無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ

« 2003年12月 | メイン | 2004年02月 »

『Tシャツが変色する理由(わけ)』

2004年01月31日

俺は辛いものに弱い。

決して辛いものがきらいなのでは無い。
むしろたまにモーレツにカレーがたべたくなったりするぐらいだ。

ただどういうわけか人よりたくさん汗をかいてしまう。
昔友達何人かで焼肉を食べに行ったときのこと、
多少タレが辛かったのだが空腹だった俺はお構いなしで肉
をむさぼっていた。
ひとしきり肉を食いちらかし、腹も膨れて周りを見やるとみな
汗一つかいていないのだが、俺の着ていたスカイブルーのTシ
ャツは見事な群青色に変わっていた(汗で)。

などという、抱腹絶倒のエピソードがあるぐらいなのだ。

今日も最近出たという”じゃがりこ”の”キムチ”味を食べてみたら、予想以上の辛さ(あとから効いてくるタイプ)に四苦八苦だった。
うまいんだけどね。

「汗をたくさんかくひとは新陳代謝が活発だから、太らない」
という概念を押し付けてくる人が多々おりますが、そのような事実は全くございません!!!

その証拠に、わたくしは着実に体積が増えていっております。

「辛いものをたくさん食べればダイエットできるじゃん」
などという人もいますが、それだけでダイエットできれば世のダイ
エット産業は7割方成立しません。


韓国で「これはピーマンだ」という簡単な嘘に引っかかって、
青唐辛子を食べさせられた時などは最悪だった。
体中の穴という穴が開く思いだった(毛穴が主)。

とにかく辛いものを食べたときの俺の汗の量は尋常ではない。
軽く自分も引いてしまうぐらいだ。
だから、辛いものを食べている俺を見かけたら、そっとタオルをわたしてあげてください。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/18

『ラーメンを食べるときの必死さ』

2004年01月24日

俺はラーメンが好きだ。

特に博多ラーメンが好きだ。
あの濃厚な白いとんこつスープに、細くて固い麺!
ああ、食いたくなってきた・・・。

ところでこの間ラーメンを食ってるときにふと気づいたんだけど、
ラーメン食べてるときって、なんか必死なんだよね。
もう他のことはまったく考えず、麺をすすることだけに全神経を集中しているといっても過言ではない!!
もう、ちょっとしたトランス状態で、
意識は宇宙のかなたに飛んでってるかんじ!!
ラーメン屋で左右を見渡してみれば、もう必死な人たちがずらっと並んで必死に食ってるわけだから、なんだか可笑しいものである。

何でだろう、原因を考えてみよう・・・

・俺は麺は硬めでか頼むから、早く食わないとせっかく”硬め”で頼んだ麺が”やわらかめ”になってしまう。
・早く食わないとスープが冷めてしまう。
・最初に食べ始める時点で、頭はすでに替え玉のことでいっぱいだ。
などが考えられる。

なんかすごく個人的な理由ばかりだが、
まあ要は、麺をすすってるときに頭が空っぽだってことがいいたいんですよ。
皆さんもそんな経験ないですか?
他にも頭を空っぽにできるものっていろいろあると思うけど、
ラーメンは”頭空っぽ度”ではぶっちぎりの1位だな。

って考えると、”麺をすする”という行為が、少しばかり神秘性を帯びてくるわけですよ。
頭を空っぽにしていやな事だって忘れられるし、自分自身を見つめなおすことだってできる!!

むむ、なんかラーメン業界からの回し者のような文章になってしまったが、とにかく俺はラーメンを食ってるときはなーんにも考えてないので、見かけても急に声をかけたりしないで、静かに見守ってやってください。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/366

『銃刀法違反とボールの関係』

2004年01月17日

こないだボーリングの玉を持って歩いている男の人をみた。
それは黒いボーリングの玉だった。
しかも裸(ボールがね)。
ケースとかには入っていない。

持ち方としては当然、親指、中指、薬指を使って、投球するときと同じ持ち方で持っている。
しかもそこは閑静な住宅街。
近くにボーリングセンターもない。

世の中にボーリング愛好家はたくさんいるだろうが、ボーリングの玉を裸で持っている人は初めて見た。

剣道の竹刀をケースに入れないで持ち歩いていると、”銃刀法違反”になると聞いたことがある。
もともとが刀だから、凶器になるという意味で納得できる。
(でもそんなこといったら、授業中に竹刀を振りまわしている某予備校の先生はみんな逮捕だ)

ボーリングの玉はどうなんだ?

もしその人が、突然俺に向かって玉を転がしてきたら、サービス精神旺盛な俺はおそらく棒立ちになり、玉がぶつかった瞬間に
「すとーーーらいーーくー!!」
といって倒れるだろう。(サービスしすぎ)

転がしてくるならまだしも、砲丸投げの要領で室伏ばりに投げてきたらどうしよう。
”受け止める”という選択肢は、俺の持っている能力と玉の破壊力をちゃんと計算できればすぐに”ナシ”である。
だって頭とかにあたったら、頭蓋骨とか陥没しちゃうよ。
頭蓋骨が陥没する=脳みそも陥没する

オー 死ンデシマイマース!!

「豆腐のカドに頭をぶつけて死んじまえ!」
という無理難題な捨てゼリフよりはよっぽど現実的で恐ろしい。

まあ、実際はその人はボールをもった手を多少ぶらぶらさせながら通り過ぎていったんだけどね。
ああ、投げてこなくてよかった・・・。

(室伏選手はハンマー投げでしたね。失礼しました)

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/17

『しっぽを折らない職人』

2004年01月10日

皆さん、”サソリ”といって、なにを想像しますか?

美○憲一を思い浮かべたあなた、紅白歌合戦は面白かったですか?
長州力を思い浮かべたあなた、深読みしすぎです。

っていうか、そんなひねった話じゃなくて、きょう“サソリのから揚げ”なるものを食べた。
”サソリ”なんて、めったに見るもんじゃないよね。
しかもそれがから揚げになって出てくるって言うんだから、注文しないわけにいかないでしょ。

で、2匹頼んだんだけど、
1匹づつばら売りしてるんだから、どんだけでっかいのが出てくるのかと思って構えてたら、出てきたのは大きめのカマキリよりは少し小さいぐらいの代物(わかりづらいなー)。

しかも、2匹の大きさにやたら差があって、どっちが標準的な大きさなのかはわからないけど、思ったよりも小さいのね。といった印象だった。

しっぽがピンとたったまま、カラリと揚げられておりました。
敵を倒すための毒も使わずじまいで揚げられてしまうサソリの気持ちとはどんなもんか?
心中お察し申し上げます(?)

食べようと思ってしっぽをつまむと、これがまた簡単に折れました。
しっぽを折らずに揚げるには相当な技術がいりそう。
おそらく”サソリのから揚げ職人”がいると思われる。

味のほうはですね、

エビですね、エビ。
しかも桜エビ。
それ以上でもそれ以下でもない。
お好み焼きに入れたらうまそうだけど、あんないかついものがお好み焼きにごろごろ入ってたら、食べにくくてしょうがない。
もう“お好み”なんて悠長なことは言ってられませんぜ。
「好むと好まざるとにかかわらず焼き」
といったところか?

関係ないけど、最後に注文した
「あずきたっぷりの揚げパン」
にあずきが全くなく、マヨネーズしかのってなかったのにはさすがに笑った。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/16

『2004年としての心持』

2004年01月03日

明けましたね、おめでとうございます!

2004年ですよ、2004年。
ミレニアムがどーのこーのと言ってたときからもう4年もたっちまったんだな~(しみじみ)。

いやいや昨年も色々ありましたが一番の出来事は、やっぱりrsst.tvのオープンでしょう!!
何つってもこれに尽きる!!
rsst.tvオープンのために大忙しだったからぶっちゃけあとのことはよく覚えていない。

つーわけで、2004年はこのrsst.tv!さらに加速します。
しっかりつかまってないと振り落とされるぜ!
ってな感じですわ。

そんな2004年のテーマはズバリ

”衝撃”

衝撃とかいてインパクトと読みます♪
世界はインパクトを求めている!!
そんな世の中にインパクトを与えるような存在になりましょう。

そんな俺の最近のお気に入りはドリカムの「うれしい たのしい だいすき」だ。
どーだ!衝撃だろ!インパクトあるだろ!!
loud musicとか言って、ホントはドリカムとか聞いてんだよ!!
でもそれがリアルってことなんだよ!

なんか行き当たりばったりな文章だが、
要するに今年もヨロシクね!ということです。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/15

『桃色靴黒服指輪人間の逆襲』

2004年01月31日

俺はピンクの靴を履いている。

最近は、それの評判がすこぶるよろしくない・・・。

俺は黒い服ばかりを好んで着る。

これもまた、評判がすこぶるよろしくない・・・・。

いかんな・・・。どうしよう・・・。悩むな・・・。

別に落ち込んでいるだとか、頭にきている、というわけ
ではない。俺のファッションセンスは最高な筈である。
ただ、それを認めたくない、ひがんでいる人間の何と
多い事か・・・。何とかしてやらねば・・・。

どうしたら彼らの目を覚ましてやる事が出来るだろうか。
そうだ!!みんなにピンクの靴をプレゼントしてやる
ってのはどうだ?!しかも安い所を狙って、コン○~ス
あたりがちょうど良いだろう。

履いてみて初めて、そのセンスの高さとデザイン性・ス
タイリッシュさに涙を流す事であろう。そして俺を崇め
称える事であろう。フヒヒ・・・。楽しみだ・・・。

その次は服である。これも皆に黒い服をプレゼントして
やれば良い。一人一人だと高くつきそうだから、黒いゴ
ミ袋で十分か・・・。頭からスッポリと被せて、ご機嫌
な面を拝んでやろう・・・。フヒヒ・・・。楽しみだ・
・・・。

ああ?!そうだ!!忘れてはいけないのが、アクセサリー
ですな!!俺は年がら年中指輪をはめているのだが、こい
つを彼らの指にもはめさせてやろう。当然ながら俺の指輪
はお高いので彼らにはもったいない。そうだな、アルミホ
イルをわっかにして小指と中指にすっぽりと・・・。

どうだ!!スタイリッシュだろう?!これで渋谷の街をね
り歩けばおまわりさんも思わず話しかけてくるに違いない!!
そして調書というサインをねだられ、さらにはその日の内
に個室を用意してくれる事間違いなしだ!!

あれ・・・?あまり良くなさそうだな・・・。
おかしいな・・・。スタイリッシュなはずなのだが、何故
か「捕まる」はめになってしまいそうだ・・・。ああ・・・
そうか・・・。やはりピンクの靴、黒い服、指輪は俺にし
か出来ない高等テクニックなのだな・・・。納得。

って訳だ!!苦情・その他俺に対する批判は受け付けませ
んのでよろしく!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/195

『日本的視点戦争映画本気批評』

2004年01月24日

「バトルロワイアル2」をDVDで見た。

深作欣二監督の息子が父の亡き後、遺作としてメガホンを
取ったという噂のあれである。
正直、見るまではそんなに期待もしていなかったのである。

とある雑誌の映画評論では、「プライベート・ライアン」
の十分の一にも満たない戦争シーンの迫力と、監督として
はド素人である息子の作った駄作映画、とまでこき下ろさ
れていたし、何より、一作目の「バトルロワイアル」自体
からして小説のボリュームの百分の一にも再現されていな
かったから・・・。

さて、そこで実際見てみた感想なのだが・・・。
面白かった。面白かったよ!!!なめんな、クソ映画評論
家!!お前の目は節穴ピュッピュ~だ!!!

戦争の愚かさ、という点の描写については間違いなく「プ
ライベート・ライアン」よりも悲痛に伝わってきたし、戦
争という極限状態の中に突然放り出された人間の心理描写、
人を殺す事に疑問を感じなくなる狂気、戦争に対しての消
える事のない疑問。
それら全てが二時間弱の短い中で表現されていたと思う。

出席番号が対になっている男女の片方が戦死した場合は、
パートナーであるもう一方の首に装着された爆弾つき首輪
が爆発する。そういう条件のもと、テロリストの潜む孤島
に何も知らない高校生が兵士として強制派遣される。その
テロリストのリーダーが前作の「バトルロワイアル」で唯
一生き残った少年なのである。

参った・・・。どちらも正義の名の下に殺しあう・・・。
大人たちはその「戦争ゲーム」を見て楽しんでいるのだ。
戦争とは何だろう・・・。今のイラク問題も踏まえて、こ
のタイミングでこの映画を見た俺は少しナーバスになった。

さて、「戦争なんか知ったこっちゃいな~★%△●×」と
かいうオツムがババロアなあなたにも楽しみ満載!!!!

「竹内力」の実名出演だぜ。それだけで見る価値はある。

皆、真剣に殺しあってるのに、終盤の一番の盛り上がり所
で、何と「力」がラガーマンの出で立ちで戦場に登場!!

暑っ苦しく青春を語るその姿はまさしく「山下真二」であ
った。場違いにも程がある・・・笑ったねぇ。これには・・・。

とにかくお勧めです。頭空っぽにして見てみて下さい。
その衝撃にカウンターパンチ食らっちゃうぜ!!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/194

『年末年始暇余読書感想文』

2004年01月17日

さ~て、今回のコラムは何にしようかなぁ・・・。

そういえば、年末年始は俺は暇を持て余していた
のだ。何故かというと~・・・。毎年、この時期
には一緒に遊んでいた周囲の友人が、今年からの
きなみお仕事で忙しくなってしまい、遊ぶ暇がな
かったのだ。

それともう一つ、単純に俺の体調が何故かすこぶ
る悪かったのである・・・。理由として挙げられ
るのは、家に「飲料水」と呼べるものがまったく
なかったことであろう・・・。

飲み物なしで何故かおせちやら焼肉を食っていた
せいで、軽く体調を崩していたのだ。どういうメ
カニズムかは知らんがな・・・。

恐るべし実家!!
しか~っし!!よくよく考えてみると、飲み物ぐ
らい自分で買って来い!!って話だよな・・・・。
何故か家族みんなで我慢していた様に思う・・・。

ま、とにかくそんなわけで暇を持て余していた俺
は、ひたすらライブ動画の編集と、読書にはまっ
ていたのである。

そこで、俺のお勧めする小説を一冊・・・とは言
わず三冊、四冊!!!

乙一さんの作品が全てよろしい!!!

とにかく面白いのである。ホラーから恋愛小説、
さらにはコメディまで・・・。そのどれもが付け
焼刃などではなく、奥深い伏線と感動に溢れてい
るのだ。五、六冊程出しているのだが、その全て
を読み、痛く感動し、恐怖し、震えさせてもらっ
た。恐るべし乙一さん!!!

で、何がいいかって、作者がね、まだ二十代前半
で、しかも何か斜に構えた感じが良いのよ。

「自分・・・不器用ですからぁ・・・。」みたい
なさ。暇な時間も必要だな、って感じましたよ。
こんな面白い小説に出会えたんだから。

ま、妹の部屋にあった本なんだけどね・・・。
年末年始から妹の部屋に勝手に入っちゃってるわ
けで・・・。

ま、良いでしょう!!!文句あるか!!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/193

『砂漠昆虫対東京渋谷食事情』

2004年01月10日

本日、サソリをおいしく(?)食べてきました。
まさか渋谷の大都会で砂漠の昆虫を食すると
は・・・。

ま、「東京砂漠」って事だな。


しかしサソリを食べる・・・・・・・・・・。
なんてロックな響きなんだ!!あの獰猛なサ
ソリを食べちゃうんだよ?!しかも80円で!!

安~~~い。

多分、ゴビ砂漠あたりで髭のむさくるしいオジ
さんが命がけで捕まえたであろうサソリを、俺
が酒のつまみに80円でヒョイッ、と食べてし
まうこの社会情勢・・・。もしかしたらそのオ
ジさんは俺の食べたサソリの毒で命を落として
いるかもしれない・・・。

あぁ・・・。オジさんに謝りたい!!!

「これ海老じゃん。」とか何とかぬかしてた事を。
渋谷でサソリ食ってんのに、淡々としてた事を。

ま、「東京砂漠」って事だな。


しかしまあ、サソリのあのフォルムの何とカッコ
いい事・・・。「いつでもやったるぜ!!」みた
いなあの尻尾、「ドンと来い、オラ!!!」みた
いなあのハサミ・・・。そこらの海老やカニとは
一味も二味も違うな・・・。

カラッと揚げられてまであの攻撃的なファイティ
ングスタイルを崩さないその武士道精神に、痛く
感動させられたり、そうでもなかったり・・・。

多分、サソリは自分の一番かっこいい死に様、ス
タイルを心得た昆虫なのであろう。それはもう、
「弁慶の立ち往生」みたいな鉄のプライドを感じ
るのである。

でも、まぁ、もう食べる事は金輪際ないでしょう。
それとこれとは別なのである・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/192

『今年度一大決心嘘順位大発表』

2004年01月03日

おうおぁぁぁぃぅ!!!!新年だぅぁぁ~~~~!!!
明けましてぇ~~~お~めぇ~で~とぉ~う~~!!!

去年の嫌な事は全て水に流して、今年はテンションの高い
一年を送れれば・・・良いなぁぁぁぁ!!!!!!!!!

さて!!そこで!!俺の去年の嫌な出来事ベスト5をお送
りしよう!!


・BEST1・ぎっくり腰になった!! 
・BEST2・五十肩だと診断された!!
・BEST3・白髪が生えてる??!!
・BEST4・誕生日・クリスマスに働いてた!!
・BEST5・大晦日に一人っきり・・・!!


はい!!嫌な出来事は水に流します!!ジャッ~~!!
トイレに!!トイレェェェに流しますぅぅ!!!!!!

続いては!!今年起こるであろう(仮)良い出来事ベス
ト5をお送りしよう!!!

・BEST1・rsstのトークが認められハリウッドデビュー!! 
・BEST2・俺のCDがダブルミリオンに!!浜崎あゆみに
      楽曲提供まで!!!
・BEST3・思いつきで書いた小説が大ヒット!!主演が
      キムタクで映画化まで!!!
・BEST4・家の庭から温泉が沸き、東京の新しい名所に
      認定される!!ブッシュ大統領も訪問!!!
・BEST5・彼女・・・出来る・・・マジで・・・(泣)。

さぁてぇ~~~!!!こんな所だ!!今年は明るいぜ!!
今から着々とその準備を進めなくては!!まず良い曲を
作ろう!!その後は小説を書こう!!それはもう、思いつ
きで!!さらに温泉を掘るのだ!!庭にいる愛犬に邪魔さ
れながら!!そう、ひたすら!!

あれ・・・? あれれれ・・・???
何か・・・。 何か忙しくねぇかい???

ぎっくり腰が、五十肩が、白髪がひどくなっちまう・・・。
まずい・・・。こんな出来事はごめんだ・・・。考えなお
そう・・・。考えながら・・・慎重に今年は良い年を送る
のだ・・・。

では!!今年もrsst.tvをよろしく!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/191

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)