無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ

« 2004年03月 | メイン | 2004年05月 »

『前触れなき呪い』

2004年04月24日

パソコンが壊れた。

正確に言うとハードディスクがやられました。
エクセルでちょっとした表を作っていたときに
何の前触れもなく

「ぷちゅーん」

といって電源が落ちてしまい、再起動したところ謎の青い画面が出てそれっきり進むことも退くことも出来なくなってしまった。
何でも青い画面ってのは世間でも”ブルーバック”とか呼ばれて、ヤバイ画面の代表格らしいですね。
そんな画面に出会う心の準備が全く出来てなかったから、結構ダメージはおおきかったなぁ・・・。

なんかね、あの「ドラ○エ3」でセーブデータが消えて、呪われたときの音楽が流れた時の感覚を思い出したね。マジで。

なんかその青い画面のメッセージが言うには、

「ウイルスをチェックしてください」
いやいや、起動しないのにどうやってチェックすんだよ!

「チェックディスクを実行してください」
だから、起動しないのにどうやって実行すんだよ!!

「ハードディスクを1つはずして起動してください」
最初っから一個しかついてね-よ!!!

ってなかんじの無理難題しか言ってこないので、無視して詳しい人に聞いたところ、結局もうハードディスクが壊れているだろうとのことなので、あとはどれだけデータを救出できるかの勝負だろうとの言葉を頂き、これから救出大作戦に出るところです。

ちなみに今回の更新は以前使っていた古いパソコンでやっています。
恐ろしく不安定で、肝を冷やしつつやってるので見てやって下さい!!

みなさまくれぐれもバックアップはマメにとっておいたほうがいいですよ~。
ではまた!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/31

『道ではない、神なのだ』

2004年04月17日

送ればせながら、「ロード・オブ・ザ・リング」を見た。
といっても3部作のうち2部までだが。

俺はなにを隠そう昔からファンタジーものに弱い。
魔法の杖から閃光が走り・・・とか、不思議な光に導かれて・・・とか、そんなこといわれたらもうイチコロである。

で、このロード・オブ・ザ・リングだが、もう緻密な設定と奥の深いストーリーにやられっぱなしだ。
っていうか話のスケールがやたらでかい!!
戦争のシーンの兵士の数が半端じゃないんですよ、マジで!
何万人いるんだよ!ってかんじ。
もうウッドストックと同じぐらいいますよ。
しかもそれが全部モンスターだったりするもんだからもう大変です。

話は変わりますが、「ロード・オブ・ザ・リング」って英語で

「road of the rings」 「指輪の道」

だとずっと思ってたんだけど、実は 

「lord of the rings」

だって知ってました?
”道”じゃないんだよ。
”神”、とか”君主”っていう意味らしいです。

なんかもうそれだけでちょっと深いかんじがするのは俺だけか?
まあ、”road”でも意味的には通じそうだけどね。

近々第三部もみにいこうと思っています。
この旅を終えたとき、きっと俺はまた一つ大人になることでしょう。

あ、ネタバレは禁止なので、もう見た人はしばらく俺に話かけないでください。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/30

『猫は自分を猫と思っているか』

2004年04月10日

俺は猫を飼っている。
名を「空海」という。

もらってきた当初、オス猫だと思いこんでいて「じゃあできるだけ強そうな名前にしよう」ということになった。
で、もう一つの候補の「信長」と迷った結果、呼びやすいという点で「空海」と名づけた。
数日後ちょっとおなかの調子が悪く下痢気味だったので、動物病院に連れて行ったところ

「メスですよ」

と0.2秒ぐらいで獣医に指摘されてしまい、今では「くうちゃん」と呼ぶことでお茶を濁している。

で、この「くうちゃん」だが、どうも自分のことを人間だと思っているようなフシがある。
風呂に入ろうとすれば、「アタシも」みたいな顔で風呂場までついてくるし、寝るときはちゃんと枕に頭を乗っけて寝るのである。

狼に育てられた少女が自分のことを狼だと思い込んで、四つんばいで歩き、手を使わないでごはんを食べたという有名な話があるぐらいだから、猫が自分を人間だと思い込むという話があってもおかしくないでしょう。

外にはほとんど出さず、家の中だけで飼っていて、他の猫と会った事があまりなかったので無理もないかと思う。
鏡を見せたらずっと覗き込んでいるので、自分の姿に見とれているのかと思ったら、どうやら「毛むくじやらの変なやつが目の前にいる!」とおもいこんだらしく、微妙に戦っていた。

鳴き声も、ただの「にゃーん」ではなく、「ぬわおーん」と鳴く。

こうやって書いてると、なんだかすごく変な猫のようだが、そんなことないです。
いたって普通の、キャットフードのCMに出てきそうなかわいい美人ちゃんです。
(今回のコラムって、ただの親バカ日誌だな・・・。)

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/29

『驚愕の総額表示』

2004年04月03日

寒かったり暖かかったりでなんだか体がだるいですが、みなさまいかがお過ごしですか。
4月になって、世間は新しい風がふいてますねぇ。

今日もフレッシュな新社会人の集団が歩いておりましたが、いいものですなぁ。
フレッシュ!!いいですなぁ・・・。

で、4/1から消費税の総額表示がスタート!ということですが。

遅くねー?!!!

なんでもっと早くやんなかったのかねぇ?
っていうか消費税導入した時点でやれよってハナシぢゃない?

そうすればみんなで飯食いにいったときに、

「じゃあみんな自分の分払ってー」
「えーっと、おれはエビピラフが¥680で、消費税が5%で34円足して・・・、深夜料金も10%かかるから・・・・・・・。

だー!もういいや。だいたいで¥750でいい?」
「駄目だよ。それじゃ足んねーよ。」
「うるせーな、いちいち細かいこと気にしてんじゃねーよ!ケチ!」
「ケチってこたーねーだろ!ちゃんと自分の分払えよ。」
「なんだぁ」
「やんのか!!」

みたいな、一日に400件ぐらいおこっていたであろう争いが回避されていたはずです。

でも、弊害もあるよね。
今日家の近くの回転寿司に行ったんだけど、そこは値段も安くて、結構うまいので重宝しているのだが、今まで

”一皿120円!!”

だったのが、今日行ったら

”一皿126円・・・”

とまあ、なんとなく歯切れの悪い感じになってしまっていた。

あと”100円ショップ”なんてどうすんだ?
”105円ショップ”になっちゃうのか?
むむむ、明日にでも確かめに行こう。

ではまた!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/28

『温泉・鼻血・その他』

2004年04月24日

はい、どうも!!JUNPEIです!!
何かね、最近お風呂に入るたびに鼻血が出るのである。

先週末、友人4人(男塾・・・)と温泉に行って来たのだが、温泉に入る事7回、その内、鼻血を噴出する事3回!!まさに血で血を洗う男塾合宿だったのである。

その後も自宅のお風呂に入る度に鼻血、鼻血、鼻血・・・。いい加減俺の血液の底が付いてしまうのではないかと思われる程の量・・・。

いや!!鼻血はもういい!!
温泉の話しよう!!温泉の!!

時期はずれで温泉に行った為か、混浴の露天風呂はミイラより一歩手前の老婦人方ばかり・・・。そしてそのショックに輪をかけるかの如く続々と入ってくる「THE・本職」の方々・・・。背中一面の和彫りが眩しゅうございます・・・。下品なお話、そんな「THE・本職」の方々の×××が意外とコンパクトにまとまっておられて、「おやおや・・・」などと思ったり、思わなかったり・・・。

「THE・本職」の方、約一名などは温泉に貴金属を身につけて入ってしまった為、入る前は銀、出て行くときは黒・・・などと、まるでその方の人生を表しているかのような変色ぶりに、温泉の恐ろしさを知った次第でございます。

たぶん鼻血ってこういった環境が原因だよなぁ・・・。

ま、ともあれ夕食は美味しかったし、観光もそれなりに楽しんだので、鼻血・老婦人方・「THE・本職」の件を差し引いても満足のいく内容だったのである。

あ、そうそう。「万座温泉○○ル」さん。
夕食時にホテルオーナーのショウタイムはいかがなものかと・・・。飯食ってる時にオーナーの「上を向~いて、あ~るこう~よ♪」は、自分自身を奮い立たせているように感じたし、「オーナーのちょっといい話」の「脊髄損傷による半身麻痺状態の友人の話」は、飯時には重たすぎないかい・・・?

それでも人が集まるのは、「ホテル宿泊券」の抽選会がその後に控えているからなのか・・・。恐るべし、無駄のないオーナーのタイムテーブル!!

ってな感じで、また!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/207

『翻訳』

2004年04月17日

今回のお題は、「洋楽って歌詞を日本語に訳すとカッコ悪いよね」って事を書いてみたい。

皆さん、見に覚えがありませんか?!
「うわ~このバンドかっこいい~!!」と思って買ったCDの対訳が、

イエ~イ♪!!
♪お前は~アバズレ~ 俺は嫉妬すぅ~る~♪
何故なら~政治が~悪いからさ~♪糞野郎、アバズレ~昨日見た夢は~溺れている夢だった~のさ~♪この世は悪で~満ちている~♪ そうさ、悪ガキ達よ~~♪

タララリララ~♪ジャッジャッ♪!!ドンドンギュイ~ン♪!


「・・・・・・・・。」
何じゃこりゃ?!!って感じだよね。
しかも何かやたら ♪昔の女はどうしょもない奴だった♪ ってな感じの歌詞とか多くねぇかい?!それとも、それは俺の買ってしまうCDに多く見られる偶然なだけなのか・・・。

何そう言うのもね、最近、面白い対訳のCDを発見してしまってね。バンド名はここでは伏せさせてもらうが、歌詞の内容がすごく斬新だったのである。

♪搾り取られたのさ
♪搾り取られたのさ
♪搾り取られたのさ
♪搾り取られたのさ
♪あいつに~

思わず「何をだよ?!」って突っ込みたくなる衝動を抑えつつ曲を聴いて見ると、すんげ~へヴィなギターで暗い曲なの。もう俺、お手上げ。

いや~、この歌詞を書いた人って言うよりも、訳した人に俺は疑問を感じてしまったね。レコード会社の人とかも「これでOKです!!いい翻訳ですね!!」とか言ってたのかな・・・。

なかなかセンスある翻訳者とは思う(笑)。

皆も何か面白い日本語訳の歌詞とかあったら教えてくれよ!!お便り待ってるぜ!!じゃあ、また!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/206

『岩石~其の二』

2004年04月10日

さて、先週に引き続き「ロック」とは何ぞや?をかなり迷惑に切々と語っている次第でありますが、小生(?)がおもうに、「ロック」というものはそこら中に溢れ返っているものなのであります。

今、話題になっている「ハプニングバー」。

小生(?)、これもまた「ロック」なり、などと思う訳なのであります。チョコボール氏が公衆わいせつ罪でお縄になったと聞きまするが、何を今更、と思ってしまうのは私だけでありましょうか?

だっていっぱいビデオ出てるじゃん。捕まえた警察官も見たことあるでしょ?って。ああ、いやはやお下劣なお話となってしまいました・・・。

そう、他に「ロック」を感じるものといえば・・・。

何と言っても我が「rsst.tv」でしょうな。今のヒットチャートや流行に乗らないこの暑苦しい面々!!小生(?)、心から出演しているバンドの皆様にロックの魂を感じまする・・・。

ここに出演する志士達を、どのようにして世の軟弱者達に知らしめてやろうかと、日々、思案しておる毎日ですので、皆様、もう少々お待ち頂けますでしょうかな?

私、欲を言うなれば、もう少し 諸君の感想メールが頂きたい。頂きたい・・・。頂きたい!!送れ!!送って来い!!送って来いぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!

はっ?!何やら取り乱してしまったようで・・・。
誠に申し訳ございません・・・。

「ロック」とは何ぞや?

長々とお書き致しましたが、結局の所、「ロック」はここにあるのですよ、って事が言いたかったのでありまする。出演している諸バンドの皆様も、運営している我々も、まごう事なき「ロック」が臭いほど充満しているこのサイト・・・。

4月となりまして、新生活の幕開けでございます!!
今後とも、どうぞよろしくお願い致しまする!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/205

『岩石~其の一』

2004年04月03日

さて、今回は「俺のロック論」などという、皆さん、おそらく聞きたくもないような事を粛々と語らせて頂こうか。

「ロック」とは何ぞや?

かつての偉人達が知恵を振り絞って、絞って、絞りきってもその明確な回答を出せずに世は21世紀を迎えてしまった。
あのアイ~ンシュタインでさえ死の間際、「一度で良いからロックとフィーバーしてシェイクしてみたかった・・・。」という、ロックの意味を微妙にはき違えた言葉を残してこの世を去ったと言われている・・・(嘘)。

「ロック」とは何ぞや?

世界でもトップクラスの知名度と、数々の名曲を残したジョン・檸檬は斧ヨーコに言った。「昨日、そこの草むらでロックが子供を生んでるのを見たんだ」。「そうなの?最近色んな所でロックを見かけるわね。繁殖期なのかしら?一匹ウチでも飼ってみましょうよ。」

こうして、かの有名な「イェスタディ」は生まれたのである(嘘)。

さて、では俺の考える「ロック」とは何か?

「ロック」とは音楽ではない。もちろん音楽ジャンルでもないであろう。音楽は「音楽」であってジャンルもクソもないのである。

俺が考えるに「ロック」とは、「生き様」の事を言うのではないであろうか。例えば、バリバリ七三分けの黒ぶち眼鏡、ノリの利いたス~ツを身にまとって生涯をソロバンはじきに捧げるサラリーマンは「ロック」である!!

同じく、鯉ヘルペスにも負けず、素晴らしい品種の鯉を開発しようと、その生涯を品種改良に捧げるランニングシャツの麦わら帽子おじさんも間違いなく「ロック」であると言える。

逆にバリバリリーゼントのセックス・ドラッグ・ファッキンガバメント、などと斜に構えている中途半端なバンドマンは「ロック」ではない。バイトはすぐに辞めるし、女性に暴力を振るう(決め付け)。

俺の親父はお腹出てるし、声もでかくて人から迷惑がられるが、間違いなく「ロック」なのを俺は知っている。最近、心から尊敬出来るようになった。その佇まいと生き様に。

俺もそうなろうと日々、努力をしている。
まだまだなのは自分でも良く分かっているが、目指せぬ頂ではないな、とは感じる。・・・これ以上書くと長くなるので、次週へと続けようと思う!!では、また!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/204

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)