無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ

« 2004年07月 | メイン | 2004年09月 »

『3とsun』

2004年08月28日

どうもTATSUYAです。急に涼しくなってきましたが、体調など崩してませんか?

以前ヒーロー戦隊ものの「バトルフィーバーJ 」がどれだけパンチの効いたものであるかを書いたと思いますが、今回またひとつ思い出したので、紹介しよう。

その名も「太陽戦隊サンバルカン」!!
これは俺と同年代の人なら、リアルタイムで見ていたものじゃないかな。

ヒーロー戦隊ものの中では、唯一最初から最後まで3人でやりとおしたものだと思う。
”3人”のサンと、”太陽”のサンをかけたネーミングセンスにまずヤラれる。
ただのダジャレぢゃねーかよ!
まあ、サンフレッチェ広島みたいなもんだな。

3人しかいないから、ひとりひとりのキャラが際立ってたような気がする。
バルイーグルは鷲が羽ばたいてるようなポーズだし、バルパンサーは”ニャオーン”って感じのポーズである。バルシャークは・・・、サメの口・・・かな?(ただ手を上下に広げているだけにしか見えないが)。

そして武器がまた秀逸。

「バルカンスティック・・・地面を割ることができる」
!!
地面を!?割ることができる!?
アラレちゃんかよ!!

「サンバルカンボール・・・ボール爆弾を、サッカーのようにシュートして敵を倒す。」
いやいや、爆弾をシュートしちゃだめでしょ、シュートしちゃ・・・。

そして、敵の幹部に「へドリアン女王」というのがいるんだけど、こいつがまた破壊力抜群!!
前作のデンジマンで倒されたはずなのに、復活して再登場である。
これが敵の親玉も手を焼くほどのわがままっぷり。
子供の頃、本気で怖がってたのを思い出します。

さらにはリーダーのバルイーグルが、研究のためにアメリカに行くとかいって2代目に交代するというヒーローにあるまじき無責任っぷりを発揮。
幼心に、ショックをうけたのは言うまでもない。

でも、やっぱりこういう良くも悪くも刺激的だったものって、結構記憶に残るもんだな。
また、パンチのあるものを思い出したら書こうと思います。
ではまた。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/50

『ビッグな友達が・・・』

2004年08月21日

やってますね!アテネオリンピック!
連日連夜睡眠不足に悩まされている人も多いと思います。
なんだか柔道と水泳でメダルラッシュ、すごいですな!

個人的には、体操団体金メダルが興味深い。
かなりドラマティックな展開で、最後の最後に最高得点を出して逆転優勝というのは、かなりぐっと来るものがあった。
で、体操日本代表の選手の名前を見ていて「水鳥」という名前の選手を発見して、「!」と思った。
なぜかといいますと・・・。

俺、実は昔、体操をやってたんです(恥)。
当時は俺もあんな感じでレオタードみたいのとか着てやってましたよ、中学生のときに。
体も結構柔らかかったりして。

しかも体操なんて競技人口が少ないものだから、何にもしなくても県大会までいけてしまうというおきらくシステムで毎回県大会までコマを進めていた。

でもやっぱり県大会まで行くとさすがにうまい人がいるわけです。
そこの中でも抜群にうまかった人の名前が「水鳥」だったような気がしたからだ。

いろいろ調べてみたら、今回日本代表としてオリンピックに出場しているのは、その県大会で俺が対戦(?)した人の弟だということがわかった。
つり輪に専念して、重点的に筋力を強化したというあの選手だ。

いや~、中学のときに部活の試合をした人の弟が日本代表としてオリンピックに出ているなんて夢にも思わなかったね。

「中学のときに部活の試合をした人の弟」なんてもう友達みたいなもんだよな!!
友達がオリンピックに出てるなんて鼻が高いなあ、俺も!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/49

『咬み癖のあるアイツ』

2004年08月14日

TATSUYAです。
毎日毎日暑いので、ここいらでひとつ背筋も凍るような話をひとつ。

あれは6年ほど前のことだったでしょうか・・・。

サークルの飲み会でしこたま飲んだ俺は、フラフラしながらやっとのことで家にたどり着いた。
当時は長い坂の上に住んでいて、さらに自転車だったこともあり着いた頃には汗だくだった。
当然クーラーなんて代物は存在しない。

(うわー、汗かいちまったけど、もう風呂はいるのめんどくせーな・・・。いいや明日朝イチで入ろう)

などと思い、酔っていたこともありそのまま寝てしまうことにした。

だがしかし、あまりの暑さになかなか寝付けない。
そのまま何分かが経過・・・。

そのとき首筋に小さな虫が歩いているような、何かもぞもぞするものを感じた。
そしてなにやら噛み付いているのである。

アリが手や足に登ってきて噛み付くことってあるでしょう。
あの感じで、ちくちくする感覚だった。
ただし今まで咬まれた中では1番咬む力が強かったので、これは相当でかいアリに違いないと思い、半分眠りかけた意識の中で首筋を軽く手で払った。

ぽとっ

「!!」

(今”ぽとっ”ていったぞ!いくらでかいアリだって布団の上に落ちるときに”ぽとっ”っていわねーだろ!せいぜい”ファサ”がいいところだ。いやな予感がする・・・(この間0.2秒))

飛び起きた俺は大慌てで電気をつけた。
そこで俺の目に飛び込んできたものは、4cmほどのゴキ○リ!
俺の叫び声が深夜のアパートに響き渡ったのは言うまでもない。

どうやらゴキはビールの匂いが好きらしく、汗とともに出てきたビールに惹かれてしまったらしい。
咬みつくんだよあいつら。
その後は首筋を1時間ぐらい、真っ赤になるほどずーっと洗ってました。

まさに背筋も凍るような話でしょ?
ビール飲んだ後は、お風呂に入ってから寝ることをオススメします。
あ、マヨネーズも要注意ね。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/48

『綿菓子のような毛』

2004年08月07日

どうもーTATSUYAです。

以前猫を飼っている話を書いたと思いますが、最近夏毛に生え変わり、それに伴う恐ろしい量の抜け毛でほとほと困り果てていた。

猫だから当然カーペットの上やベッドの上で寝転がりますわ。
その寝転がった後が、もう作りかけの綿菓子みたいなんですよ。

そこで昨日購入しました。
まずはグルーミング用ブラシ

「グルーミット!」(ドラえもん風に)

これは手にはめるタイプのブラシ。手のひらの部分にラバーのブラシがついている。猫はなでられているうちにお手いれが終わるというスグレモノ。
これが結構すごい。

ちょっとなでただけで、ブラシ部分の表面が見えなくなるほどの毛が取れる。
今まで使っていた100円ショップのブラシの132倍ぐらいの戦闘力!

そしてもうひとつ、カーペットやシーツについた毛をかき集めるスポンジ。
その名も

「一毛打尽!」

まずそのイカしたネーミングセンスに撃沈。
そして名前負けした商品だとタカをくくっていたら、これがなかなか優れもの。
カーペットをこすると目に見えないぐらい細かい毛までかき集めてくれる。

この2つのあわせ技で、
1 まず猫の毛を「グルーミット!」でとりまくる。
2 その後カーペットに散らばった毛を「一毛打尽!」で一網打尽にする!

これがクセになりそうな予感。
すでに昨日から今日にかけて、合計10回ぐらいこの2つを繰り返してしまった。

そのおかげで猫のほうはちょっとやせたのかと思うぐらいすっきり。
とった毛はもうゴミ箱いっぱいになりました。
あんまりやりすぎると、猫がハゲてしまいそうなので、注意せねば・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/47

『モノ.語り~夢、既視感の井戸』

2004年08月28日

一日目

ぐるぅり、ぐるぅり・・・回る天蓋の下に寝る私は夢を見る。
荒涼とした大地には、手のひらの大きさの石が寄り添う様に重なっており、その隙間からは場所を問わず、たくましくも名もなき草がまばらに生えている。

そこに立つ私は、前方にある井戸を目指して、重く感じる足を引きずるようにして、歩みを進める。

靴を履いていないのが、石を踏む足の裏から感じ取れる。歩みを進める内に皮膚が裂け、朱い液体のぬるぬるとした生暖かさを感じた頃に、私は井戸に辿り着く。

井戸の水で、裂けて朱に染まる足を洗おうと身を乗り出すと、底は思ったよりも深く、釣瓶を探すも見当たらない。

・・・井戸の底を眺めながら、どうしようかと思案している私の目が、その底深い闇に慣れてきた頃だ。
私は井戸の底にいる「見てはいけない彼女」と目が合ってしまう。

「見てはいけない彼女」は井戸の底から、見下ろす私を食い入る様に見つめていた。それはもう瞬きの一度もない、ドロリとしたその瞳で。

私は彼女を知っている。

彼女は、肩口ほどの長さの美しい黒髪と、透ける様な白い肌を持っている。そして日本人形を思わせる整った顔立ちと、薄黄色い寝袴着のような着衣は、その井戸の底で儚く淡い光を放っている様に見える。

しかし彼女の瞳だけはドロリと濁っているのだ。

彼女の放つ、生命の輝きにも似た儚くも淡い光と、彼女の持つ、濁った瞳のアンバランスさは、私の心を強く惹きつける。

長く長く・・・悠久の時を感じさせる程長く・・・彼女と見つめ合ったまま、私は彼女の「名前」を思い出そうと拙い記憶を手繰り寄せる。

そして「見てはいけない」その理由も。


・・・暗転・・・
ぐるぅり、ぐるぅり・・・回る天蓋の下で私は目を覚ます。今日はここまでのようだ・・・。

                 ~つづく~

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/225

『狂人小説』

2004年08月21日

夢野久作の「ドグラ・マグラ」という小説を読んでいる。
何気に、昭和7年に自主刊行とかで古い作品なのである。当時は自主という事もあり、まったく話題にも残らず時代の波に埋もれてしまった作品なのだが、夢野久作の死後、その作品の完成度の高さが正当に評価される事となり、今では文豪作家の代表作として世に多く出回っているのである。

さてその内容なのだが、

「狂人の書く読み物」

この一言に尽きる。
小説のあらすじには、「これを呼んだものは一度は精神に異常をきたすであろう」とまで書かれている位だ。

実際にこの小説を読んでいると、正常と異常のバランスが非常に曖昧になってくる節はある。

夢野久作はこの「ドグラ・マグラ」を、10年の歳月をかけて完成させたらしいのだが、「狂人」の書く小説は支離滅裂で、読んでいて背筋が寒くなる程の圧迫感と、言いようのない「恐怖」に駆られるのだ。


胎児よ
胎児よ
何故躍る
母親の心がわかって
おそろしいのか


この書き出しから始まる「ドグラ・マグラ」には、人間の持つ負の力、暗黒、闇、退廃、空虚・・・およそ後ろ向きと取られる言葉の全てが集約されている。

内容は、「記憶を失った若者が、自分を思い出す過程で明らかになってくる尋常でない出来事の数々」なのだが、ストーリー云々よりも、まず夢野久作という「狂人」がこれを書いている事自体が、「ドグラ・マグラ」を異常小説と知らしめている全てなのだである。

文脈がおかしい・・・ストーリーに関係なく人物のうめき、慟哭が文中に突然現れる。

擬態語がおかしい・・・およそ常人では考え付かないようなチグハグな擬態語が多数、脈絡もなく現れる。

等・・・等・・・本当に、これを読んでいると気が狂いそうになります。お試し・・・あれ・・・。早く、先を・・読まなきゃぁぁぁぁぁ嗚呼ああ・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/224

『夏フェスにノックアウト!!』

2004年08月14日

SUMMER SONICに行ってきたぜ!!

今年の夏は猛暑というだけあって、幕張の日差しは強い強い・・・。そんな中、勇み足で10:00にはすでに現地に到着して、色々なバンドをかいつまんで見てきた俺からのレポートだ!!

今年のサマソニ・・・何といっても「THE MUSIC」が最高でした!!マウンテンステージというマリンスタジアムとは別の幕張メッセの屋内ライブだったのだが、最後の大トリとしてステージを飾ったのが「THE MUSIC」であったのだ。

弱冠20歳で何という演奏技術と試合運びをするのだろう!!一時間弱のステージではボーカルの声の勢いは衰えないし、長時間のイベントでヘロヘロになっているはずのオーディエンス達をグイグイと惹きつける音の圧倒感。

時折盛り込まれるダンスビートに、気持ち良く音の洪水の中で身体を揺らしていたよ。ボーカルの心地良いハイトーンボイスも病み付きになるな!!

次は夕方位の出番だった「hoobastank」!!最後の曲でギターの弦が切れてしまったにもかかわらず、それをドラムとベースの機転を利かせた間奏によって事なきを得ていたのには、プロフェッショナルを感じてしまった。

ボーカルのマッチョな身体と歌声にやられた女性ファン多し?!

そしてさらに遡って、お昼位の出演だった「THE BRONX」!!いやぁ、ここのボーカルには笑ったねぇ。演奏がすんげ~うまくて、楽器隊みんなかっこいいのに、ボーカルはハゲたおっさんがヨレヨレのシャツ着て痙攣しながら歌ってた(笑)。というかシャウトしてた。

音は西海岸ハードコアって感じで、会場のボルテージは真昼間から頂点に達していたな。

そして、唯一、俺がメインステージの野外マリンスタジアムで観たのが「LOST PROPHETS」!!六人バンドの中でも特に、DJのプレイと真夏日なのにばっちり黒スーツ、という出で立ちでシャウトをかましていたメンバーの一人がすげ~クールでかっこよかった!!

このバンドは、遠い所で観ていたから正直、音は散っちゃって良く分からなかったな(笑)。

以上、サマソニレポートでした!!夏は良いね!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/223

『御茶の水博士はこんなんじゃないよ!!』

2004年08月07日

電車の中で変な人(二人組)にあった(と言うか見た)。

「ナノテクノロジーによる構造論」とかいうレポート(確かタイトルはこんなんだったはず)を広げて、男の二人組がおよそ電車の中でする会話とは思えないほど、高レベルな討論を展開していたのである。
以下、二人組の討論を盗み聞きしていた内容。

男A:「××さん、この公式見てよ。」

男B:「・・・・・なに?」

男A:「ここでこのレベルを一つの構造と仮定すると、その後に来る公式A/B/Cに矛盾が生じるよね。このレポート、考え直さないと・・・。」

男B:「いや、××君。これはね、この斜線の部分を分子レベルで見た場合の話をしているのだよ。ここがこうで、こうすると・・・ほら。矛盾なんか何処にもない。」

男A:「あ、本当だ。××さんはやっぱりピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨ・・・・。」

男B:「うん。僕はこの分野ではピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨ・・・・。」

男A/B:「ピヨピヨピヨピヨピ~ヨ・・・ピヨピ~ ヨ、あれがこうなって・・・ピヨピ~ヨ。」

理解不能である・・・。

恐ろしく難解な公式みたいなのをいっぱい書いて、話の節々には「核」やら「放射線」やら物騒な言葉まで飛び交っていたのである・・・。

ここは京王線の電車の中よ?

しかもその男二人組、無精ひげが伸び放題、シャツよれよれ、身体ガリガリのいかにも・・・って感じだったのだ。

お前ら・・・日本をどうする気だ・・・。
怖え・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/222

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)