無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ

« 2004年11月 | メイン | 2005年01月 »

『エアギター奏者の集い』

2004年12月25日

先日、自称「ロック好き(メタル寄り)」の野郎4人で「ロックバー」なる店に行ってきた。
新宿歌舞伎町の、そりゃあもういかがわしいお店がいっぱいゾーンの一角にそのお店はあった。

このお店、お酒が飲めるという店では普通のバーなんだけど、壁際に「A~C」とか書いてある分厚いファイルが何冊か置いてあって、いろんなバンドのCDがカタログ化されて置いてある。
お客さんはその中から、好きな曲名を紙に書いて店員のお兄ちゃん(スキンヘッド)に渡すと、その曲がお店のスピーカーから”爆音”で流れるというもの。

この日行ったお店は、「ロックバー」というよりは「HR/HM(ハードロック/ヘビーメタル)バー」といったほうがしっくりくるような品揃え。
BON JOVIとかのメジャーどころから、S.O.D.とかのスラッシュ/ハードコア方面までカバーしていて、俺の青春時代に直球ド真ん中ストライク!だった。

とりあえずこの日は先日亡くなった、俺の敬愛するギタリストの一人であるダイムバッグ・ダレル追悼の意をこめてPANTERAの曲で乾杯。

このお店、来ているお客さんを見ているとかなり面白い。
みんなスーツ姿のサラリーマンだったりするんだけど、酒を飲みながらビートにあわせて首を縦に振っていてるさまは、違和感を感じるけどなんだか見た目とは裏腹にパワーを感じた。
”人は見かけによらない”と言うが、まさにそんな感じ。

特筆すべきは”エアギター(※注)”の使い手の多さ。
カウンターに並んだ人たちが、曲にあわせていっせいに”エアギター”を弾き出す様は、かなり興味深いものだった。
一緒に行った人の一人は”エアドラム”だったけどね。

で、ガンガンにロックしながら飲みまくったぜ!
と思いきや、音を聞くほうに集中しちゃって意外と酒は進まない。
音がデカイせいで、大声で話さないといけないから談笑するのもひと苦労。
3,4時間いたけど、みんな2,3杯しか飲まなくて安上がりだった。
ここは酒に酔う場所じゃなくて、ロックに酔う場所だぜ!!!(ウマイ)

まあなんというか、同じ”音”を好きな人たちが集まって、酒を飲みながら好きな”音”を目いっぱい楽しむという意味で、ものすごく素敵な場所だなと思った。
それってある意味ライブハウスと一緒だよね。
確かに似たようなエネルギーでいっぱいな感じはした。

ちょっとハマりそうな予感。
近いうちに「都内ロックバーめぐりツアー」でも敢行しようかな。

注:「エアギター」何も持たない状態で、あたかもギターを持っているかのように曲にあわせて演奏をすること。要するにモノマネ。世界大会もある。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/67

『I LOVE YOU SU・KI・YA・KI』

2004年12月18日

いやー、寒いっすねぇ。
寒くなってくると、食べたいのはやっぱり”鍋”だよな!

俺は基本的に鍋料理は好きだけど、中でも”すき焼き”は「鍋物好き好きランキング」でも、かなり上位にランクインである。

だけど、ここ数年すき焼きを食べていない。
実家にいる頃は、「今晩はすき焼きよー」という母の一言に、小躍りして喜んでいた俺だが、
一人暮らしをするようになってからというもの、すき焼きから遠ざかっている。
確かに一人ですき焼きをするのは、「おいしい」というよりは逆に「寂しさ」ばかりが際立ってしまうもんね。

俺は兄と弟がいて男三兄弟だから、そこに親父も加えての”肉の争奪戦”は結構なものだった。
早く食べないと肉がなくなってしまうから、牛肉の「もう食べれるか否か」の判断基準を3割引ぐらいにして、まだぜんぜん赤い肉を食べまくっていた記憶がある。
ハタからみていたら「それじゃしゃぶしゃぶだろ!」とつっこみたくなるぐらいの肉の加熱時間の短さだったはず。

あとは、なぜだかわからないけど周りの人が「すき焼きはあんまり好きじゃない」「好んでは食べない」という人ばっかりになってしまった。

俺の中ではすき焼きは高級料理だから、
「すき焼き食べに行こうぜー」
といえば、アナゴくんに飲みに誘われた時のマスオさんのように、「おっ、いいね~」と二つ返事で返してほしいものだが、「ええー、もっとほかのものにしようぜ~」とか「俺、すき焼き嫌い。」とか、ミもフタもないことを言われてしまったりする。

そういう人達に理由を聞いてみると、
・甘辛いのがダメ。甘いのか辛いのかはっきりしろ
・生卵につけて食べる意味がわからない

あらあら、そんなことでは外国から遊びに来た友人が「日本の伝統料理のすき焼きが食べたいデース」とか言い出したらどうする気ざます?
こういうことを言う人たちには「すき焼きのおいしさがわからない可愛そうなヤツ」というレッテルをはり、哀れみの視線を投げかけるようにしている。
すき焼きが嫌いな人は、人生における幸せを30個分ぐらい損してますから!
残念!(パクリ)

と、いうわけで、一緒にすき焼きを食べに行ってくれる求む!!
どうでもいいけど、最近このコラムは食べ物の話が多いね・・・。
あー、腹減った。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/66

『他人の空似アワー』

2004年12月11日

最近、2人の人に
「サッカーの中田英寿に似てますね」
と言われた。

個人的には「悪くねぇ・・・」という気持ちだが、似ているポイントとしては、
・髪の色
・目が細い
・鼻の骨がごつごつしている
の3点だと思う。

昔からたまに言われていたが、最近また言われることが多くなった。
ということは、俺の顔はどんどん目が細く、どんどん鼻がごつごつになっていっているのだろうか?
でも俺が思うに、"目の細さ"ではヒデのほうに分があるような気がする(今のところは)。

俺は昔からいろんな人に
「友達にすごく似ている」
だの
「親戚の男の子に似てる!いやほんとにーしゃべり方までそっくり!」
とか、あげく
「スチャダラパーのMC BOSEが週間TV.Brosに連載しているコラムにしゃべり方が似てる!」
などというわけのわからないご指摘までいただいたことがある。
それってしゃべり方じゃねぇじゃん!とか思いつつ。

「友達に似てる」
というのは、ホントにいろんな人に言われた。
とすると、俺に似たやつがこの日本には何人もいることになる。
俺ってそんなにオリジナリティのない顔で、オリジナリティのないしゃべり方なのかしら(絶望)

この間は「オレンジレンジのヤマトくんに似ている」と言われた。
”ヤマトくん”が誰なのかわからなかったので調べてみた。
あり?俺ってこんなにタレ目かい・・・?

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/65

『K-1を見た』

2004年12月04日

今日K-1WORLD GRAND PRIX 2004を見た。
テレビではなく東京ドームで。

東京ドームにいくのは小学生ぐらいのときに親父に連れて行かれた「都市対抗野球」(シブい!)の応援以来だから、かなり久しぶりだった。

いやー、やっぱり生はちがうね~!
何が違うって”音”だな。

いいローキックが入ったときは「ピシャーン!!」っていうのがすごかったし。
ボディーにパンチが入ったときは「ビチッ!!」っていう鈍い音がした。
フランソワ・ボタがパンチを繰り出すときの「フン!!フン!!」っていう声もよく聞こえた。
さすが”ホワイトバッファロー”の異名をとるだけあって鼻息がすごいぜ!!

武蔵の入場テーマがMETALLICAの「MASTER OF PUPPETS」だったのが熱かったし、シリル・アビディはテレビで見ると、なで肩でひょろっとしてるイメージだけど、本物はデカくて(実は身長が190cm!)かなりゴツかった。
顔はホントに悪そうな顔で、試合というよりも「ドツキ合い」といった感じのファイトで熱かった。

ジェロム・レ・バンナは作り物みたいな体つきで、ホントにサイボーグみたいだった。
あんなのが目の前にたったら、迷わずコーサンです。
対戦した天田ヒロミが、ちょっと気の毒なぐらいだった。

でも一番すごかったのは、決勝戦の前にあった空手の達人(54歳)の"スーパー演舞"だ。
どのぐらいすごいのかっていうと、すごすぎて、あんまりすごくないんじゃないかと思ってしまうぐらいすごかった。

もう棒だの、板だの、瓦(かわら)だの、壷だのが、いとも簡単に「ぱーん」ってはじけるんですよ。
見た目には、両側から手で「パチン」とたたいただけのように見えるのに、中に爆薬が仕込んであるんじゃないかと思うくらい瓦が粉々に飛び散っていた。

終わったあと、左手の拳から血が流れていたのを俺は見逃さなかったけどね。

またなにか見に行きたいものだのー。
大晦日の格闘技祭りも検討してみようっと。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/64

『年末はなにしようか・・・』

2004年12月25日

本日(25日)の忌むべきクリスマスが終わったら、後は年末に向けて師が走るのみである。忙しくなるね・・・。そしてこの時期は毎年、何故か意味もなく寂しくなる季節である(いや、意味なくよ)。

今年一年間を振り返ってみると、実に様々な事があった。このコラムには書ききれないボリュームになってしまうので長々と語るのはやめとして、おそらくそれらの回想がまた、過ぎし日の良き時を思い出させて、俺を寂しい気分にさせるのだろう・・・とか言ってみる・・・。

・・・さて!!そんな「寂しい気分」ばかりにはなってられん!!年末は何しよう?!何しよう?!

rsst.tvに掲載させて頂いているバンドさんの中には、年越しライブなんて粋な事をやってしまう方もいるかもしれん。楽しそうだ。実に良い。

・・・しかし、俺は「寺」に行く!!

近所の寺じゃないよ。とお~くの方にあるお寺に行くのだ。小学校からの付き合いの、頭が発泡酒みたいな奴らと、普段は絶対に行かん「寺」に行き、そこら辺にいる「神様」っぽい人に、来年もいい年であるようにお参りをするのだ。

そして無料の甘酒を浴びるように飲んで、車を運転して、飲酒運転で捕まって、地方だから帰れないってんで留置所で夜を明かして、朝になってお金をたくさん払って帰される・・・。

・・・どうですか?こんな年末・・・。

っと・・・いやいや、真面目なお話も一つ。
rsst.tvがオープンして、一年とちょっと・・・色々な人に支えられて、このサイトを続けられている事を嬉しく思います。嬉々感謝!!

このサイトを始めてから、自分の世界観や歩んでいく方向・視野が広がりました。とても内容の濃い一年間を送れたと思います。

来年もまた、rsst.tvは何やら面白い事をしたいなと考えておりますので、ご協力・ご声援の程、どうぞよろしくお願い致します!!

来年、皆様が良いお年でありますように!!

・・・俺は「寺」に行くぞ!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/242

『イエス!!ウィンターイベント!!』

2004年12月18日

さぁてさてさて!!

今年ももうすぐやって参ります!!
僕の中で一年で一番、ダウナーかつ嫉妬と憧れに焦がれる「あの日」が!!

そうです・・・皆さんお分かりですね?

せ~のっ!!ク・り・ス・ま・素~~~~!!!

か~~~っ、ぺっ、ぺっ!!
今年も俺の元にサンタさんは現れてくれないのは解かってんだよ!!最近、結構短めの坊主頭にしてからは、より一層俺に気軽に話しかけてくれる人間が減った気がする。当然、クリスマスパーティーなんてアメリカナイズな催しに呼ばれる事もなく、俺は一人寂しく「甘納豆」でも食ってんだろうな~・・・ってわけだ。

俺だってパーティーやってみたいわい!!
フィレステーキとポップコーン食べたいわい!!

っと・・・当然、何の努力もなしに、皆とシャンパン片手にヒゲメガネ付けてクリスマス帽子、クラッカ~をパ~ンッてやって「Oh~~!! Welcome to my homeparty!!」って楽しもうなどとは微塵も思っていない。

幸福な一日を過ごすには、人間それなりの努力が必要なのである。わかってるよ、そん位。ねぇ、旦那。
・・・では、どんな努力をしようかと言うと・・・

・とりあえず「ジングルベル」だけはメロディーをはずさず歌えるように練習をする。

・この日だけは黒い服は避けて、出来るだけ純白を心がける(ギリギリ、クリーム色は良し)。

・トナカイはかぶりものじゃなくて本物(仕込みは一週間前から)。

・サンタは俺が連れてくる(そこら辺にいるだろ)。

・プレゼントは電化製品(こういうのが喜ばれるんだ、ね?でしょ?)。

※補足・・・笑顔


どう?完璧でしょ?俺がいたら楽しいよ?
だから・・・誘って・・・おくれよぅ~~~~。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/241

『マッスルボディー計画』

2004年12月11日

念願のスポーツジム通いを始めた。

ここん所、何やら楽しく忙しくバタバタしていた(?)ので、行きたくても行けない日々が続いていたのだが、先週に思い切ってジムの門を叩いたわけである。

茶髪のお姉さんの舌ったらずな説明を、イライラしながら聞いて(同じ事3回位言うんだもの)、いざ入会!!

・・・と待てよ・・・?

今おかしな事を聞かなかったかい?
「ええっと・・・お客様・・・男性ですよね?」

・・・あ、あったりまえだのクラッカ~よ!!

どこからどう見ても男だろうが?!
何ならこの場で生まれたまんまの姿になってやろうかいね~~~?!どうなの?!どうなのよ?!!!

・・・ま、小心な俺はそんな事を言えるはずもなく、「はい、男です。」とか真面目に答えて、入会はめでたく終了したわけであるが、あの質問は何だったのであろう・・・。未だに疑問が残っている・・・。

ま、そんなこんなではあるが、スポーツジムって凄いね~。プールにお風呂に、サウナまであるのさ!!それに加えて機材の充実の素晴らしさ!!何を選んでも機材待ちをする必要のない位たくさん台数があるのよ!!で、みんなアメリカナイズされたスパッツやらリストをして、笑顔で汗かいてんのさ!!あげくにipod聴きながらジョギングかよ?!

こりゃ~、もう簡単にやせたも同然だな!!
これでいくら食っても、もう大丈夫!!
とまあ、教科書に下線を引いただけで、勉強した気になっている受験生の如く、勘違いな思い違いをしてしまっている次第でございます。

不安な要素は、「三日坊主」である。
俺は楽しいものにはのめりこむが、つまらないものには目もくれない。飽きがこないかが心配だね。でも、高いお金払ってるんだから、通う事への使命感は持つ事ができるのである。

後は俺の気合次第で、「しゅわるっつねっが~」知事の如く(もしくは力也)、いんちき臭い身体を作り上げられる事でしょう!!

みんな、応援してくれ!!
・・・何を・・・応援するんだろうねぇ・・・。
俺次第・・・だよねぇ・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/240

『最近の傾向』

2004年12月04日

俺は最近「チンピラ」風な服に懲っている(もしくは懲りたい)。

と言うと、大抵の人は「何を言うとんねん。」的な
視線で俺の事を見据えるのであるが、大真面目である。

「チンピラ」と言っても、決してリーゼントにバックス○二ーのジャージやら、中に何が入っているのかがいつも謎なセカンドバッグを持ち歩きたい、という事ではない。あしからず・・・。当然、金の腕時計にも興味はない。俺のファッションセンスを信じろ。

要は、「如何にアダルティっぽく」「それでいてヤングに溢れた」「ちょっぴりワルも含めつつ」「ナウい格好が出来るか」にかかっているのである(わがまま)。

中井貴一とは対極のファッションを目指しているわけである。当然、安岡力也ともちと違う(いい線はいっている)。

俺の中で、以上の条件を満たす「ナウいチンピラ」とは、ずばり「松本人志」と「木村祐一」の事を指す。

まず二人とも坊主という点で、不肖、私とも共通点が確立されている。その次に、つっかけサンダルに無精髭、ダルダルの袖長いティ~シャツを、まるでセレブと見紛うほどにサラリと着こなすそのスターっぷりに、俺はもう目が「ハート」なわけである。

多分、この二人がポケットに手を突っ込みながら、辺りを物色しつつ、街を歩いていたら大抵の人間は、怖くて話しかける事すら出来ないであろう。見た目まんま「チンピラ」だもの。「チンピラ」風とか、そんな生やさしいもんじゃない。

そこがカッコいい。

男たるもの、少し位毒気を持っていて、切れるナイフ全開の方が色気も出るのであろう。休日は昼真っからショットバーでバーボンあおって、気が向いた時だけビリヤードを突く。腰にはウォレットチェーンがジャラジャラ鳴っていて、それなのにシャツはダルダルでジーパンもヨレヨレ。いや、ストライプの黒シャツをボタン三つまで開襟させるのも良いな・・・。

・・・とか妄想を膨らませつつ、今年の冬も「ユニクロ」のジャケットにお世話になるわけである。ジーパンの丈とか詰めてもらったりするのである。

はぁ~・・・。これが・・・現実かぁ・・・。
ってね!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/239

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)