無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ

« 2005年02月 | メイン | 2005年04月 »

『鍛錬の賜物』

2005年03月26日

この間、初めて「ダーツバー」に行った。
最近はダーツって流行っているみたいで、あちこちでそういったお店を見るようになったよね。
友達にも「マイダーツを買って家でやっている」などと、おしゃれさんのようなことを”のたまう”奴がいて、そんなにおもしろいのか?と、前々から気にはなってたんだけど、なかなか行く機会がなかったので、今回ちょっと気合を入れて行ってみることにした。

俺のダーツ歴といえば、小さいころに夏祭りの出店でやったのぐらい(あまり参考にはならない)だから、ほぼ完全な素人といえる。

はりきっていざ挑戦!
・狙ったところに飛ばない
・刺さらない
・かといって力むと逆効果

さらに落とし穴が!
中心に近いほど高得点だと思っていたら、ちょっとずれただけで1点になったり、外側でも特定の場所に当たれば結構高得点だったりする。
だから、てきとーにやったほうが高得点につながるというゲーム性のなさ。

そもそもこれは狙ったところにとばせるものなのか?
と疑問を持ちかけたとき、右隣に明らかに”できる”オーラをはなったおじさんがやってきて(手にはもちろんマイダーツ)、ゲームを始めた。

「ぷしゅーん」
という小気味のいい音(真ん中に当たると鳴る)を何度も出している。
人って鍛錬をすれば何でもできるようになるものなのね・・・。
俺もがんばればスティーブ・ヴァイぐらいギターを弾けるようになるのかしら・・?

でもなんだか愉快だったのは確かです。
手軽にわいわいできるのがよいですな。
ハマる人たちの気持ちがわかるような気がする。

特筆すべきは、そのお店の”おしぼり”が異様に臭かったこと!
ではまた!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/80

『平等ではないのです』

2005年03月19日

先日日本武道館にAvril Lavigneを見に行ってきた。

「え!アイドルじゃん」
と思ったそこのあなた!!
なめてはいけない、2004年5月に発売されたアルバムには元Evanescenceのギタリストベン・ムーディーが曲を提供していたりするのだ!
よってロック指数は結構高いのである。

その証拠に、ライブ自体はMCらしいMCもほとんど無く、
「ニホンダイスキー!」
「イッショニウタッテー!」
などのカタコトを時折繰り出すぐらいで、後は終始切れ間無く一気に演奏をしていった感じ。

率直な感想は

「こんな生物が地球上にいたのか!」

「人間は不公平にできている」

です。

だって完璧ですよ。
ちっちゃくてキュートだし、歌はうまいわ、挙句の果てにドラムもたたく始末。
もう手がつけられませんよ。
世界は彼女のために・・・。

やっぱ世界を相手に活動してる人は違うな!と思った次第です。
世界で2000万枚以上CDを売っているそうです。

2000万枚といわれてもピンとこないよね。
どれだけピンとこないかというと、「広さ」の度合いをあらわす時に「東京ドーム30個分」と言われたときぐらいピンとこないです。
まあ、1万枚が2000個あるぐらいだとは思うのですが(当たり前)

周りのお客さんは結構”ペンライト”を持っている人がたくさんいた。
ペンライトをもった人がたくさんいるライブに行ったのは初めてかもしれない。
あの”ペンライト”は生まれてこの方一度も持ったことはないが、ステージから見たらどんな風に見えるんだろうな?
意外と気になって集中できなかったりして・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/79

『お誕生日とシンパシー』

2005年03月12日

昨日、めでたく誕生日を迎えましたTATSUYAです。
お祝いのメッセージをくれた方ありがとうございました。
ちゃんとケーキも食い、プレゼントももらい、久しぶりに誕生日らしい誕生日を過ごした気がする。
思えば「お誕生日会」なんてものを小さい頃はやっていたわけで、なかなかどうしてよいものですね。

で、昨日すなわち3/11が俺の誕生日なわけだが、同じ誕生日の人を調べてみるとなかなか面白い顔ぶれがそろった。

まずは歌手の「UA」
俳優の「大沢 たかお」
個性派シンガーと俳優。
悪くない。
ちなみに昔「大沢 たかお」に似てると言われたことがある。
俺自身「そうかな~?」と思ったが、それを言ったのが母親なので親バカということで見逃してやってください。

お次は最近何かと話題の楽天社長「三木谷 浩史」
おお、シャチョさんですね。
昨日はどっかのホテルでパーティーなどを催して、盛大に祝ったに違いない。
つながった眉毛が意思の強さを感じさせる。

とどめはこの人!
「オスマン=サンコン」!!
最近あんまり見ないけど、元気かな。
サンコンさんも同じ日だっんだ、知らなかったなー。

誕生日が一緒だからどうってうことは無いけど、同じ日に生まれた人には何かしらのシンパシーを感じるもんだよね。
サンコンさん(なぜかさん付けで呼んでしまう)にも今までとは違った感情を覚えるような気がするようなしないような・・・。
なにはともあれ、皆さん(と俺)おめでとうございました。

えー誕生日はもう過ぎてしまいましたが、私のカバンにはまだ若干の余裕がございます。(tribute to こん平師匠)まだまだメッセージ、プレゼント(現ナマ可)受付中なのでヨロシク。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/78

『宇宙刑事風味プレーヤー』

2005年03月05日

「iPodmini」を手に入れたぞー!!

あ、すみません。取り乱しました。
以前にJUNPEIが「TOSHIBAのGIGABEAT」を購入したということを書いていました(7/24のコラム参照)が、このたび俺も遅ればせながらハードディスク内臓オーディオプレーヤーユーザー(長い!)の仲間入りを果たしました。

色はシルバー。
宇宙刑事ギャバンみたいな色です。
最初に見たときに印象は「ちっちぇー!」です。
携帯電話よりちょっと大きいぐらいかな。

この手のプレーヤーのよさは、たくさんの曲をシャッフルして聴けるところですな。
イメージとしては、ウチのCDラックから適当に曲を選んでかけてくれる「オレ専属の小さなDJ」を持ち運んでいるような感覚でしょうか。(メルヘンチック)

ヤツときたら、ほんとに面白いヤツで「この曲とこの曲をつなげちゃうのかよ!」みたいなことを平気でやってくるし、音量レベルがあってないことなんかザラで、たまに心臓が止まりそうな爆音を前触れもなく鳴らして驚かしてくれたりする。

難点はといえば持久力のなさ。
使い始めた初日に、行きの電車だけでコト切れたときにはさすがにアセったが、

バックライト点灯+音楽再生+トランプゲームをエンジョイ

のあわせ技を繰り出していたのが原因と判明し、それ以来は電力をセーブしながら使っている。

ちなみにiPodminiは1000曲収録可能ということで、
「1000曲も入るんだー、すごいなー」
と思っていたが、調子に乗ってどんどん曲を追加していったら、割とすぐいっぱいになってしまった。

人間って生まれて死ぬまでに、いったい何曲ぐらいの曲を聴くのだろうか?
などとどうでもいい疑問がわいてしまった。
まあ、どうでもいいけど。

今日、iPodをガンガンに聞きながらノリノリで掛け布団のカバー(庶民的)を物色していたのだが、ふとイヤホンをはずしたときにお店のBGMが心地よいクラシック音楽で、聞いていた音楽と空間のギャップがものすごくて、なんだかこっぱずかしかった。
多分ハタから見た俺はかなり"浮い"ていたに違いない。
気をつけねば・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/77

『怒り』

2005年03月26日

とある平日の出来事である。

俺は色々お仕事が立て込んでいた為、深夜にタクシーに乗って帰る事になったのだが、甲州街道沿いで拾ったタクシーのおっさんのうるさい事うるさい事!!
そのうるささっぷり、おそらく皆さんが考えている十倍はひどい代物である。これはもはや『言葉』の、いや、『騒音』という名の暴力である。

そしておっさんは俺が聞いているのか、聞いていないのかも構わず、ある体験談をまくし立てた。その内容とは・・・

「ある夜中に、一方通行の道を走っていたら女性が助けを求めてきた。中に乗せて話を聞くと、ストーカーに追われている、ここ何日も同一人物が後をつけてきているのです、との事。おっさんは、後をつけているだけでは犯罪者にはならないよ、と無慈悲な言葉を女性に浴びせて、嫌がる女性をその場で降ろしてしまった。」

これを阿呆のような大声で、何故か自慢げにまくし立てる。運悪く、その日は俺の機嫌が絶好調に悪かった。話の内容にもムカついたし、おっさんのうるささにも頭がきていた。

そんなこんなで、適当な相づちにも限界がきていて、本当に何年かぶりに声を荒げてしまった。

「うるせぇよ!!黙って運転しろや!!」

・・・謝罪(おっさん)・・・・そして沈黙。
家まで歩いて帰れるな、と判断した距離で早々に降ろしてもらい、乗車代を投げるように払い、お釣りも受け取らず領収書も受け取らず・・・。そして降りてから後悔・・・。

言い足りなかったな・・・と。
話の内容についてである。おっさんの内容からすると、女性は明らかに何日間もストーカーに追われていたようで、それは既に立派な犯罪である。おっさんはその女性を降ろすべきではなかったのである。

自慢げに話すような内容ではないし、自分が正しい事をしたと思い込んでいるおっさんには、もっと噛み付いても良かったかな・・・などと考えて、さらに不機嫌になった。

今、思い出しても怒りが止まない。
その女性が無事な事を祈る。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/255

『I hate 春』

2005年03月19日

ツライ!!ツラすぎる!!

そう、あの毎年恒例の不治の難病がやってきたのだ。風に吹かれて、暖かさに引かれて・・・。

花粉症!!

漢字を見ただけで憤る。そう、俺は春という季節が一番嫌いだ。全てはこいつのせいである。この季節になると、箱ティッシュなしでは外に出られない・・・。

毎年、友人から「お花見」のお誘いを受けるのだが、俺は間髪入れずに断る事にしている。家の中に引きこもっていても、やつらの魔の手からは逃れられんのに、なんでわざわざ野外で、しかもお酒を飲みながら桜を見ねばならんのだ?

信じられません・・・。もとい、うらやましい・・・。この季節、奴らの侵食を受けずに野外で酒を飲めるその丈夫さが。

俺にとって春の「お花見」とは、サメだらけの海に飛び込むのと同じ位危険な行為であり、毎年それ位の危機感を持ってこの季節を過ごしている。背後に立ったら容赦なく撃つ勢いである。

意外と長いんだよね。春の2・3ヶ月って・・・。重度の花粉症である俺にとってこの2・3ヶ月はDEAD or ALIVEなのである。やつらと戦い続けて十何年・・・・俺はひたすら耐える道を突き進んでいるから、今(ALIVE)があるわけである(何のこっちゃ)。

これを書いている今も、恐ろしいほどの鼻水と咳(インフルエンザの後は花粉症が咳に出るらしい)、眼は常に潤んでいて、まるで少女マンガのよう・・・。

何とかならんかね?

聞けば一度侵された人間は、今のところ治療する方法は無く、一生こいつを背負って生きていかねばならんらしいね。

ああ・・・憂鬱だぁ・・・。
春ってさ、世の中的には何か起きる予感の季節じゃない。新生活で出会いを!!みたいなさ・・・。

俺は毎年こいつと出会うわけですよ。
皆が浮かれている中で、俺はこいつと必死に戦っているわけです。いや、でもそんな同志が世の中にはたくさんいるはずだ。今度、連合組んで一揆を起こそうぜ、みんな!!

一揆募集中!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/254

『俺オタク、けど問題なし』

2005年03月12日

最近の仕事仲間内で流行している事に、マンガの回し読みがある。

仕事場の一角をマンガ置き場と定め、そこに各々のお勧めマンガを持ち寄って共有するのである。今や、膨大な量のマンガが並べられているのだ。

そこで~~~!!!
俺のおすすめマンガ・ベスト3の発表である!!

1.BASARA
2.20世紀少年
3.DEATH NOTE

さらっと発表と相成った訳であるが、この3作品はどれも面白い!!話の構想は恐ろしいほど良く練られているし、随所随所に自分の生き方を考えさせられるような、深く訴えかけてくるものがある。順位はついているものの、俺の中ではほぼ並列である。

さらに、登場人物の台詞が悩殺モンのカッコ良さである。台詞で鳥肌が立つマンガの筆頭は、やはり1位のBASARAであろう。

これね、少女マンガなんすよ。絵のタッチもバリバリ女の子って感じ。でもストーリーは少年マンガ顔負けの、壮大な人間ドラマ。とにかく登場人物の数が多いのだが、かっこ悪い人間は一人もいなくて、善悪関係なく、それぞれがそれぞれの意思・信念を持って行動している所がまず熱い。

『止まるなら死ね』
『己の意思で、判断で、誇りを持って、己の為に生きよ。それこそが、新しい国の姿ぞ』

すんばらしい・・・。
中学生の頃からこのマンガを読み続けてきて、どれだけこのマンガによって俺の人格が形成されてきた事であろう。

このマンガを語らせたら、オタク度数はいっきにK点越え(古っ!)である。このマンガが好きな女の子より語れる自信がある。ちなみに、俺を登場人物に照らし合わせるとすると、『那智』であるが、目指すは『聖』である(知らん人の方が多いっての!!)。

おぉ?!ここら辺、オタク度満載だな!!
それでも良いのである。引きたい奴は引け!!
でも、嫌わないで下さい・・・今週は以上!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/253

『続、不覚なり!!』

2005年03月05日

何とした事だろう・・・。まだインフルエンザが治っていないようである・・・。

一度は平熱に戻り、「あぁ・・・これでやっとコッテリ系ラーメンが食べられる・・。」と思いきや!!次の日にはググ~ンと、体温が上昇したようなあの嫌な気持ち・・・。それに反比例するが如く、布団にくるまっていても身体はやたら寒い・・・。

先週、「体温計は使わない主義だ!!」などと偉そう(?)な事をのたまっていたが、今回、何年かぶりにこの文明の利器を使ってしまった・・・。

「39.0度かよ?!」

こりゃあ・・・辛いわけだ・・・。
あえなく撃沈。

再び寝込みました。2月の後半頃から、まともに動けていない気がする・・・。それ位、今回のインフルエンザは性質が悪いらしいのだ!!

しかも俺だけならともかく、ウチの母親にまで手を出したのだよ!!奴は!!

ギャ、ギャオ~~~~ス!!

野郎、何て節操のない奴なんだ!!

ちなみに、普段のお仕事で打ち合わせとかがある訳だけど、終始、咳をしている俺と打ち合わせなんて出来るはずがないよね・・・。何かね、大きなホールみたいな所で打ち合わせした時なんて、咳が響いちゃってもう、涙出そうになったもん。色んな意味で・・・。

相手の人も苦笑いしながら、「大丈夫ですか?」とか言ってくれたりしてしまって・・・。あぁ・・・不覚なり、今年の俺!!

あ、そうそう、俺の今使っているインフルエンザの薬なんだけど、器具を使って粉薬を吸い込む形式のを使っていて、その器具が何とかの有名なグッドデザイン賞受賞アイテムらしいのだ。

どうでもイイっつ~~の!!

・・・今回の土日で復活を願います・・・。
では・・・ZZzzzz・・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/252

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)