無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ

« 2003年11月 | メイン | 2004年01月 »

『イヤホン』

2003年12月27日

俺の耳はイヤホンがうまくはまらない耳だ。

みてもらえればわかるとおもうが、俺の耳は人様のそれよりやや大きめである。
しかもいつでも前を向いている(ポジティブな耳だ)。

なのにイヤホンがうまくはまらない。
なんか”ぽろっ”とかいって落ちてしまう。
街中でイヤホンをしている人はよく見かけるが、みなイヤホンが”がしっ”としっかりホールドされている。

どうも人の耳と自分の耳と比べると、イヤホンがおちないようにとめる”ストッパー”の役割を果たす部分が極端に小さいようなのだ。

どうにかできないかといろいろ考えたが、耳の形を整形手術で変えるというのは、コストの面でも、手間の面でも、あと、痛いのがいやだという理由でとても現実的ではない。

で、この間購入したのが、耳の奥まで入るタイプのイヤホン。
最近見かけるようになったよね。
何でも密閉型で、音漏れも少ないし、低音の再生能力も従来のものに比べて高いらしい。

いざ装着!!
むむむ・・・、なかなか耳に入らない・・・。
ん、パッド(耳に入れる部分)がつけ変えれるぞ。
どうやら俺の耳は外側はでかいが、穴は小さいらしい。
Mサイズに変更!!

おお!これはなかなかよい。
以前は普通に歩いてるだけで、ぽろぽろおちていたイヤホンが、おちません!!
確かに、低音はなかなかのもの。

ただ、ちょっと耳が痛いかな・・・。
Sサイズのパッドは・・・?
・・・入ってねぇし。
Sサイズがあればなあ。

などと色々考えましたが、結局のところMサイズのまま使用しています。

ああ、生まれ変わったらイヤホンがしっかりはまる耳にうまれたいなぁ・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/14

『どしどし』

2003年12月20日

突然だが、「どしどし」って言葉、普段あんま使わねーよな。
主な使いどころとしては、「どしどし応募してくださいね」ってのが一般的だと思う。

言葉の感じとしては、(たくさんの人が、一生懸命宛名を書いて応募している)という
雰囲気が出ていて大変よい!
もう、300人ぐらい働いている工場で、全員が一心不乱にあて先を書いている様子を想像して見るとちょうどよいかと。
俺の貧困な想像力では追いつかないけどね!!

こんなに雰囲気がよく出ている言葉なんだから、ほかの場面でも使わない手はない。

例1:どしどしやってくる

これだと、デブが重い体をゆすりながら走ってくる感じだ。
本来の意味とニュアンスが違う。
却下!!

例2:どしどし耳かきをする

これは危険!!
大体耳かきなんてどしどしするもんじゃねぇ!
そーっとやんなさい、そーっとね!!

例3:どしどし演奏する

これは、パーカッションのひとですか?
もしくはドラム?
ベースもある意味どしどしいってる気がするけど・・・。


ふう。
結局”どしどし”は、応募するのが普通のようだな。

しかし語源は何なんだろう?
大体”応募する”という行為に”どしどし”なんて音が出るような状況が存在するだろうか。
いや、ねぇよなあ。

ってことは、音じゃないんだな。

よくある、”別の言葉が、だんだんなまってどしどしになった”ってのが有力になってきた。

ん、もしや”同志”では?!
同じ志(ここではプレゼントなどに応募すること)を持った人たちの意味では?!

”同志同志”がなまって”どしどし”になったんだ。
きっとそうだ!そうに違いない!

(誰か本当の語源を教えてください、メール待ってます)

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/13

『ビールのチカラ』

2003年12月13日

忘年会シーズン真っ只中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

忘年会ともなるとお酒を飲む機会が増えますが、
昔から、”酒は飲んでも飲まれるな”と申しまして
”酒は飲んでも、飲まれてはいけない”という意味です。(そのまんま)

酒といいますと、わたくしはもっぱらビール派である。
俗に言う”ビーラー”ですね(そんな言葉あるのか?)。

最初に飲んだときは、(こんな苦いものをうまいうまいといっている大人はすごいなあ。)
などと。ちょっと間違った意味で大人に対する畏敬の念を抱いたもんだ。

男性は、女性より”苦味”を感じる部分が発達しているらしく、
だからビール好きは圧倒的に男性が多いらしい。
ちょっとしたトリ○アですな。

ここでビールのよい点、悪い点を考えてみた。

ビールのよい点
・爽快感
・色
・泡
・食欲が湧く

のどが渇いているときの、キンキンに冷えたビールというのは、
おそらくこの世の飲み物の中でトップ3にはいるぐらいの実力を持っていると思われる。
(疲労こんぱい時のコーラも、かなりいい勝負)
色は見事な黄金。おしっ○みたいな色だと思った人は、
小学生です。もう一度3年2組あたりからやり直してください。


ビールの悪い点
・おなかがふくれる
・小便が近くなる
・太る

炭酸なんでおなかはすぐふくれますね。
でも、調子のいいときとか2リットルぐらい飲んだりするじゃない?
でも、水を2リットルのめっていわれたら、きっとがぼがぼになっちゃっておなかに入りきらないと思うんだよね。
あれはきっとビールの持つ未知のチカラが働いて、いつもならその潜在能力の30%しか使われていない胃袋や、大腸、小腸などもろもろの内臓の、残りの70%のチカラを引き出しているのだと思う。
まるで北斗○拳!!

おそるべし、ビール!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/12

『日○研の子供』

2003年12月06日

また電車の中で見たものの話。

電車のドアを机代わりにしてテスト問題を解いている男の子を見た。
科目は”国語”。
しかもかなりバリバリ解いている。
ゆれる電車の中で長文を読み、主人公の心情を的確に読み取っている様子。

以下はそれを目撃した俺の妄想。

年は小学校中学年~高学年といったところか。
見た目から判断して、彼のあだ名は92パーセント以上の確率で”博士”である。
おそらく得意科目は理科の”ヨウ素デンプン反応”の項目であろうことは想像に難くない。

その彼が”国語”?
いったいなぜ?

よほど時間が切迫しているのか?
今日提出分の宿題を今必死でやっていると考えるのが妥当だが・・・

いや待てよ・・・。
彼の趣味ということも考えられる。
彼はテストを解くことが好きで好きでしょうがないのではないか?
”勉強が好き”というのではなく、飽くまでテスト形式に印刷された問題を解くのが”好き”なのである。

その好きさ加減ったら、もうどこへ行っても平らなものがあればテスト用紙を取り出しその上で解いてしまうといったほどである。
でもっておばあちゃんにも
「○○ちゃんはほんとにテストを解くのが好きね~」
と、なかばあきれ半分に言われているような状態。

いやいや待てよ・・・。
教科のなかでも得意なのはやはり”理科”なのだが、理科のほうは同年代の中ではもう圧倒的な知識と、練習(ここではテスト問題を解くこと)の量で他を寄せ付けないほどの実力を持っている。

ただこの間の試験で、クラスではいつも2番目だった”教授(あだ名)”に国語で後れをとってしまったのだ。
そこで彼はいつもやっている理科はひとまずおいといて、国語をやってみている・・・。

いやいやいや待てよ・・・。

などと考えているうちに、”博士”は降りていってしまった。
がんばれ”博士”!!
負けるな”博士”!!

次回へ続く(嘘)

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/11

『電脳箱意味不明僕勉強不足』

2003年12月27日

突然だが、俺はあまりパソコンについて詳しくない。
「プロトコルがど~の」とか「RAMサスペンドがど~だ」
とか言われると、脳みそがラムネ並みに発泡する。

何でパソコンとはこんなに難しいかね?!

ソフト一つ使うにもアホみたいに分厚い参考書が必要だったり、
さらに上に行くと専門学校通わにゃならん・・・。

パソコンを自分で作っている方々。あなたは神様
ですか?電脳世界を自ら作る、みたいな所に痛く
感動するばかりです。

01010101010101010101ってのも良く解からん・・・。

「マト○ックス」もよく分からんし・・・。
仮想現実って響き自体ど~よ?!

映像かっこいいけど、人に聞かれた時ストーリーを
答えられない時点で、パソコンに弱い証拠なんだろうなぁ・・・。
ありゃインテリだ。

でも、何か最近やってた「マト○ックス」はドラゴンボール
入っててちょっと笑ったなぁ・・・。


パソコンに強くなりたいって言うか、もう、俺がパソコンに
なっちゃいたい位だよね。人に会った時とか

「どうも、パソコンのJUNPEIです。」
「はぁ?!」
「いや、だからパソコンなんです。僕が。」
「あぁ・・・。そうなんですか・・・。」
「・・・・どうも・・・・。」
「はい・・・どうも・・・・。」

これ位になれれば、世界征服も出来ちゃうよきっと!!
よし!!頑張ろう!!まずは、ナスが食えるように
なるとこから始めよう!!

う~ん・・・。
しっかしまぁ・・・。それでrsstやってるんだから、
何が起こるかわからんもんだね。助けてくれてる
たくさんの方に感謝・・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/190

『硬貨挿入式鉄箱夢多く我奮闘』

2003年12月20日

うひょひょひょ~。

突然だが俺は「貯金箱」にはまっている。

皆さんもお目にした事があろう、「30万円貯まるBANK」
やら「50万円貯まるBANK」という、あれである。

当然、貯金箱だけでそんなに貯まるはずはない。

だいたいよぉ!!「全部500円玉で貯金した場合」って
そんなに500円硬貨をホイホイと入れるかっつ~の!!
せいぜい超軽なアルミニウム硬貨でいっぱいいっぱいだって!!

っと言うわけで、俺の貯金箱は圧倒的に「1円玉」が多い。
やっとこさ苦労して貯めた貯金箱を開けてみると、「1円玉」
ばかり、その数なんと3.743枚・・・。

どないせ~っちゅねん・・・。

こんだけありゃあ溶かしてこねて、コーラの缶でも作れる
であろう。3.743円のコーラ缶である。それで飲むコーラは
さぞかし人の手あか臭いであろう・・・。絶対ごめんだ。

したがって、缶切りで開けた貯金箱の口をガムテープで
グルグル密閉し、しばらく寝かしておく事にする。2年も
経てば、熟成していつの間にやら全部500円玉に変わってる
かもしれんしな・・・。期待して待っていよう。

そして今月に入り、再び二本目の貯金箱を購入した。懲りず
にまた同じシリーズである。今度はちゃんと全部500円硬貨を
入れようかな・・・。

年末に向けて肌寒くなってきました。財布の中身も肌寒くなって
きました。しかし貯金箱には小銭を貯金するのです。入れた時の
「チャリンッ」って音が幸せである。

でもね・・・時々思うのよ・・・。
何年も何年も小銭を貯めていた場合とか、いざ銀行に行って
換金しようと思うと、それだけで結構な労力を使うな、と。
小銭ってのは実は結構重いし、かさばるし、嗚呼 でも楽しいなぁ。

貯金箱にお金貯めて、一括払いで一軒家を買うのだ。
そしてその武勇伝はテレビや新聞などを通して、全国に知れ渡るのだ。

頑張ろ~!!
じゃあ、また!!チャリンッ!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/189

『美的日本全景巡り切に熱望』

2003年12月13日

北海道行きてぇ!! 沖縄にも行きてぇ!!
京都にも行きてぇし、四国にも行きてぇ!!
とにかく旅がしたいのだ。国内限定で。

日本は楽しい(はずだ)。
映像で見る山の景色は素晴らしく幻想的であり、
古都の寺院は荘厳かつ厳粛な張り詰めた空気を
感じさせる。

俺はそれに触れてみたい。

屋久島の屋久杉を見ると人間が変わりそうだ。
今までの俺がちっぽけな存在に見えてしまう
だろう。

京都、朝焼けの霧の中、湿る石段を踏みしめ
ながら、人気のない古寺の鐘の音に聴き入って
ると、俺は人外の秘境に迷い込んだ様な錯覚を
覚えるだろう。

俺はそれに触れてみたい。

何で突然こんなかって言うとね あのね、「狗神」
って邦画を見て思ったの。渡部篤郎と天海祐希が
主演のホラーなんだけど、怖くはないのさ。

ただ、もう日本がすごく美しく、幻想的に
映された作品だな、と。

是非お勧めです。内容の是非はともかく、「日本」
を深く感じさせてくれる邦画です。登場人物の方言
が強すぎて、正直、内容は疑問が多い・・・。
っていうか、字幕付けろよ・・・って位解からん。

でも個人的には最高。

誰か俺と一緒に旅しよう!!もちろんホテルなんぞ
には泊まらん!!どしどしメールを送ってくれ!!

「JUNPEIと日本全国旅ツアー」
受付  :サイト内 contact us にて
応募基準:老若男女 日本語しゃべれればOK
期間  :俺が飽きるまで
得点  :お菓子代は全て俺が持つ!!

準備して待っているぞ!!ひたすら!!

(これって・・・爆笑コラムじゃね~な・・・)

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/188

『最終局面的引越騒動記』

2003年12月06日

さて、さらにさらに引き続き、今回は炎の引越し編
を特別枠(?)でお届けする!!

題して「ゴミゴミゴ~ミ!!」
一番上のタイトルと違う、というのは俺の気まぐれだ
から流してくれ・・・。

う~~~~~~~~ん・・・。

多すぎるんだよ!!ゴミが!!ゴ・ミ・が!!
そりゃあもう、俺ともう一人、お手伝いに来ていた
TATSUYAさんのお友達も呆然と立ち尽くした程である。

いや、もう俺は絶望で髪の毛が白髪に変わる
その瞬間まで見えてきてしまったね・・・。

それ程だ!!お分かりになるか、諸君?!

引越しの最終日、残っていたものが大量のゴミ。
これは前代未聞である。引越し経験者であれば
俺の言う事も納得できるはず。

かくして、最後はゴミの大量移動を以って炎の引越し
編は幕を閉じたのであった・・・。

疲れた身体を癒すべく、俺たちは某ステーキレストラン
に向かい、それはもう、親の敵のように肉を食いまくった。

さて、これで言い残した事はもう何もない。
全三回に及ぶ壮大なTATSUYAさんの引越しレポート
もこれで終わりを迎える訳だ。(ちゅ~か、これ以上書
いたらTATSUYA氏からのクレームが・・・。)

次回からは、また単発もの、もしくは続きものの
超濃縮スペシャルコラムを用意するので、期待して待って
いてくれ!!rsst.tvフリークの××××達よ!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/187

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)