の賜物であることは想像に難くないが、訓練をつめば信じられないようなこともできるんだ!という勇気をもらったような気がした。

あと、途中でキリンが登場したんだけど、観客の手からエサを食べただけで、特に何も芸をしなかったのがツボに入った。
「エサ食うだけかよ!」
ととりあえずツッコんどきましたが。

余談だが、斜め前に某元横綱:貴○花関も家族連れで見に来ておりました。
一応帽子にサングラスだったけど、デカいから目立つ目立つ・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/85

『ジムに格下げ』

2005年04月23日

あったかくなって来ましたね。
寒いぐらいなら暑いほうがいい!!と常々思っている俺にはうれしい限りだ。
「寒い」ってなんかマイナスのイメージなんだよね。
こんなこと言ったら、寒い地方に暮らしている人に怒られるな・・・。

さて本題に入るが、最近我が家のビデオデッキのチューナーがイカれてしまい、テレビの電波を受信できなくなった。
ただの再生専用機に格下げである。
録画のできる機種と再生専用機では、ガンダムとジムほどの差があると思うのです!
どうでもいいけど。

そのビデオデッキはかれこれ8年ぐらい使っているから、まあ長く持ったほうじゃないかと思う。
で、買い換えようかと思ったけど、再生はできるから今までためてきたビデオは見れるわけです。
何か番組を録画するのだって、普段そんなに頻繁にはしないしなあ・・・。
ただ、スポーツの試合(PRIDEとかサッカーとか)などを生でで見れないときは、

「ビデオに録って、結果の情報(知人の会話、テレビ、ネットのニュースetc.)を完全にシャットアウトしたまま家に帰り、生放送を見てるような感覚で見る」

というのが、数少ない俺の趣味のひとつだから、やはり買わなければいけないだろう。
というわけでビデオデッキがいくらぐらいするのか調べてみたんだけど、最近は「ハードディスクレコーダー」が主流だということに気づいた。

そこで、ハードディスクレコーダーをすでに使用している人の感想を聞いてみると

「簡単に録画できるから、たいして見たくないような番組もどんどん録っちゃって、結果100時間分ぐらい録りだめしてしまう」

というようなことを聞いた。
そんなにたまっちゃったら逆にもう見る気しないよね。
見るだけで100時間ぐらいかかるし(当然)

ビデオテープって、ラベルにタイトルを書いてずらっと並べると、「ライブラリー」って感じがして結構気持ちいいもんね。
ハードディスクレコーダーだとデータとしてハードディスクの中に蓄積されるわけだから「ずらっと並ぶ」という感覚はあまり感じられないだろうな。
それもちょっと寂しい気がする。

ああ、やっぱり俺はアナログ人間なのだろうか・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/84

『体のしくみ』

2005年04月16日

「体重計&体脂肪計」を買った!!

いままでダイエットのことをなんやかんや書いてきて、見た目からして確実にやせたことはわかるのだが、いったいどのくらいやせたのか?
ここはひとつ数値化して、さらにモチベーションUPにつなげようと思い購入と相成った。

購入したのは、最近テレビでもCM等をよく見かけるようになったあの、体重を測ると同時に、体脂肪計のグリップ部分を握って手を前に90度の角度でキープして測定するというもの。

体脂肪率を計測するのに5秒ほどかかるんだけど、それを待っている間のドキドキ感がたまらん!
「昨日少し食べ過ぎたからな~」とか
「今日はよく運動したからな~」
などとぶつぶつ言いながら測るわけだ。
ほとんど年頃の乙女状態である。

こうして測ってみると、体重って一日の間に結構上下するものだということがよーくわかった。
食後は当然食べた分増えてるし、お風呂に入った後は体脂肪率はやっぱり下がる。

調子に乗ってグラフも付け出した。(実は理数系)
自分の体重の推移が、データ化されるのはなかなか面白いです。

昔ひどい突き指をしたときに手のレントゲンをとったことがあって、自分の手の骨をみたときに、ちょっと感動というかなんともいえない気持ちになったのを思い出した。

自分の体のことって、わかっているようで意外とわかっていないんじゃないかと思うのです。
今日もテレビで、
「人間の体の細胞は1年で9割入れ替わる」
というようなことを言っていた。

9割って、ほとんど全部入れ替わってるようなもんじゃん!
自分的にはそんな感覚はないけど、物理的にはそのぐらい入れ替わっているらしい。

「明日から新しい自分になる」
なんていう言葉も意外と例えだけじゃなくて本質的な意味としても通用したりして・・・。

だいぶ話がそれましたが、今後もグラフをつけ続けて、健康管理に気を使おうと誓ったのでした。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/83

『かっふんだー』

2005年04月09日

いやー、参りましたね、「花粉」!

JUNPEIも花粉症でやられているようですが(3/19のコラム参照)、俺のほうもついにツラーい症状が出てきましたよ。

俗に言う「花粉症」ってスギ花粉が原因なんですけど、俺は「ヒノキ花粉」に反応してしまうようで、スギ花粉が3月中旬ぐらいにもっとも多いのに対し、ヒノキ花粉は4月の中旬ぐらいが最も多く、時期的には1ヶ月ぐらいずれていることになる。

だから毎年、スギ花粉の花粉症の人が
「だいぶラクになってきたよねー」
と言っているときに
「いまがいぢばんづらいんでずげど~(今が一番つらいんですけど)」
のような状態になることが多かった。

だがしかし!
今年はわけが違うぜ!

ニュース等でも花粉の量が「例年の30倍(!?)」などと、途方もない数字を連呼している状態で、もうすでにぐじゅぐじゅである。
スギ花粉症の人とも、苦しみをいっしょに分かち合えるわけです。

鼻がムズムズ→くしゃみ→鼻をかむ→鼻がムズムズ→くしゃみ→鼻をかむ→・・・(エンドレス)

こうなるともう何も手につかない。
くしゃみと鼻をかむことで酸素を吐き出してばかりだから、酸欠っぽい感じになって頭がボーっとする。
高山病かよ!
みたいな感じ。
鼻を取り外して、裏返してジャブジャブ洗いたい・・・。

たまらず耳鼻科に駆け込んだのだが、
「今年は花粉が少ないといわれている日でも、去年の一番多かった日より多い」
というようなことを言われ、フィジカル的には治療をしてもらったのだが、メンタル的にはダメージを受けて帰ってきた。

また薬の副作用の「眠気」といったらかなり強力で、
「ミルコの左ハイが側頭部にモロに入ったときのエメリヤーエンコ・アレキサンダー」
ばりにストンと落ちてしまいそうだ(わかりにくい)。

でもあと1ヶ月ほどの辛抱ですね。
ええ、ガマンしますよ。ガマンすりゃいいんでしょ・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/82

『不思議な光景』

2005年04月02日

この間見た、不思議な光景の話。

あるバス停の前を通りかかったとき、そのバス停のベンチの下にふと目をやると・・・。

「グレープフルーツの皮」
(丸々一個分、外側の厚い皮と中の薄い皮、身の部分はきれいに食べてある)

が落ちていた。・・・というよりは厚い皮の中に薄い皮がしっかりまとめて置いてある感じだった。
当然俺の頭の中は「?」でいっぱい。

そこは割と人通りもあるところで、ベンチに座ってグレープフルーツをムシャムシャ食べてたらかなり目立つはずである。
加えて、丸々一個食べるにはそれなりに時間がかかるはずだから、そのグレープフルーツを食べていた人(※以下GTH)はかなりの間、人目もはばからずにグレープフルーツをむさぼっていたに違いないのである。

話はそれるが、以前六本木からバスに乗ったとき、途中でランドセルを背負った外国人の子供たち(おそらくインターナショナルスクールかなにかの下校中)が乗ってきたことがあった。
しばらく何気なく見てたら、そのうちの一人がランドセルからおもむろにビニール袋を取り出してなにやら食べだした。
お菓子か何かだろうと思っていたら
「ポリポリ」
という音が聞こえてきた。

何を食べてるんだろう?と思ってよく見ると・・・「キュウリ!?」

思わず「カッパかよ!」と心の中でつっこんだ。
バスの中でキュウリをかじるのはかなりシュールである。
俺の目がキュウリに釘付けになっている間に、その少年はキュウリ一本をペロリと平らげてしまった。
顔はご満悦。
よほどのキュウリ好きなのか、それとも彼の母国ではキュウリはおやつ代わりなのだろうか・・・。

このキュウリ少年と、今回のGTHをつなげて考えてみると・・・。
そのGTHはおそらくバスの中でグレープフルーツを平らげ、バスを降りたときにベンチの下に「食べかす」を捨てて行ったのではないか!
という結論に達した。

うむ、俺の感想は
「ゴミは家に持ち帰れ!」
である。

今週は以上!また次週!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/81

『深夜の会(怪)』

2005年04月30日

深夜、仕事も終わりタクシーを捕まえる為に道を歩いていた時の出来事である(TATSUYA氏も一緒である)。

商店街、当然どこのお店も閉まっていて、深夜の寂しい空気感が漂う・・・。おや?目の前に幾分、お年を召した婦人が二人・・・。

こんな深夜に何をやっているのかな~?

ふと擦れ違う時に見てみると、何と、何かの店先に置いてある昭和の始めに作られたのでは?!って位古臭い「スロット」を、パチパチと打ち鳴らしていらっしゃる。

深夜にお年を召した婦人が、店先の「スロット」で管をまいている・・・。お、おっかねぇ!!

しかもこの光景を見るの二度目!!

二人は、特に何も会話もなく一心不乱に、いや、少々気だるそうな雰囲気で「スロット」に没頭していらっしゃる。服装は、どうみても外に出て行くような綺麗な格好ではなく、お隣さんに醤油を分けてもらいに行く位、砕けたスタイル・・・。お、おっかねぇ!!

友人と飲みに行って、その帰りに「お?!面白そうなものがあるわね。ちょっとやってみましょうよ!!」という流れになったのではない事は一目瞭然。

おそらく、彼女達の唯一の深夜の「憩い」なのであろう。昼間は家事に追われて、深夜、旦那も寝静まった頃にムクリと起き上がって、店先「スロット」に向かう訳だ。

当然、当たってもコインは出ないだろうし、お金への換金もなさそうである。・・・っていうより、ちゃんと動いてんのか?って位のボロボロっぷりである。

何を求めて彼女達はこの場に集うのであろうか・・・。

俺とTATSUYA氏は、「シュ~ルな絵だね~。」などと人事のように淡々とその場を通り過ぎる(実際、人事だしね♪)。

三回目、同じ場面に遭遇した時は、勇気を持って尋ねてみようかと思う。

「何か・・・悩み事でもあるんですか」と・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/260

『涙腺に優しさを』

2005年04月23日

「四日間の奇蹟」という本を読んだ。

普段、サスペンスやホラー系の小説ばかりに傾倒している俺にしては、珍しいとも言える「ハートフルファンタジー」小説である。

「ファンタジー」といっても、やれ妖精だ、やれ魔法の杖だ、というのとはまた別である。至って現実的なテーマの下、淡々と、しかし丁寧に登場人物の心情が綴られた、ある意味(?)ファンタジーな小説である。

ここら辺、文章に書いただけではさっぱり・・・だな・・・。詳しくは、映画化もされるようなので、それを観て頂ければ納得して頂けるかと・・・。本当は本で読むのが一番なんだけどね。

不覚にも、私、号泣である。

深夜になるにつれて涙腺の緩む俺。
そして、終盤に差し掛かるラスト50ページ程で、すでに深夜3時。

もう、泣くしかないでしょう。

借り物の本に俺の涙が散ったかもしれん。持ち主よ喜べ、俺の涙つき返却本だ(キモイ・・・)。

・・・何が泣けるかってね、登場人物たちの体験する、色々な「愛」の形に対する心情の動きや心の声が、大げさでない分、すごく心に響く。

「世界の中心で愛を~」とかは駄目なんすよ。
大げさなラブストーリーで泣かせようという意図が見えるし、現実味がなくて。

「四日間の奇蹟」は俺が「ファンタジー」とか言っている割に、驚くほど話に盛り上がりはありません!!終始、淡々と物語は進み、直面する現実に淡々と流されていく人たちの物語です。その中での葛藤や思いやりが、俺のハートにズッキュ~ンときたわけです。

是非、おすすめ。
常日頃から、お金の勘定といかに上手に世渡りをするか、と狡猾に考えているそこのアナタ(俺もだ)!!

これ呼んで、優しい人間になりましょう!!
俺はすんごい優しくなった。もう、アリも踏めません!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/259

『サスペンスハウス』

2005年04月16日

朝起きたら家が半分ねぇ?!

さて、皆さんはこんな経験をした事がおありであろうか?ミニチュアの家とか、ペットの家とかではない。れっきとした、「我が家」が半分なかったのである。

・・・順を追って説明しよう。
事件の前の日、俺は仕事で帰る事が出来ず、ようやく家路に着いたのが朝の4時であった。当然、身体は疲労困憊の為、とりあえずは自室に戻りそのままグッスリと眠る事になる・・・。

朝、妙な音に眼が覚める。
「シャワ・シャワ・カシャ・カシャ・・・」いやに軽い音が家のどこかで絶え間なく響いているのである。眠い眼をこすりながら、一階に降りていつもの朝のように洗面台に向かう。

・・・・あれ?
洗面台が・・・ない・・・?
いやはや、寝ぼけてるからなぁ(笑)。んなはずないよなぁ・・・。とりあえずさ、トイレでも行こう。うん、戻ってきたらちゃんとあるさ、そう、目の錯覚だよ。

・・・・・・・・あれ?
トイレが・・・ない・・・?
トイレのドアを開けると、そこにはただの床に黒い穴が一つ、ポッカリと口を開けているだけである・・・。

し、仕方ない・・・。
キッチンで歯を磨いて顔を洗おう・・・。

・・・・・・・・・・・・うお?!
キッチンがあるはずの場所が・・・もう外?!
しかもブルーシートが?!あの妙な軽い音はこれだったのか!!

そこはさながら事故現場のよう・・・。
もともと、洗面台・トイレ・キッチンにあったものは
全て居間に置かれてある。

そこに母、登場。
「あら、アンタいたの?今、家の改装中なの。」

・・・先に言えよ!!
衝撃を受けた割にはいやにあっさりと理由が分かってしまって、サスペンス性もオチもイマイチだな・・・とか冷静に考えてしまった自分が何か・・・好きです・・・。

簡易トイレがあったんだけど、自宅でこれ使うのって・・・変な感じでねぇ・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/258

『携帯しよう、そうしよう♪』

2005年04月09日

携帯電話の普及率が68%。

2005年のうちに、70%は超える見通しらしい。
よく考えると、これすっごいよね。
このうちの10~20%が幼児・お年寄り層だと考えると、10代から50代位の人はほぼ全員、携帯電話持ってるんじゃないかな~?

こいつのおかけで、世の中便利になったし、不便にもなったね。

やはり、いつでもどこでも電話がかけられるのは強い。もう無くては生きられない、という人もいらっしゃるでしょう。その反面、『電話帳』を持つ人が減りましたね。

昔は友達の家の電話番号とか、メモったり暗記したりしたもんね。友達とかも携帯とかなかったから、直接家に電話してお母さんに『~~~君、いますか~?』なんて感じだったんだけど、もうこんな光景はないでしょう。

俺の暗記力は、確実に低下してると思う。

そして、昔は(おやじの世代ね)仕事が終わって家に帰ってきたら、そこはもう家族の時間。家の電話が鳴る事はなかったし、おやじも仕事をしようとは思わなかったでしょう。

今は、たとえ深夜の1時だろうと2時だろうと、用事があったらバンバン電話がかかってくるし、メールも入ってくるね。おちおち寝てらんない人もいるでしょう。

俺の携帯は、諸事情により深夜12:00~3:00の間に鳴る事が多いです・・・。恐るべし、IT革命(?)!

携帯電話のデザインも、毎回スタイリッシュかつ、高性能なモデルにチェンジしているから、覚えるのが大変!

俺は全て初期設定のままで、しかもほぼバイブです。
こんな携帯があったらいいな~、と思うのは、しゃべった言葉が、そのまま文字に変換される携帯電話。

なんとなく、文章を羅列したけど、今回はこれで終わり。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/257

『CD大移動』

2005年04月02日

最近、所有しているCDの整理をした。 z

今までは買ったものから順番に棚に並べていたりしていたのだが、どうにも、量が多くなってくるとどこにどのCDがあるのか見当もつかなくなってくる。

このままでは、一生お目にかかる事のないCDが出てきてしまうし、友人に貸したまま行方不明になってしまうCDが出てきてしまう(現にすでに何枚かは行方不明である)。

ここらでずさんな管理から脱出して、世のITブームに乗っかり、俺もしっかりとシステマティックな管理をしようと思った次第なのである(何のこっちゃ)。

まず試してみたのが、ジャンルごとのカテゴライズ。
表に書いた『ロック』『ポップス』『パンク』『ヒップホップ』・・・・・「俺らがキャラで登場している着メロサイトのジャンル分けと一緒じゃん!!」。

悲しき刷り込みと固い脳みそ痛感して、ジャンル分けを断念。ここで既に一時間は費やしてしまっている。

次に考えたのが、アーティスト名のアルファベット順。A~Zで何やらかんやら並べ替える作業を二時間程して、最終的には頭が回らなくなりFの後にDが並んでいるのに気付いたり・・・。

低い知能指数を痛感。これは何とか順番に並んだのだが、いざ、棚に配列しようとして一思案。

棚の形が並べづれぇな・・・。

もともと本棚をそのままCDラックとして使っている為、変な所に仕切りがあったり、仕切られている幅がまちまちだったりする。

貸しているCDが帰ってきた時などは大変!!CDを一枚ずつずらして、スペースを空けて入れる為、仕切りをまたいで全部移動させたりしなきゃならん。

考えよう・・・良い方法を・・・。
何かいい方法ね~かな~。

CDって・・・かさばるよねぇ・・・。皆はどうしてるのかな~。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/256

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)