無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)

rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ

メイン | 2003年12月 »

『お墓のしおり』

2003年11月29日

この間電車の中で小説を読んでいる人を見かけた。
電車の中で、小説を読む人なら腐るほどいる。
俺だって読むことはあるしね!
ただ一点だけその人におかしな点があった。?

しおりの代わりに写真とかその辺にあるものをはさむことってあるじゃない?
その人も写真をはさんでたんだけどはさんでた写真は・・・?

“お墓”

何の変哲もない墓石の写真(変哲のある墓石ってのもやだけど)。
これには度肝を抜かれた。
その墓石が誰か有名な人の墓石なのか?その人の先祖のものなのか?
実はお墓ではなく、どこか未知の世界への入り口なのか?
妄想は膨らむばかり・・・。?

仮に自分がそこら辺にあった写真をしおりにしようと思っても、墓石の写真だと気づいた時点で十中八九やめるだろ!
っていうか墓石の写真とか撮らねーだろ普通!?
なんか文字通りこの世のものぢゃないものが写りそうだし・・・・。
そいつの肝のすわりように驚嘆するばかり。

しおりって結構その人の性格が現れると思った。
なにがはさんであるかを見れば、その人の生活の一部がかいま見れるような気がする。
もし一万円札をしおりにしているやつがいれば、そいつは間違いなく金持ちだし、
もし聴診器をしおりにしてるやつがいれば、そいつはかなりの確率で内科医であろう(もしかしたら外科医かもしれない)

だから皆さんも本にはさむものを探すときには注意してください。(意味不明)


まあ、墓石をはさむやつがある意味一番ロックなやつだと思うけど・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/10

『LINKIN PARKを見てきました』

2003年11月22日

去る10/24、日本武道館にLINKIN PARKを見に行ってきた。
さすがに人気があるバンドということもあり、会場は満員。
結構若い人が多かった(俺も含め)。
セーラー服の女子高生とかもいた。

俺の座席のすぐ前にいた男の子が髪の毛をワックスかなんかでねじって立ててあるつんつん頭だった。
それで、盛り上がったときにワーッと両手を上げるんだけど、
そのあと必ず自分の頭のつんつんをねじりなおすんだよね。

こういうのって気になりだすとだめなんだよねー、俺。
ずっと見てたんだけど、一度上にあげた手は100%”髪の毛ねじり”を経由してから元の位置に戻る。
まるで、ラジオ体操のなぜかその運動のときだけ「1!2!3!4!・・・って声を出す運動のような動きになっていた。(わかりずれー・・・)

あとすぐ後ろの女の子たちが、ほとんど全曲フルコーラスでいっしょに歌ってるんだけど、
ボーカルがマイクを客席に向けて歌わせてると、急に英語が怪しくなってゴニョゴニョにぼやかしてたのが笑えた。

ラップ担当のMIKEは曲によってはギターを弾いたりもしてた。ギターを持ったままラップするときはギターを後ろに回すんだけど、そのときギターのヘッドが、まるでさやに収められたカタナのようにみえて、
昔懐かしいギター侍(知っている人いるか?)のようでツボに入ってしまった。

肝心の演奏のほうは、やはりすごい数のツアーをこなしてるだけあって安定していたし、余裕すら感じられた。
ボーカルのCHESTERは調子よさそうで、声もよく出ていた。
曲のほうも1枚目と2枚目のおいしいとこどりのような感じで、
おなかいっぱいのライブでした。


どうでもいいけどマイクのマイクってややこしーな・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/9

『オープンによせて』

2003年11月01日

rsst.tvオープンンンン!!
そうですか!?
そーなんです!!!(ジョ○・カ○ラ風)

ここまで紆余曲折あったが、何とかここまでこぎつけることができたぞおぉぉぉ!!
だがしかし!オープンが目標ではないはずだ!

昔の偉人の言葉を借りるならば、
「”始まり”は”終わりの始まり”に過ぎない。
  重要なのはどのような”途中”を作り上げるかである。」

嘘です!
今テキトーに俺が考えた言葉です!
・・・でも何気に名言?

そんなことはどうでもいい!
rsst.tvとは、
”日本発、LOUD MUSIC専門のライブ動画配信サイト!!”
なんdeathよ。
へヴィロックを謳うバンドは数あれど、rsst.tvで見れるのは、
数少ない”本物”達なんだよ!

とりあえず見て、後は自分の好きなようにしてくれ!
rsst.tvを参考書代わりに受験勉強にはげんでもよし!
rsst.tvをおかずに、ご飯をどんぶり3杯ぐらい食べて、「最近あんたよく食べるようになったわね。」
といわれるもよし!
rsst.tvを見て、次の日友達に「チョー暑いサイト見つけちった!」とふれまわるもよし!(これが理想)

とにかく!
rsst.tvなんです!

悲しいときには・・・rsst.tv!
うれしいときにも・・・rsst.tv!
遠足のおやつに・・・rsst.tv!
小春日和に・・・rsst.tv!
(これ以上やると初回にして嫌われそうなのでこのぐらいにしておきます)

いいたいことは、「rsst.tvをよろしく!」ということです。
(シメは意外と普通)

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/8

『引越し談 続き書いちゃいます』

2003年11月29日

では前回に引き続き、炎の引越し編(後半)をお送りする。
まだ前編を見てない人は、まずそちらからチェックすべし!!

かくして始まった地獄の荷物搬出なのだが、これがまた
あほの様に多い・・・。ダンボールだけで20は超えたであろう。
下手したら30個ぐらいあったかもしれん・・・。

ニュースとかで、脱税した会社に査察が入った時の絵って、
捜査官が皆ダンボール持って出てくるじゃない。あんな感じよ、
それを黙々と俺の愛車「タウンエース」君に運んでいくわけだ。

お日様のせいで500ミリペットボトルは減りが早い早い・・・。
荷物が車にパンパンに詰まったら、そう遠くない新居へと運び込む・・・。
運び込む・・・。運び込む・・・。

そして事件は、二度目か三度目の移動中に起こったのだ!!
車を走らせている真横を自転車が通り過ぎる・・・。
少年だ・・・。うん、元気が良いねぇ。
・・・いやっ!!ちょっと待て!!

少年、君の着ているそのTシャツはまさか・・・。

亀仙流の道着ではないか!!
しかもなんて違和感のない着こなし!!
しかし その少年 おそらく間違いなく「塾帰り」なのだ・・・。
いやぁ これにはまいった。なんてパンチの効いた少年なんだ。
もう 意味なく「ベストジーニスト賞」(何で?!)
をあげたくなっちゃう位だった。

なんて事もありつつ、俺はまた闘いの地へと赴くのであった・・・。

そして早くも第二の事件が!!
TATSUYAさんの荷物が多すぎて、物理的に新居の部屋に
入りきらないではないか!!
これには笑ったねぇ・・・。
何かダンボールとか天井に付きそうになっちゃってんのさ。

リンスとか車の中でこぼれて甘~い香りが漂ってたし・・・。
恐るべし花王のリンス!!

むむっ?!なにやら少々長くなってしまったようだ・・・。
前編・後編におさめようと思っていたのだが、
まだまだ言い残した事はたくさんある!!
ってなわけで、次回は「特別編」という事で、引っ張らせていただく。
タイトルは「ゴミゴミゴ~ミ!!」である!!

こう ご期待!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/186

『もう冬なのに夏の事書いちゃいます』

2003年11月22日

夏のある日、RSST.TVを一緒に運営しているTATSUYAさんの
引越しを手伝った。

早朝一発目から「汚れてもいいダルダルの格好で来ておくれ。」
という氏の言葉を聞きがく然とした。
「本気だ!!マジ引越しだ・・・!!」

こじゃれたシャツやらアクセサリーなどを身に付けて準備していた
俺は甘かったよ・・・。
いそいそとタンクトップにタオル、軍手という引越し屋の兄ちゃん
そのものの格好で出動・・・。

いやね、もっとこう、ゆる~い感じの引越しを想像してたのよ。
現場に行ったらもう結構 荷物なんか運び終えた感じで、
あと少し、ちょっと細々した物を車に乗っけて はい 終わり~ 
みたいなね。掃除とかも終わってて「あ~ きれいになりましたね~」
なんてさ。

行ってみたらもう すごいの。

荷造り 今したとこです・・・みたいな。
ってゆうか終わってなかったんですよ!!これが!!
けっこう広い家に住んでたから、荷物の量が半端じゃないんですよ・・・。
あれさ こっちが荷物を移し終わった新しい家のほうです、って
言われた方が納得するくらいなのよ。

しかもその日は人類に何か恨みでもあんのか、って位の炎天下・・・。
TATSUYAさんはにやりと笑い「では お願いします」・・・。
やったるよ!!ああ!!超人ハルク並みの筋肉を
フル稼働して!!(そんなにない)

そして最後にはタンクトップを引きちぎって
「わが生涯に一遍の悔いなし!!」
って叫んでやる!!

ちゅ~わけで、炎の引越し編(前編)はここまで。
後編では あんな事やこんな事・・・そんな事まで!!ってのを
赤裸々に暴露!! こう ご期待!!

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/185

『はじめのことば』

2003年11月01日

長かった・・・。 やっとだよ・・・。やっと出来たんだよ・・・。
やるぜ!!そう!!こっからだ!!
始まりです!!始まりなんですよ!!
月9の連ドラなんか見てる暇じゃね~よ!!
そう、ここには松○菜々子が出てなきゃ、
木村○哉も出ちゃいねぇ。

ここにあるのはROCKだけだ!!
泥臭く、無骨にこの世界でREALを
叫ぶ輩どもを十分に堪能してくれ!!
テンション上げろよ!!パソコンの前で踊り狂え!!
10分後には親も救急車呼んでくれるっつ~の!!

って訳で突然だが、最近、牛丼にはまってる。
吉○家限定なのだが、とにかく美味い・・・。
作った奴は天才だ。ノーベル平和賞をあげたい位だ。
けっこう毎日とか行っちゃったりするんだけど、
なぜか飽きないのよ。

あの牧場の牛さんが、こんなに薄くなってご飯の上に乗っかっている。
しかも、その上に鶏さんの卵をかけて頂いてしまうとは・・・。

動物園だ!!
そして飼育員である店のおばちゃんが、今日も厚化粧で奮闘。
動物園だ!!(色んな意味で)

とにかく安いよね。
出来る事なら、あのでっかい鍋に入ってるの丸ごと買い取りたい位 はまっている。
あの鍋に入っているお肉を全部合わせると、牛さん一頭分位には なるんだろうか?
う~ん・・・。思いを巡らせば巡らすほど、 楽しくなってくる。

どうでしょう?吉○家さん?
牛丼ならぬ「ラウ丼」など作ってみては?

具は同じなの。
でも量とかもう、やばい事になっちゃってるの。
特特特盛くらいで、なぜかそれが並盛の器に無理やりつめられちゃってるの。
でも、やっぱり結構はみ出ちゃってたりして。

肉とご飯の量の対比が、8:2とかなの。
で、絶対おばちゃんは「ラウ丼」出す時はかん高い声で
シャウトとかしちゃってるの。「ノッシャ~!!!」とか言っちゃって。

どうですか?
ま、俺は絶対頼まないけどね・・・。

コメント

コメントを投稿する

(承認されるまではコメントは表示されません。)

このエントリーへのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rsst.tv/mt/mt-tb.cgi/184

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)