無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ

« 2004年06月 | メイン | 2004年08月 »

『遅れて降ってくるヤツ』

2004年07月31日

花火を見に行ってきました。
やっぱ花火って”夏”って感じがしてよいですな。

最近の花火は結構進歩しているらしく、スマイルマークの花火やら、ハート型のやつ。果てはミッ○ーマウスやド○えもんの形のやつまで現れて、度肝を抜かれた。
(ミッ○ーマウス形のやつが、本当にミッ○ーマウスなのか、それともただの猫の形が崩れてミッ○ーっぽくなっているだけなのか、という論争が小一時間ほどあったのは言うまでもないが・・・。)

今回気合を入れて、打ち上げ会場の結構近くまでいって見物した。
冷えたビールを脇において、ボケーっと(口をあけて)見ていたのだが、かなりでっかい一発があがった直後、俺の左サイドで

「じゅわっっ!!」

という、なんともきもちのいい乾いた音がした。
何事かと思いよくよく見てみると、直径5cmぐらいの花火の破片(!)が缶ビールの上に可愛く乗っているではないか。

周囲を注意深く観察してみると、花火が打ちあがった数秒後に
「パラパラッ」
という、細かい粒が地面にいっぱい落ちてきているのが確認できた。

終盤には火のついたままの破片が目の前2mぐらいのところに落ちたりして・・・。
予想だにしなかった種類のスリルと興奮が味わえた夜でした。

教訓:花火を近くで見るときはつば付きの帽子が必須アイテムだ。さもないと顔に破片が降りかかって花火どころのではないのだから。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/46

『フジロックぢゃないよ』

2004年07月24日

日焼けが痛いTATSUYAです。

なぜ日焼けしたかというと、今日ROCK ODYSSEY 2004にいってきたからだ!!
たった今帰ってきたところで体はヘトヘトだが、満たされている状態である。


2番目のJOSH TODDから参戦したのでそこからの俺ダイジェスト!

JOSH TODD・・・体中入れ墨だらけだが、顔は意外と可愛い

MICHELLE BRANCH・・・何気に今日のお目当て。
黒髪を金髪にしてキュートさUP。歌が超うめー。
1時間では物足りなかった。

PAUL WELLER・・・ぶっちゃけよく知りませんが、よかったです。
ピアノを弾いてる姿がかっこよかった。

稲葉浩志・・・ファンがたくさんいて、やたらと盛り上がってた。中学生のときに5万人規模のB'zの野外コンサートを見に行った事のある俺は、10年以上たってもう一度野外で見る稲葉浩志になんとなく感傷を覚えたりして・・・。

The Who ・・・結成40年にして初来日だそうで、奇跡だ!とか言われてた。
ピート・タウンゼントの腕グルグルは予想以上に早かった。
ロジャー・ダルトリーのマイクブンブンは、ヌンチャクの名手のようだった。
マイクぬけちゃうんじゃーないの?とか、いらぬ心配をしました。
最後にしっかりギターを破壊していきました。壊すなら俺にくれ、と思った人多数。

AEROSMITH・・・何度も来日してるけど、何気に見るのは初めて。
格が違う!!スティーブン・タイラーがセクシーすぎて失禁しそうになった。
なぜか左腕には漢字で「猛暑」の文字が。
MCでジョー・ペリーが「ハーイ、フジロック。調子はどうだい(英語で)」と言ってしまい、関係者各位が凍りついたであろう様子が想像できた(笑)

とまあ簡単ではあるが、こんな感じだった。
ひとつ思ったことは、ROCK最高!!ということだ。
オチはありません。
また来週。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/45

『モチは餅屋』

2004年07月17日

TATSUYAです。

以前物件を探しているということを書いたと思うが、実は先週引っ越しをした。

今までの何回かの引越しは、レンタカーと友人の力を借りて(2003年11月のJUNPEIのコラム参照)自前で済ませてきたのだが、今回はあまり時間もなく体力的にもキツかったので、初めて引越し業者に頼んでみた。

正直な感想。
引越し業者はスゴイ!!


●今までの引越し
「どれ運べばいーのー?これかー?」
「重てーよー、あちーよー」
「ちょっと休憩しよーぜー」
「お礼は焼肉かすしでいーよ」

●今回の引越し
「運ばなくていいものはどれですか?」
といいつつ、ダンボールを2個づつ運ぶ。
「これは結構でかいですね」
といいつつ、かなり重いギターのスピーカーを表情ひとつ変えずに運ぶ。

というような感じで、俺はほとんど何もせずに終わってしまった。
今までは、引越しのその日はもう疲弊しきって、次の日来るであろう筋肉痛と荷ほどきのことを考えて少々うんざりしながら眠りについたものだったが、今回はあまりのあっけなさにやや拍子抜けした感じだった。

「もちは餅屋」とはよく言ったもので、やはりプロというものは違いますな。
もう体つきからしてぜんぜん違ったもんね。
しかも俺の引越しが終わったあと、「もう1件あるんで、失礼します」と、そそくさと帰っていった。

「もう一件!?」
ツッコもうかと思ったが、あまりに真顔で言われたので流してしまった。
おそるべし、引越し業者!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/44

『不自然にバックする車』

2004年07月10日

この間深夜にコンビニにいったときの出来事。

そのコンビニは駐車場が結構広いところだった。
俺がその駐車場に入ると、ゆ~っくりバックしてくる車が目に入った。
何だか不自然な感じでバックしてくるなーと思いながら、その車の運転席の横を通り抜けようとして、ふと運転席を覗き込むと・・・

!!

なんと運転席に誰も乗ってないのである!

その瞬間俺の頭の中はものすごいスピードでグルグル回った。

(誰も運転席にのっていないのに車がバックしている。
 ということは、サイドブレーキを引き忘れたか?
 そういえばこの駐車場は微妙に傾斜がついている。

 待てよ、このまま車がバックしていくと車道に出てしまうな・・・
 そうなると大事故になるか?
 これはすばやく車の後ろに回りこんで、汽車を止めるスーパーマンばりに踏ん張ってみ るか。
 いやいや、車の進んでいく先にはガードレールがある。
 このぐらいのスピードなら突き破ることはないだろう。
 ひとまず安心・・・。)

この間約0.7秒。

とか考えてるうちに、車はガードレールに”ごっつん”と鈍い音をたてて止まった。
まるでスローモーションを見ているかのように。

人間って自分の予想外のシチュエーションに直面したときって、とっさには体が動かないものだなと痛感した。
普段からの心構えが大切だな。

かといって、運転手のいない車がバックしてくるというシチュエーションに対する心構えができている人などいるわけもなく・・・(いたら頭のネジが2,3個吹っ飛んでるに違いない)

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/43

『これで焼けてんの?』

2004年07月03日

夏は短パンだ!のTATSUYAです。

この間短パンをはいてみた。
というのもその前の日、外を歩き回ってその日はいてたデニムが汗を吸ってずり下がるほどだったからだ。
そうなると足にまとわりつくは、重くて歩きにくいはで大変だった。
そこで翌日、今年の短パン開きに踏み切ったわけである。

はいてみてびっくり!
俺の足の異様なまでの白さに!!

いやー前々から白い白いとは思っていたが、これほどまでとは・・・。
腕と比べても足のほうが白い。

ここでまたびっくり!
腕のほうが多少黒いということは、俺の腕は日焼けしているということになる。
思わず、「マジで?!これで焼けてんの!?」とツッコんでしまった。
われながらすごいもんである。
普通に白いんですよこれが。

よく女の子に「その白さをちょっと分けてほしい」というような主旨のことを言われるが、ぶっちゃけ分けてあげたいです。
肌が白いことで得することはあまりない。

唯一あるとすれば、体調がすこぶるよくても
「なんだか顔色悪いね。調子でも悪いの?」
と心配されたりするので、比較的仮病が使いやすいぐらいである。
そんなネガティブな得意技はいらないのである。
もっとこう、有意義なものがほしいな。

肌が黒い人に不健康な人はいなさそうだが、白いヤツはそれだけで”インドア派です”といって歩いているようなものだ。
まあ間違ってはいないが。

なんだか愚痴っぽくなってしまったが、今年は外に出て黒くなろうと誓ったTATSUYAでした。
ではまた来週!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/42

『味王と味皇帝並に物申す』

2004年07月31日

中華料理は恐ろしい・・・。

街で良く見かける中華屋さん。何気なしにふらりと立ち寄ってみて、チャーハンを頼んでビックリ!!

米米米・・・これでもかという位の大盛りチャーハンが出てきたのである・・・。

中華料理は、美味しいのだが量が測れなくて困る。基本的に写真で料理の載っていないメニュー表が多いから、勘で「これは”海鮮蟹肉多焼飯”だからカニチャーハンだな・・・。」とかある程度の予測を立てて注文しなければいけない。

そのほかにも、”中国四千年万里梅飲料”なるものがあって、「おお?!中国四千年とな?!」と勇み足で注文してみたら、ほんのちょこっとの、そう、文字通りおちょこサイズの梅ジュースが出てきた事もある。

殺すぞ・・・。

これで何と400円である・・・。その時は、中国四千年に対する怒りをこらえて、仕方なくチョビリチョビリとすするように、梅ジュースを飲んだのである。

次に似たような目にあったら、全身のチャクラを開放して、店の厨房に波動を送り込んでやろうと思った次第である。

しかしね、中華料理は数ある食ジャンルの中でもトップクラスの美味しさを誇る料理だと思うのだよ。

安い、早い、美味い!!(量が多い、または少ない!!)

う、うま~~~~~~い!!!(味王テイストで)

こんなに先の読めないメニューと、俺の昼時の胃袋加減を見事に裏切るボリューム具合には、それこそ中国四千年の歴史を感じてしまうのである。

P.S 中華料理屋さんにお願い
    出来ればメニュー表は日本語が良いのだけれど・・・わがまま?

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/221

『音楽を聴くちっちゃい機械について』

2004年07月24日

最近、ハードディスク内蔵のオーディオプレイヤーを買った。

以前所有していたMDプレイヤーは、車に轢かれてペッチャンコになってしまったので、大金はたいて買ってみたのである。

「TOSHIBAのGIGABEAT」というやつなのだが、最近では「i pod」や「vaio pocket」などが人気商品として取り上げられていてだんだんと、この手のオーディオプレイヤーも認知度が高くなってきた次第。

大まかに説明するとだな、通常のCDやMDなどのメディアを使わずして、オーディオプレイヤーの中に直接、曲データを取り込んで、それを聴くことが出来る、っちゅ~便利な奴なのだが、

①わざわざ外出時にCDやMDカセットを持ち歩く必要がない。

②オーディオプレイヤーの中には、実にCDアルバム500枚分の曲データ(俺の持っているやつはね)を取り込むことが出来る。

③曲データ以外にも映像や写真、仕事に使うデータなども取り込んで、持ち運ぶ事が出来る 。

って事で、音楽を聴いてなきゃ怖くて道を歩けない俺にとっては、これ以上になく重宝している現代の便利機器なのである。

そして、俺の中で重要な事が、「音楽を聴く時はTシャツは着ない」なのである。

何のこっちゃ?と思う方も多いであろうが、理由を聞けば納得して頂けるはず。

外で音楽を聴く時は、プレイヤーの収納場所は「襟付きシャツの胸ポケット」がベストポジションだと自負しているからなのである。

カバンの中だと、イヤホンのコードがベロ~ンってなっていてうざったい。ズボンのポケットだと、細かい動きでプレイヤーが圧迫されてしまう。

ほらね。

だから、俺は夏場はほとんどTシャツを着ないのである。

以上!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/220

『野外同窓会』

2004年07月17日

さてさて、本日、俺は川に行く前にこのコラムを書いている。楽しみなのである!!

川に行くのは今年で八回目。そりゃあもう、小学校からの付き合いの友達達と毎年恒例なのである。その間、当然就職した者、結婚した者・・・小学校の頃からは想像もつかない“大人”になった友達が、この日だけはゾクゾクと集まってくるのである。

結婚した奴なんかは、その奥さんと子供達まで引き連れて参加というのだから、人数を数えていたら気が遠くなる・・・。今年は友達の“大人”が十名、奥さん、子供を入れると・・・。

もう解かりません・・・。

な、ものだから当然買い出しの量もハンパじゃない。

あいつとあいつはビールしか飲まないから・・・。
あ、あいつは確かカシスオレンジがあれば何でも良いって言ってたな・・・。あいつの子供は最近めっきり"子供ヤンキー”になっちまったから、肉は食わせねぇ・・・。ジュースはペットで三本、水は四本・・・。あ、あいつ糖尿病だったな・・・。

もう収集がつかないから、とりあえず目に止まるもの全てを買い物かごに突っ込んでいく始末である。

何で俺がこんな事しなくちゃいけねぇんだよ!!

とか何とか言いつつ、いそいそと明日の為にドンキーホーテでお買い物をしてきたのだ。ま、何だかんだ言ってほとんど同窓会のノリの方が強いから、「嫌々ながらも好きの内」なのである。

こういう時って、「大きい車」を持っている奴が「幹事」みたいな嫌な空気が流れてくるよね・・・。

あいつは「大きい車」を持っているから買出しを頼もう。あいつがいるから皆で行っても車には乗れる、大丈夫だ。みたいな。

はぁ~~。

俺のオンボロ車(走行距離・12万キロ)を頼りにしているお前達よ、何があっても文句は言わせねぇ。

ってな感じで、こんがりと焼いてきま~す!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/219

『人造人間の気持ちが解かった』

2004年07月10日

親知らずを抜いた・・・。

もう、痛いのなんのって。俺の歯は、歯茎に埋まっている部分が常人よりも1.5倍ほど長いらしいのだ。大変珍しいそうな・・・。

おかげで抜くのも一苦労である。普通ならちょちょいと引っ張れば「スコンッ!!」と抜ける所を、俺の場合はそりゃあもう、大変な作業だったのである。

まず麻酔を四本~六本(打ちまくり・・)、そして、俺を仮面ライダーに改造するのか?!って位のペンチや工具達を取り揃える・・・。そこから何と、二時間に渡っての抜歯!!

「手術かよ?!」もとい頑張って引っ張っている姿は「大きなカブかよ?!」位に思ってしまった・・・。

やっぱりどんなに引っ張っても抜けんらしくて、最初は「じゃあ、やりましょうね~」なんて軽いノリで始めた歯医者さんも、だんだん目がマジになってきていた。

抜けない事を悟った歯医者さんは、まず、俺の歯茎を十字に切開。(この頃麻酔が切れていた・・・痛いっつ~の!!)それでも抜けないと解かるやいなや、今度は何と!!

「アゴの骨を削りましょうね~♪」

・・・アホか・・・。

整形手術じゃね~かよ!!

しかも恐ろしいのは光の加減で、歯医者さんの付けていた透明なゴーグルに、俺の口の中が反射して移っていたのだ!!

もう、歯茎をザクザクしてるのも、骨削ってんのも、血が「ピュッ!!」ってなってんのも丸分かり♪

昼下がりのカオス・・・!!

ここまでやって、結局根元部分を抜く事は出来ず・・・「これ以上やると危ないです。」なんて言われて、闘いは終了した。

ああ・・・お外は良い天気だったなぁ・・・。
鳥が鳴いてて、日差しがそよそよ。
そんな一日だったのである・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/218

『机上の空論ではないのだよ』

2004年07月03日

酒を飲んだ。

地元の友人達と、金曜日の夜という事で、次の日を気にする事無く飲んだ。良い気分だ~。

さて、その酒の席での話題なのだが、友人A氏が、「将来はどんな人間になっていたいか?」
などと、改めて自分という人間をどのように成長させたいか、をじっくり考えさせるような議題を持ち出してきたのである。

俺はこう答える。

「将来はベニス辺りのビーチで、電話一本で世界を動かすような人間になりたい。」「一軒家を一括で購入してしまうような人間になりたい。」

補足をつけると、「最終的には007に狙われる位は仕方がない、ってか狙われてみたい。」とかも言ったかな。

当然、爆笑の渦である。「夢見てんじゃないよ~。」的な。

う~~~ん・・・。割と大真面目に答えたつもりだったのになぁ(笑)。

夢は大きく持ちたいな、って事よ。どうすれば、ベニスのビーチで悠々自適な生活を送れるか?どうすれば、黒人のSPに守ってもらえるようになれるか?どうすれば、一軒家をアタッシュケースに詰めた現金で一括で購入できるか?

どう?楽しくなって来ない?

それに向けて歩みを進める位のバイタリティを持ちたいし、労力も惜しみたくないな、と。

やべぇやべぇ、彼女だゲームボーイだ言ってる場合じゃねえや。

ストイックなまでに夢に向かってひた走ろう。
その足がかりが、今貯めに貯めてる「30万貯まる貯金箱」だったりするのだ(笑)。

以上、雑感でした(笑)!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/217

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)